国際医療福祉大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

国際医療福祉大学医学部の面接概要

国際医療福祉大学医学部を受験するにあたっては、個別試験で実施される面接の対策をしておくことが欠かせません。

 

十分な対策ができていない状態で試験に臨むと、きちんと受け答えすることができず評価を落としてしまうことがあります。

 

面接時間

30分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

3人の面接官による30分間ほどの個別面接が2回行われます。

 

1回目では受験生自身のことについての質問が中心で、圧迫感がなく穏やかに進行します。2回目では時事問題などについての質問があり、1回目に比べると厳しめの質問もあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日は、控え室で自分の面接の順番を待つことになります。順番が後の方になると、待ち時間が数時間かかることもあります。

 

スマホ等は電源を切らなければならないので、面接対策はノートなどにまとめておきましょう。

国際医療福祉大学医学部の面接の特徴

2回の面接が行われる

国際医療福祉大学医学部の面接は、2回に分けて行われることが大きな特徴です。

 

1回目の面接では、主に受験生自身のことや、医学部を志望した動機などのごく一般的な質問をされることになります。こちらはそれほど難しい質問がなく、自分のことを正直に話す場となっています。

 

2回目の面接では、医療や社会の分野についての質問がされます。受験生自身が考えていることを伝えることになり、自分で考える能力が求められます。

 

社会や医療の問題について深く聞かれる

2回目の面接においては医療や社会の問題をテーマとした質問が行われます。また受験生の回答に対して、さらに深く掘り下げるような質問がされることもあります。

 

面接官の態度は柔らかく、圧迫感を感じるほどではありませんが、質問が難しく答えに詰まってしまうこともあります。はっきりとした答えが出せないような質問が来ることもあります。

 

このとき面接官は、決して正解を求めているわけではなく、その場で自分で考える能力があるかを見ているようです。

 

面接にかかる時間が長め

面接時間が1回あたり30分程度と、一般的な医学部面接よりも長いものになっています。時間が長い分、さまざまな質問をされることになり、長時間集中力を保つ必要があります。

 

1つの質問にかける時間も長くなっているので、普通の面接よりも細かく話さなければならないことも多いです。

 

逆に言えば、自分が考えていることをゆっくり時間をかけて伝えることができるので、面接で自己アピールをしたい方にとってはチャンスとなります。

国際医療福祉大学医学部の面接対策

よくある質問

  • この大学を選んだ理由は
  • 医学部を志望する動機は
  • 高校時代の生活について
  • 得意分野・苦手分野は何か
  • 打ち込んでいる趣味はあるか
  • 社会の国際化をどう思うか
  • 海外留学に興味はあるか
  • 地域医療に貢献できるか
  • 大学で何を学びたいか
  • どんな医師を目指したいか
  • 医療ニュースで気になるものはあるか
  • 医療分野の問題について

 

面接アドバイス

医療や社会の時事問題を押さえよう

2回目の面接においては、医療ニュースや社会問題についての質問がされることが多いです。そのため、これらに目を通していないと質問が理解できず、答えに詰まってしまうおそれがあります。

 

普段から新聞やニュースに目を向けて、時事問題に強くなっておきましょう。ただ問題を知るだけではなく、自分の考え方を持つことも大切です。

 

集中力を保つ訓練をしよう

国際医療福祉大学医学部の面接では、30分間の面接が2回とかなりの時間がかかります。そのため途中で集中力が切れてしまい、本番で失敗してしまうことがあります。

 

本番と同じ形式での模擬面接を体験するなどして、面接の最後まで集中力を維持できるようにしてください。1つの回答にどれくらい時間をかけるかの配分も知ることができます。

 

その場で考えて答える力をつけよう

特に2回目の面接においては、医療や社会の問題に対して難しい質問をされることがあります。明確な答えを出せない質問がされることもあり、あらかじめ答えを考えておくことはできません。

 

そのため、面接本番ではその場で質問に対する自分の考え方をまとめて答える必要があります。普段から素早く自分の考えを伝える練習をしてきましょう。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、国際医療福祉大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、国際医療福祉大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「国際医療福祉大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

国際医療福祉大学医学部の特徴や評判
国際医療福祉大学医学部の特徴や評判
2020-01-10 12:10
国際医療福祉大学医学部の特徴 沿革 国際医療福祉大学は1995年にスタートした新しい大学で、当時は保健学部のみでした。その後医療福祉関係の様々な学部が設置されていき、医学部が誕生し...