和歌山県立医科大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

和歌山県立医科大学医学部の面接概要

和歌山県立医科大学医学部を受験するにあたっては、二次試験で行われる面接の対策をしておくことが必要です。対策をしておかないと面接本番で上手く受け答えすることができず、評価を下げてしまい合否に影響することもあります。

 

面接時間

15分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

受験生1人に対して面接官3人がつく個別面接の形式で行われます。面接官は終始にこやかな対応で、圧迫感を与えるような言動をすることはありません。

 

答えづらいような質問をされることも少なく、安心して面接を受けることができます。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接の順番が来るまでは、控え室で待機することになります。順番が遅い受験生の場合は、待ち時間がかなり長くなることがあり、3時間以上におよぶこともあります。

 

参考書やノートを持ち込めるので、直前まで対策をしておきましょう。

和歌山県立医科大学医学部の面接の特徴

出願時の作文にもとづいて質問される

和歌山県立医科大学医学部を受験する際には、事前に調査書などと一緒に自己PRや志望動機などをまとめた作文を提出することになります。面接での質問も、その作文にもとづいた受験生の人柄を見るようなものが多くなります。

 

アピールしたいことを作文に書いておけば、面接官に自分の人柄を伝えやすくなります。ただし、提出した内容と実際の面接での話に食い違いがあったりすると、面接官からの心証が悪くなってしまうこともあります。

 

面接官は終始優しい態度

3人の面接官と向き合って話すことになるため、緊張してしまう受験生も少なくありません。しかし、面接官は3人ともにこやかに接してくれて、受験生が緊張しているようであれば、少しリラックスのための時間をくれることもあります。

 

答えづらいような意地悪な質問をしてきたり、受験生の答えに対してさらに突っ込むような質問をしてくることもほとんどありません。面接での一般的な質問に対して、淡々と論理的に答えていく能力が求められます。

 

大学や県に関して問われる

和歌山県立医科大学や、和歌山県に対してどう思っているかを確認する質問をされることがあります。いくつもある医学部の中から和歌山県立医科大学を選んだ理由や、卒業後に和歌山県内で医師として働く気があるかといった質問が特に多く見られます。

 

県立の大学であるため、受験の際も和歌山県に貢献できる人材であるかを確認しているようです。特に地域枠での受験の場合には、必ずと言っていいほど県内に残る気があるか問われます。

和歌山県立医科大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 和歌山県立医科大学を選んだ理由
  • 和歌山県で働く気はあるか
  • 地域医療についてどう思うか
  • どんな医師になりたいか
  • 研究の道に進みたいか
  • 大学で部活動に参加したいか
  • 一次試験はどうだったか
  • 高校時代の生活について
  • 身近に医療関係者はいるか
  • これまでに苦労した経験は
  • 国際交流に興味はあるか
  • 医学部の勉強は大変だが大丈夫か

 

面接アドバイス

事前に提出する作文の内容をよく見直す

出願時に提出する作文をもとにした質問をされることが多いです。そのため、作文に記載する志望動機や自己PRについてはよく見直しておく必要があります。

 

作文の内容と面接中の答えに矛盾が生じないよう注意してください。自分のアピールしたいポイントを作文にまとめておき、それに関しての質問が来たら積極的にアピールすると良いでしょう。

 

大学を選んだ理由をアピールする

和歌山県立医科大学医学部の質問で多いのが、大学や県を選んだ理由は何かというものです。この質問に対してはっきりと答えられないと、他の大学でもいいのではないか、和歌山県に興味がないのではないかと思われる可能性があります。

 

大学や県のどこに魅力を感じ、どのようにして選択したかを伝えられるようまとめておきましょう。

 

面接の雰囲気に慣れておく

面接官3人と面して話すのは緊張しやすいです。家族や友人に協力してもらい、3対1の状態でも緊張せずにはきはきと話せるように面接の雰囲気に慣れておきましょう。

 

予備校に通っている方であれば、先生に模擬試験を行ってもらうのも効果的です。本番と同じ形式で練習することで、面接の際の基本的なマナーも身につけておくことができます。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、和歌山県立医科大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、和歌山県立医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「和歌山県立医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

和歌山県立医科大学の特徴や評判
和歌山県立医科大学医学部の特徴や評判
2019-11-15 13:53
和歌山県立医科大学医学部の特徴 沿革 和歌山県立医科大学は、1945年に開校した和歌山県立医学専門学校を前身とする大学です。1952年に現在の和歌山県立医科大学が開設され、医学部が...