横浜市立大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

横浜市立大学医学部の学費

横浜市立大学医学部の6年間の学費の合計は3,720,000円です。

 

ただし、入学の1年以上前から横浜市に居住している家庭であれば、入学金が半額となるため合計で3,579,000円となります。

 

横浜市立大学医学部の学費は、通常でも私立大学医学部と比較してかなり安いですが、横浜市に住所を持つ学生であればさらに安いです。

 

それでも、一般的な国立大学や公立大学の学費と比べると、やや高めに設定されています。

 

年次 金額(入学金+授業料)
1年目 855,000円(市内居住者714,000円)
2年目 573,000円
3年目 573,000円
4年目 573,000円
5年目 573,000円
6年目 573,000円
合計 3,720,000円(市内居住者3,579,000円)

横浜市立大学医学部の学費の内訳

入学金

横浜市立大学医学部を初めとする公立大学の入学金は、282,000円に定められています。ただし、横浜市内に居住歴が1年以上ある学生の場合は、半額の141,000円となります。

 

なお、私立大学の入学金は100万円を超えるような大学もありますが、稀に慶応など入学金が20万円程度で済むような大学も存在します。

 

授業料

横浜市立大学医学部の授業料は、年額で573,000円です。

 

国公立大学医学部の授業料は多くが535,800円で統一されていますが、横浜市立大学ではそれより年間37,200円高い授業料に設定されています。入学金とは違い、市内在住の学生でも授業料は同じ金額です。

 

対して私立大学の医学部の学費は、最も安い大学であっても6年間で2,000万円程かかるため、経済的な理由で私立大学に通えないというご家庭や学生も多く見られます。

 

しかし、そういった理由で医学の道を閉ざされたくないという思いから、私立大学より経済的負担の軽い公立大学の医学部を目指す学生も多いです。

 

その他費用

費用名 金額
施設設備費(初年度のみ) 150,000円(市内進学者)、200,000円(市外進学者)
実験実習費(1年次は不要) 35,000円

 

横浜市立大学医学部では、入学料と授業料のほかにも、施設設備費が200,000円、受験実習費が35,000円、計235,000円の費用がかかります。

 

しかし、施設設備費についても市内からの進学者の場合は安くなるため、その他費用の合計は185,000円となります。

横浜市立大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

横浜市立大学は公立大学であるため、入学金・授業料が比較的安い傾向にあり、さらに市内から進学した学生は一部費用が割引されるため、私立大学と比較すると学費がかなり安くなります。

 

とは言っても、やはり4年制の学部と比較すると、6年制である医学部の学費は年次分割高になってしまうため、通常よりも家計への負担が大きいです。

 

そのようなときには、奨学金制度と授業料減免制度を利用することで、その学費の負担をより小さくすることもできます。

 

奨学金

横浜市立大学医学部で利用することができる奨学金は、スタートアップ奨学金、日本学生支援機構奨学金(一種、二種)、各種団体奨学金、災害見舞金制度、成績優秀者特待生制度、および神奈川県産科等医師修学資金貸付制度の6種類があります。

スタートアップ奨学金

金額 100,000円
人数 YCUサポート基金予算による
対象者 ①授業料の減免申請者②新入生(1年次)、以上2つを満たしている者

 

日本学生支援機構奨学金(一種、二種)

金額 第一種は30,000円or45,000円or51,000円、第二種は30,000~120,000円/月
人数 日本学生支援機構の予算・希望者数による
対象者 経済的に困窮、かつ日本学生支援機構に認定された者

 

各種団体奨学金

金額 月1万円~10万円程度(団体が規定する額)
人数 詳しくはHP参照
対象者 各団体の規定による、詳しくはHP参照

 

災害見舞金制度

金額 50,000円・100,000円のいずれか
人数 規定なし
対象者 地震・風雨災害・火災等を受け、被災後60日以内である者

 

成績優秀者特待生制度

金額 300,000円
人数 大学側の選考による
対象者 前年度において学業が優秀と認められた1年次以外の学生

 

神奈川県産科等医師修学資金貸付制度

金額 学費・生活費に相当する額
人数 5人まで
対象者 神奈川県指定診療科枠で横浜市立大学に入学した者

 

授業料減免

横浜市立大学医学部の授業料減免制度には、授業料減免制度、留学生授業料減免制度、緊急応急対応型授業料減免制度の3種類があります。

授業料減免制度

金額 1年分の授業料半額免除または全額免除
人数 大学予算による
対象者 ①経済的に授業料が支払えない者②奨学金受給者③規定の成績基準を満たす者(満たさなくても軌道修正型として申請可能)④残りの修学年分の授業料減免を受けていない者

 

留学生授業料減免制度

金額 半額分または1/4分減免
人数 半額分減免のみ4人まで
対象者 成績上位4名の留学生は半額分減免、それほど以外の申請者は1/4

 

緊急応急対応型授業料減免

金額 授業料の申請時の学期分
人数 規定なし
対象者 以下に当てはまる者①家計支持者の死亡②3ヶ月以上の入院③失業(自己都合による退職は不可)④家計支持者・親族(1親等内)・学生本人の住居が災害等で大規模損壊をした場合

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...