群馬大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

群馬大学医学部の面接概要

群馬大学医学部は集団面接が行われます。周りの受験生に惑わされずに自分の意見を述べられるよう、しっかりと対策していきましょう。

 

ここでは、群馬大学医学部の面接の概要や特徴などについてご紹介していきます。

 

面接時間

20~30分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生3人

 

面接形式

面接形式は3対3の集団面接となります。面接官が1人ずつ質問し、それに対して受験生が答えを述べていきます。答える順番は並び順、挙手制、面接官からの指名制だったりといろいろなパターンがあります。

 

面接の雰囲気は、和やかに行われる場合と圧迫面接である場合の両パターンがあり、どの部屋に当たるかによって差があります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

待合室は静かで緊張感があったとの声が多いです。待ち時間は長くなることもあるので、リラックスして待てるように工夫できるとよいでしょう。

群馬大学医学部の面接の特徴

面接は点数化されない

群馬大学医学部の募集要項には面接の点数に関する記載はなく「面接は総合判定の資料とする」と書かれています。つまり、たとえ学力試験が基準をクリアしていても、面接で不適切と判断されれば不合格となります。

 

群馬大学医学部は集団面接なので、慣れていないと本来の力を発揮できないかもしれません。事前に十分に対策して臨みましょう。

 

再受験に厳しい可能性がある

群馬大学医学部は学士編入制度を取り入れており、医学部2年の途中から15名の再受験生が入学してきます(2020年度)。

 

それが原因であるとは一概には言えませんが、一般受験で再受験生が合格するのはやや難しいとされています。事実、浪人生や再受験生にはやはり厳しい質問が飛んでくることが多く、圧迫面接となる可能性も考慮して対策する必要があります。

 

それでも、過去に50代女性の受験生が年齢を理由に不合格となったことが明るみになったこともあり、今後の動きにも変化があることも予想されています。

 

圧迫面接は減少傾向にある

面接の雰囲気について、以前は「圧迫面接だった」との声が多かったですが、近年では和やかであったとの声が増えています。ただし多浪生や再受験生には深く突っ込んだ質問が予想されるので、十分な対策は求められます。

群馬大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医学部志望理由
  • 本学志望理由
  • 高校時代頑張ったことはなにか
  • 好きな本はなにか
  • 自分の長所はなにか
  • 将来何科になりたいか
  • 臨床と研究どちらに興味があるか
  • 出身校の紹介
  • 10年後の理想の医師像
  • 医療事故についての意見
  • 最近気になるニュースについて
  • 少子高齢化についての意見

 

面接アドバイス

集団面接に特化した対策をしよう

集団面接では、3人の受験生と一緒に面接を受けることになります。1対1の面接とは異なり、集団面接では全体の空気を読む能力も必要となってきます。

 

例えば、時間配分を意識することは大切です。自分の述べることに夢中になるあまり、5分も10分も話し続けてしまうのは周りへの配慮が足りないとみなされます。

 

また、隣にいた受験生と答えがかぶってしまって焦ることもあるでしょう。そんなとき、「私も〇〇さんと同じ考えですが・・・」と一言付け加えて答えるだけでも面接官からの印象はかわります。

 

緊張してしまうのはわかりますが、周りとのバランスをみながら答えられるとよいでしょう。

 

中途半端な解答は悪循環をまねく

群馬大学医学部の面接は和やかに行われることがほとんどですが、ときおり面接官から厳しい質問がとんでくることがあります。

 

特に問いに対してあやふやな回答をしたり、面接官が期待しない答えを述べてしまうと、圧迫面接のような雰囲気に変わってしまうことがあるので注意が必要です。

 

例えば、志望理由について「群馬大学には重粒子線医学センターがあるから」と答えると、重粒子線の定義やその適応について聞かれるかもしれません。本当に興味があるなら別ですが、その場しのぎの理由で中途半端に答えるのはやめましょう。

 

また群馬県外出身の場合、群馬大学を選んだ理由についても追求されることが多いです。面接官が納得させられるような答えを述べられるようにしましょう。

 

最新の時事問題はチェックしておく

群馬大学医学部では、面接官によっては時事問題について聞いてくることがあります。常日頃から話題となっている社会ニュースはチェックしておき、自分の言葉で考えを述べられるようにしておきましょう。

 

どうしても答えに不安があるときは、「勉強不足で間違っているかもしれませんが」と一言付け加えるのもよいでしょう。黙ってしまったり、間違った知識を堂々と述べるのは良い印象を与えませんので注意しましょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、群馬大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、群馬大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「群馬大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

群馬大学医学部の特徴や評判
群馬大学医学部の特徴や評判
2019-12-04 16:06
群馬大学医学部の特徴 沿革 群馬大学は、1873年(明治8年)に小学校教員伝習所(現在の教育学部)として誕生しました。その後さまざまな学校を包括し、群馬大学医学部が設立されたのは1...