久留米大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

久留米大学医学部の面接概要

久留米大学医学部を受験するにあたって重要となるのが、個別試験での面接を対策しておくことです。面接でうまく対応できないと個別試験での評価が落ちてしまい、合否に影響することもあります。

 

ここでは、久留米大学医学部の面接の特徴を紹介します。

 

面接時間

15分程度

 

面接人数

面接官2人、受験生1人

 

面接形式

受験生1人に対して面接官2人がつく個別面接が行われます。面接官は和やかな雰囲気で話を聞いていくれるので、圧迫感はほとんどなく、落ち着いて会話をすることができます。

 

趣味や高校時代の話には突っ込まれることもありますが、答えづらい質問はほとんどありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

控え室はかなり広く、受験生全員が集まっても余裕があるほどです。待ち時間は順番が後の方の受験生だと、数時間かかってしまうこともあります。

 

面接対策をまとめたノートなどを持ち込めるので、直前まで対策すると良いでしょう。

久留米大学医学部の面接の特徴

圧迫感はほとんどない

久留米大学医学部の面接では、受験生1人に対して面接官2人がつきます。最初は緊張する受験生も多いですが、面接官はどちらも和やかな雰囲気で、受験生が答えやすいよう気さくに話しかけてきます。

 

答えにくいような難易度の高い質問をしてくることもほとんどなく、楽しく雑談をするような感覚で面接を進めていくことができます。面接官の興味を引くような回答ができた場合には、それに乗ってきて会話が弾んでいくこともあります。

 

再受験生に対しては厳しい

圧迫面接になることはないですが、再受験生に対しては他の受験生よりも多めに質問をされることがあります。特に多いのが、再受験を志望する動機や、再受験に至るまでの経歴に関するものです。

 

再受験生だからと言って面接官の態度が厳しくなることはなく、質問にもきちんと答えることができれば評価が大きく下がるようなことはありません。面接での質問が多くなるということは、逆に自分をアピールする機会が増えると考えることもできます。

 

面接では一般的な質問が多い

久留米大学医学部の面接においては、医学部を志望する動機や高校時代の生活、久留米大学を選んだ理由といった面接ではポピュラーな質問をされることが多いです。

 

はっきりとした答えが出せないような質問や、受験生が戸惑うような突飛な質問をされることはほぼありません。

 

面接官は高度な回答よりも、受験生の人柄や意見を引き出すことを目的としているようです。他の医学部と共通するような質問も多いので、対策がしやすいと言えます。

久留米大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師を目指す理由は何か
  • 久留米大学を志望する動機は
  • 一次試験の感想について
  • 高校時代の生活について
  • 長所・短所はどこか
  • 喫煙者であるか、校内禁煙を守れるか
  • 学習以外に大学でやりたいことは
  • どんな医師になりたいか
  • 女性医師が果たす役割とは
  • 家族や親戚に医療関係者はいるか
  • 他の医学部を併願しているか
  • 最近見た医療ニュースはあるか

 

面接アドバイス

基本的な質問を対策しておく

久留米大学医学部の面接で問われる質問は、ほとんどが他の大学でも問われるような一般的なものとなっています。そのため、志望動機や高校生活、自己PRといった基本的な回答を事前にまとめておくと良いでしょう。

 

面接官に興味を持ってもらえるような魅力的な内容を取り入れておけば、面接本番で会話を進めやすくなります。

 

模擬面接を体験しておく

圧迫感のある面接ではありませんが、それでもまったく面接の経験がないと本番で緊張してしまうことが多いです。本番と同じ形式の模擬面接を体験しておくことで、本番でも緊張しにくくなり、スムーズに受け答えできるようになります。

 

高校や受験予備校で模擬面接を実施していることが多いので、ぜひ利用しておいてください。

 

面接マナーを身につける

面接官によって評価されるのは、質問に対する回答だけではありません。入室時や退室時、面接中のマナーについてもチェックされていることがあります。

 

特に久留米大学医学部では質問が一般的なものが多いので、マナーや態度の評価によって差がつくことがあります。面接の基本的なマナーを学習して、本番までに身につけておきましょう。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、久留米大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、久留米大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「久留米大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

久留米大学医学部の特徴や評判
久留米大学医学部の特徴や評判
2020-01-10 12:05
久留米大学医学部の特徴 沿革 久留米大学は1950年に設立された日本の私立大学で、そのベースとなっているのは1928年に創立された九州医学専門学校です。久留米大学の医学部は、195...