福岡大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

福岡大学医学部の面接概要

福岡大学医学部を受験するには、二次試験での面接を対策しておくことがか必要となります。面接の内容次第では合否に影響することもあるため、十分な対策をしておきましょう。

 

ここでは福岡大学医学部の面接の特徴を紹介します。

 

面接時間

20分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生5人

 

面接形式

5人の受験生に対して3人の面接官がつく集団面接の形式となっています。まずは受験生全員が自己紹介を行い、その後リーダーを1人決めて集団討論をすることになります。討論のテーマはその場で提示されるので、対応力が求められます。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

集団面接なので、一般的な個別面接に比べると待ち時間は短いです。それでも、順番によっては数時間待たされることもあります。控え室では面接対策をまとめたノートなどを確認して、直前まで対策しておきましょう。

福岡大学医学部の面接の特徴

受験生5人での集団面接

福岡大学医学部の面接は、受験生5人が同時に参加する集団面接となっています。面接官から与えられたテーマについて5人で集団討論をすることになり、テーマは面接本番まで知ることができません。

 

集団討論の中では受験生が述べる意見に対して、面接官から質問が入ることもあります。討論することになるテーマは医療分野に関係するものとは限らず、大学の教育についてや、近年の社会問題についてなど多彩なものが出題されています。

 

討論が進みやすいムードで進行する

集団討論ということで、面接官だけでなく他の受験生ともやり取りをしなければなりませんが、面接自体は穏やかな雰囲気で圧迫面接になることはありません。

 

集団討論を始める前に、一度受験生全員が自己紹介を行うので、ある程度お互いを知ったうえでリラックスして話せるようになります。

 

面接官も終始優しい雰囲気で、深く突っ込んだ質問をしてくることもありません。面接前にも、同じグループの受験生と話す機会が設けられています。

 

リーダーに指名されることがある

受験生5人で集団討論をしなければなりませんが、その際に受験生1人が討論を進行するためのリーダーを務めることになります。リーダーを希望する受験生が担当することになりますが、希望者がいない場合は面接官に指名されることがあります。

 

また、面接時間は20分ほどですが、討論が10分ほど経過したタイミングでリーダーを交代することになります。このときも、リーダーを希望する受験生がいなければ面接官によって指名されることになります。

福岡大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医学部を志望する動機
  • どんな医師を目指しているか
  • 女性医師を増やすにはどうするべきか
  • 介護の問題についてどう思うか
  • 自分の長所をアピールしてください
  • 環境問題をどう思っているか
  • 患者の自殺に対してどう対処するか
  • エネルギー問題を解決するには
  • 福岡大学医学部の教育について
  • 勉強以外にどんな活動をしたいか
  • 医師としてどこで働きたいか
  • 地域医療の問題をどう思うか

 

面接アドバイス

集団面接の練習をする

福岡大学医学部の面接は受験生5人で集団討論を行う形式です。そのため、集団面接に慣れていないと本番で対応できない可能性が高いです。

 

高校や予備校で模擬面接に参加して、集団討論を体験しておきましょう。また、本番では討論のリーダーを担当する場合もあるので、うまく討論の進行ができるよう練習しておく必要もあります。

 

社会問題に対して敏感になる

集団討論のテーマとして出題されるものは面接本番まで知ることができませんが、社会問題や医療分野のニュースがテーマになることが多いです。

 

対策するには、普段から社会で取り上げられている問題や、最新の医療ニュースについて理解しておくと良いでしょう。ただニュースを知るだけでなく、それに対する自分の意見も持っておきましょう。

 

質問の意図をよく理解する

集団討論の際にはテーマに対して、賛成または反対の立場を明確にしたうえで、他の受験生とやり取りをしなければならないことがあります。

 

そのため、質問の意図をきちんと理解して、自分の立場を定める必要があります。テーマに対する自分の立ち位置があいまいになってしまわないよう、質問に対してはっきりと自分の意見を述べましょう。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、福岡大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、福岡大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「福岡大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

福岡大学医学部の特徴や評判
福岡大学医学部の特徴や評判
2020-01-10 11:58
福岡大学医学部の特徴 沿革 1934年に福岡大学のもととなる福岡高等商業学校がスタートしました。その後1956年に福岡大学と改称、医学部は1972年に増設されました。 医学部が誕...