山形大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山形大学医学部の面接概要

山形大学医学部の面接は、2019年度より得点がつけられるようになりました。割合としてはそこまで大きくないものの、小さな差が合否を分けるボーダーライン上にいる受験生にとっては大きな変化でしょう。

 

今回は、山形大学医学部の面接の概要や特徴などについてご紹介していきます。

 

面接時間

5~10分程度

 

面接人数

面接官2人、受験生1人

 

面接形式

面接官2人に対して受験生1人の個人対面形式で、5分間程度行われます。面接の雰囲気は和やかな雰囲気で行われ、特に圧迫感を感じることはありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

受験生は大きな講義室に集められ、そこでしばらく待たされます。順番が来ると数名ずつ、面接が行われる個室がある廊下へ案内されます。

 

廊下にはストーブが置いてありますが非常に寒いので、防寒対策をしておくことをおすすめします。

山形大学医学部の面接の特徴

面接評価に点数がつけられるようになった

国公立の医学部は、およそ半数の大学が面接に点数をつけています。そして2019年度から山形大学でも、調査票などの評価も含む形で面接に点数をつけるようになりました。

 

それでも前期では1600満点中の100点、後期では1000満点中の100点と、割合が大きいわけではありません。ちなみに2019年度の試験では、21才以上の受験生は90点、現役生と女性の受験生は100点、残りはほとんどが95点だったという噂があります。

 

このように、あまり露骨な点差はつけられていないという特徴があります。面接は、人柄やコミュニケーション能力を確認するためのものという位置づけなのかもしれません。

 

しかし、「面接の結果によっては、総合点にかかわらず不合格とすることがある」という条項もあるので、決して油断はできません。

 

質問はオーソドックスなものが多い

面接では、どこの医学部でも聞かれる志望理由や高校時代のことなど、オーソドックスな事柄を中心に質問されます。これは人柄やコミュニケーション能力、医師になる強い意志を確認するためのものです。

 

また地方の国立大学ということもあって、医師免許取得後に山形に残って意思をしてくれるかを探るような質問をされることも多くあります。

 

再受験生や多浪生に比較的寛容

面接に点数がつけられるようになったことで、山形大学医学部は、21才以上の受験生の受け入れにも寛容であることが明らかになりました。

 

現役生などより多少点数が下げられているとはいえ、この点数の差は、合格するのに支障が出るほどのものではありません。そのため、今後は30歳を超える受験生もより多く受験してくる可能性があります。

山形大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 本学の志望理由は
  • 医師になりたい理由は
  • 山形への印象は
  • どのような医師になりたいか
  • 高校生活について
  • 筆記試験の出来について
  • 医師に必要な条件は
  • 浪人生活について
  • 地域医療の定義とは
  • 協調性はあるか、またそのように思う根拠は
  • 友人は多いか、少ないか
  • 日本が一番に取り組むべき医療の問題は

 

面接アドバイス

山形県や山形大学について調べておこう

山形大学の面接では、受験生が医師免許取得後、山形県に残って医師として活躍してくれるかどうかを探るような質問がされます。山形県や山形大学の印象や、卒業後に山形に残るかといった質問です。

 

そのため、山形県や山形大学について、パンフレットやホームページなどでしっかりと調べておきましょう。

 

時事ニュースや医療トピックを把握しよう

面接では、時事ニュースや医療問題についても聞かれることがあります。新聞やニュース番組などに目を通し、最新のものは把握しておいたほうがいいでしょう。

 

また、ノートに気になったニュースをまとめ、自分なりの意見も考えておくのも有効です。ニュースに詳しくなるだけでなく、物事を客観的に見る目や論理的思考も養われるからです。この能力を養うことは、面接で細かい内容を突っ込まれたときの回答力にも直結するでしょう。

 

言葉遣いやマナーに気をつけよう

ほとんど点差がつかないとはいえ、あからさまに医師になるにふさわしくないと認められてしまえば、面接で落とされてしまう可能性も0ではありません。

 

最低限の言葉遣いやマナーは身につけておき、減点されないように対策をしておくことは怠らないようにしましょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、山形大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、山形大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「山形大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

山形大学医学部の 特徴や評判
山形大学医学部の特徴や評判
2019-11-30 02:44
山形大学医学部の特徴 沿革 山形大学は明治11年に開設された山形県師範学校を前身とし、平成31年に創立70周年となる歴史ある大学となっています。医学部は昭和48年に設立され、昭和5...