杏林大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

杏林大学医学部の面接概要

杏林大学医学部の入試を受けるにあたって必要不可欠なことが、二次試験での面接対策をしておくことです。面接の結果によって合否に影響が出ることもあるため、合格を目指すなら面接についてもきちんと対策しておかなければなりません。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官2人、受験生1人

 

面接形式

1人の受験生に2人の面接官がついて個別面接が行われます。1人の面接官がいくつかの質問を終えた後、もう1人の面接官が交代でいくつかの質問を行います。

 

面接官は2人とも穏やかな雰囲気で、談笑するような感覚で話すことができます。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接の順番が来るまでは体育館で待機することになります。順番が近づくと面接室前の廊下に移動して待ちます。

 

体育館、廊下ともに寒いと感じる方が多いので、あったかくて面接直前になったら素早く脱げるような上着を用意しておきましょう。

杏林大学医学部の面接の特徴

穏やかな雰囲気で進行する

面接官2人と対面しながら面接を受けることになりますが、面接官は2人とも穏やかな様子で話してくれるので、圧迫感を感じることはほぼありません。

 

受験生の回答に対して深く突っ込むような場面も少なく、あまり緊張せずに話すことができます。面接開始時には軽く世間話をして緊張をほぐしてくれることもあります。

 

面接マナーを守った上で、面接官の質問をきちんと理解して、素直に回答していくと良けば問題ありません。

 

面接シートの内容から質問される

杏林大学医学部の面接では、事前に提出した面接シートをもとに質問されます。医学部への志望動機や高校での学生生活、医師としての将来像といったものが質問されることが多いようです。

 

面接シートは二次試験の小論文が実施される前に配布されたものに記入しておき、面接の際に提出することになります。

 

受験生自身に関しての質問が多く、面接シートと無関係な突飛な質問がされることはあまりないので、安心して面接に臨むことができます。

 

杏林大学や医学部についての質問がある

杏林大学や医学部の教育方針、カリキュラムなどについての質問がされることもあります。

 

なぜ杏林大学医学部を志望したのか、杏林大学のどこに魅力を感じたのか、医学部でどんなことを学びたいかといった点についてまとめておく必要があります。

杏林大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 杏林大学を志望した動機は
  • 医師を目指す理由は何か
  • 他大学の医学部を併願しているか
  • 高校での学生生活について
  • 部活動に参加していたか
  • どんな医師を目指しているか
  • 外国語を話すことができるか
  • 杏林大学にどんな印象を持ったか
  • 医学部のカリキュラムをどう思うか
  • 大学ではどんなことを学びたいか
  • 医師の社会的地位についてどう思うか
  • 地域医療の問題をどうするか

 

面接アドバイス

面接シートの内容を考えておく

面接の際には面接シートを記入して提出し、それをもとに質問が行われます。面接カードには志望動機や自己PR、高校での生活といった基本的な内容を記入することになります。

 

漠然とした内容を書くと説明を求められることがあるので、面接官にも納得してもらえるような志望動機などをきちんと記入できるよう、事前にある程度内容をまとめておきましょう。

 

杏林大学や医学部について知っておく

面接の中では杏林大学や医学部についてどう思っているか質問されることがあります。大学の指導方針や、医学部のカリキュラムについては目を通しておき、どこに魅力を感じたか伝えられるようにしましょう。

 

特に医学部ではどのような研究を行い、成果を残しているかについてもチェックしておくと良いでしょう。大学のホームページを参照したり、オープンキャンパスに参加するなどして、最新の情報を集めておきましょう。

 

模擬面接で練習しておく

杏林大学医学部の面接は基本的に穏やかで、圧迫面接になることはありません。しかし、面接官2人と対面しながら話すのはどうしても緊張してしまうものです。

 

そのため、高校や予備校で模擬面接を体験し、面接の雰囲気に慣れておくことが大切です。本番では緊張しすぎず、自然体で面接官と会話できるようにしておきましょう。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、杏林大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、杏林大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「杏林大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

杏林大学医学部の特徴や評判
杏林大学医学部の特徴や評判
2019-12-31 10:17
杏林大学医学部の特徴 沿革 杏林大学は1953年に開かれた三鷹新川病院を元に、1970年に開校されました。同じく1970年に医学部が開設され、その後保健学部や社会科学部、外国語学部...