新潟大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

新潟大学医学部の面接概要

新潟大学医学部を受験するのに向けて、必要となってくるのが面接の対策です。個別試験では面接が行われるため、きちんと対策をしておかないとうまく受け答えできず、評価を下げてしまうことがあります。

 

ここでは、新潟大学医学部の面接について紹介します。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

面接官3人と受験生1人での、オーソドックスな個別面接の形式になっています。面接は雑談のような雰囲気で進み、受験生の答えに対して面接官が相づちを打ってくれることもあります。

 

面接官は3人とも優しいことが多く、圧迫感はほとんどありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日は、自分の面接の順番が来るまで控え室で待機することになっています。面接の直前まで対策をしておきたい場合には、参考書やノート類を持ち込んでおくと良いでしょう。

 

また控え室が寒いこともあるので、防寒対策もしておきましょう。

新潟大学医学部の面接の特徴

雑談のような気楽な雰囲気

新潟大学医学部の面接は、まるで雑談でもするかのような穏やかな雰囲気で進行します。面接官は3人とも穏やかな態度で、厳しく突っ込んだ質問をするようなこともありません。受験生の話に対して相づちを打ったり、笑顔を見せてくれたりすることもあります。

 

受験生が緊張しているようであれば、少しリラックスするための時間を作ってくれるので、安心して面接に臨むことができます。圧迫感がほぼないので、不安を感じることはありません。

 

面接としては一般的な質問が多い

新潟大学医学部の面接においては、医学について深い知識が求められるような質問がされることはありません。医師を志望する動機や、新潟大学を選んだ理由、高校時代の生活といった面接ではよく問われる質問がほとんどとなっています。

 

そのため、面接対策として医学についての学習をしなければならないようなことはありません。ごく一般的な質問が多いので、医学部面接としては比較的難易度が低く、対策しやすい面接であると言えます。

 

面接は点数化されない

新潟大学医学部の面接は段階評価となっていて、得点化されるものではありません。つまり、極端にコミュニケーションがとれないようなことにならない限りは、面接の内容だけで不合格になるようなことはありません。

 

面接官側も受験生の能力を測るような問いかけをすることはほとんどなく、きちんとコミュニケーションができるか、受験生の人柄はどういったものかをチェックするような質問の多い面接となっています。

新潟大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 新潟大学を選んだ理由は
  • 医師を目指した動機は
  • 新潟県にどういう印象を持ったか
  • 将来どんな医師になりたいか
  • 卒業後は地元で働きたいか
  • 高校時代の部活動について
  • 部活動やサークルに参加する気はあるか
  • 地域医療についてどう思うか
  • あなたの出身地はどんな場所か
  • あなたの長所と短所について
  • 何か資格を持っているか
  • 医療現場を体験したことはあるか

 

面接アドバイス

リラックスして話せるようになろう

新潟大学医学部の面接は圧迫面接になることはなく、面接官は優しい雰囲気で接してくれます。そのためあまり緊張しすぎる必要はなく、むしろリラックスして自然なコミュニケーションを取れるようにしましょう。

 

高校や予備校での模擬面接を何度か体験したり、普段から他人と気さくに話せるように練習しておくことをおすすめします。

 

面接官に自分の人柄を伝えよう

面接では受験生を評価するというよりも、受験生の人柄を知るための質問が多くなっています。そのため高度な回答をしようとするのではなく、自分の人柄を素直に伝える答えを返すことが重要となります。

 

無理に専門的な答えをする必要はないので、考えていることをそのまま伝えましょう。質問の意味が分からない場合は正直にそう伝えてください。

 

よくある質問への回答を考えておこう

新潟大学を選んだ理由や医師を志望する動機など、面接でよく問われる質問に対しては、あらかじめどのように答えるかまとめておきましょう。

 

自分の人柄や意欲をアピールできるような答えを用意しておけばなお良いです。自分についての質問で詰まってしまうことがないよう、短く話しやすいようにまとめておいてください。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、新潟大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、新潟大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「新潟大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

新潟大学医学部の特徴や評判
新潟大学医学部の特徴や評判
2019-12-06 21:31
新潟大学医学部の特徴 沿革 新潟大学は1910年(明治43年)に官立新潟医学専門学校として創立され、1949年の学制改革に伴い、新制国立大学が発足しました。 新潟大学は、本州日本...