藤田医科大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

藤田医科大学医学部の面接概要

藤田医科大学医学部を受験する際には、面接があることも頭に入れておく必要があります。2次試験の配点は100点となっているので、十分な準備をしておく必要があります。

 

ここでは藤田医科大学医学部の面接の概要や特徴について解説していきます。

 

面接時間、面接人数

藤田医科大学の面接時間、面接人数は、以下の通りとなっています。

 

面接 面接官 受験生 所要時間
個人面接 2人 1人 20分程度
MMI① 1人 1人 10分程度
MMI② 1人 1人 10分程度

 

面接形式

藤田医科大学の入試では、個人面接1回とMMI(マルチミニインタビュー)形式の面接が2回行われます。面接の雰囲気は面接官によって異なるため、圧迫面接となる可能性もあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

藤田医科大学医学部の2次試験は大学構内にて行われます。20分の個人面接と10分程度のMMI形式の面接が2回行われることを考えると、待ち時間が長くなる可能性あります。

 

また面接前にアンケートを記入する必要があるため、当日は早めに試験会場に行きましょう。

藤田医科大学医学部の面接の特徴

面接重視でMMIも導入されている

藤田医科大学医学部は、面接に力を入れている大学として知られています。多くの大学では2次試験では面接と小論文が実施されますが、藤田医科大学では面接のみ課されており小論文はありません。

 

また面接は合計3回実施され、内訳は2対1の個人面接が1回、10分程度のMMI形式の1対1の面接が2回です。

 

MMIとは、複数の課題を用いた面接試験のことです。あるシュチュエーションが書かれた問題文を1分程度読み、その内容について自分がどのように対処するのかを述べるという形式で進みます。

 

面接の前にアンケートを記入する

藤田医科大学医学部の2次試験では、面接の前にアンケートを記入します。私立の併願校について、センター試験の得点、どうして藤田医科大学を志望しているのかなどの内容を記入する必要があります。

 

2次試験は制服不可

藤田医科大学の2次試験では、面接官が受験生に対する先入観を持たないようにするために、「出身校が特定できる服装は着てこないように」という注意があります。

 

面接の配点が100点と高いことから、面接官としても受験生に最大限の力を発揮してほしいという配慮がなされています。

藤田医科大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 本学を志望する理由は何か
  • 学科試験の出来はどうだったか
  • 本学と国立大学の両方に合格した場合どうするか
  • アセンブリ教育とはどういうものか
  • 医師になってしたいことは何か
  • 海外留学についてどう考えているか
  • 身近に医療関係者はいるか
  • 日本ではまだ女医が働きやすい環境であるとは言えないが、どうすればいいか
  • 外科の医師不足を解決する方法は何か
  • 地域医療と先端医療のバランスをとるにはどうしたら良いか
  • あなたが部活のキャプテンだったと仮定して、レギュラーなのに練習に来ない部員がいたらどう対処するか
  • 友人がアルバイトをしている店に客として行ったが、その友人があなたの追加注文を記録し忘れた。ミスが発覚すると友人は店長に怒られるが、あなたはそのことを伝えるか

 

面接アドバイス

MMIの練習をしよう

MMI形式の面接対策は難しいです。受験生が答えに迷ってしまうような問題が用意されていることも多く、面接官があえて否定的なリアクションをとる場合もあります。

 

対策をするには、過去に出題されたMMIの課題内容などを調べて、事前に何度か練習をしておくのがおすすめです。同じく藤田医科大学を友達同士で練習すると、相互にフィードバックすることもできるでしょう。

 

またMMI形式の面接は2回実施されます。最初に失敗してしまっても、次で挽回することは十分可能なので失敗を引きずらないようにしましょう。

 

日頃から考える癖をつけておこう

MMI形式の面接は10分程度と決して短くない時間が用意されているため、普段から抽象的な事柄について意見を述べる癖をつけておきましょう。思考が停止してしまうと、10分間で沈黙の時間もできてしまいます。

 

日常的にいろいろなニュースにアンテナを広げて、それに対する自分の意見をさまざまな角度から伝えられるようにしておきましょう。

 

とにかく諦めずに考え抜こう

医学部の面接で面接官が見ているのは、コミュニケーション能力や思考能力があるかという点です。面接官が求めていることを理解してキャッチボールができるかという点を見ているので、質問の意図を汲み取ることを意識しましょう。

 

また途中で話が止まってしまった場合は、もう一度課題文を読み直すのもおすすめです。話題のヒントが見つかる可能性もあるので、とにかくあきらめないで考え抜くようにしましょう。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、藤田医科大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、藤田医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「藤田医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

藤田医科大学医学部の特徴や評判
藤田医科大学医学部の特徴や評判
2020-01-02 19:18
藤田医科大学医学部の特徴 沿革 藤田医科大学の前身である名古屋保健衛生大学は1968年に誕生し、当初は衛生技術学科と衛生看護学科が置かれていました。1971に医学部が設置され、その...