慶應義塾大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

慶應義塾大学医学部の学費

慶應義塾大学医学部の6年間でかかる学費を合計すると2,204万円となります。

 

入学年度には入学金20万円の支払いが加わりますので、初年度に納める金額は合計で384万円が必要になります。 2年目以降は入学金がかかりませんので、2年目以降の年間の学費は364万円になります。

 

従って、1年目に384万円、2~6年目に364万円の費用がかかり、6年間で必要な学費は総額で2,204万円となります。 この6年間で必要になってくる学費合計2,204万円は、私立大学の医学部で比較すると、非常に安価な部類に相当します。

 

慶應義塾大学の医学部で毎年必要な学費を整理すると、下記の表に示す通りとなります。

 

学費名 初年度 2年目以降 6年間合計
授業料 310万円 310万円 1,860万円
入学金 20万円 0円 20万円
実験実習費 19万円 19万円 19万円
施設設備金 35万円 35万円 210万円
教育充実費 0万円 0万円 0万円
維持費他 0万円 0万円 0万円
合計 384万円 364万円 2,204万円

慶應義塾大学医学部の学費の内訳

入学金

慶應義塾大学医学部は、20万円の入学金が必要です。 国立大学の入学金は大学を問わず28.2万円で統一されていますが、慶應義塾大学の医学部はそれを下回る20万円におさえられています。

 

これは私立大学の中では珍しい部類に入り、全国の医学部を持つ大学の中で最も入学金が安い大学となっています。

 

授業料

慶應義塾大学医学部の授業料は、1年間毎に310万円かかります。厳密には、授業料304万円と、在籍中に年間でかかる6万円を合計した310万円が授業を受けるためにかかる費用になってきます。

 

国立大学医学部の授業料は、大学を問わず一律53.58万円であること踏まえると、慶應義塾大学の授業料は約5倍と非常に高額な学費であることがわかります。

 

とはいえ、慶應義塾大学の授業料は、全国の私立大学医学部で比較すると大変安い部類に属しています。そのため慶應義塾大学医学部は、私立大学の中では割安で、比較的経済的負担は軽いといえます。

 

しかし、それでも国立大学よりも遥かに高額であるため、経済面で余裕のある家庭でなければ就学することが困難といえます。

 

その他費用

費用名 金額
学生健康保険 3,350円 (毎年徴収、2年目以降は3,250円)
合計 19,600円(6年間合計)

 

慶應義塾大学医学部では、入学金と授業料以外にも、学生健康保険の加入費がかかってきます。但し、2年目以降は学生健康保険互助組合加入費100円が免除される関係で、年間の徴収費用は3,250円になります。

 

従って、6年間で19,600円がかかってくることになります。

慶應義塾大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

上記の通り、慶應義塾大学は私立大学であるため、国立大学と比較すると6年間でかかる学費は決して安くありません。

 

「医学部で学びたいが、経済的に苦しいために諦めてしまおうか悩んでいる」という状況の学生のために、慶應義塾大学には奨学金制度が用意されています。

 

奨学金

慶應義塾大学で利用することができる奨学金には、学問のすゝめ奨学金、修学支援奨学金、東日本大震災被災学生復興支援奨学金、大学給費奨学金、維持会奨学金、大学創立150年記念奨学金海外学習支援、指定寄付奨学金(留学支援)、石井・石橋基金 慶應義塾大学グローバルフェローシップ(私費留学助成)があります。

学問のすゝめ奨学金

金額 1年間で90万円×最大6年間
人数 550人 (予定)
対象者 東京・神奈川・千葉・埼玉以外の高等学校出身の学生で、且つ、学資出資者の世帯収入が1,000万円未満の一般入試受験予定者。

 

修学支援奨学金

金額 1年間で30~40万円×1年間受給
人数 120人 (予定)
対象者 勉学への熱意を有しながらも、大規模自然災害による被災をはじめとした急激な家計状況の変化、若しくは継続的に経済面での困窮を理由に就学が困難な者

 

東日本大震災被災学生復興支援奨学金

金額 学費の範囲内×1年間受給
人数 未定
対象者 東日本大震災により被災し、経済面で困窮してしまうことにより就学が困難になった学生

 

大学給費奨学金

金額 50万円×1年間受給(再申請可能)
人数 310人 (予定)
対象者 学力・人格共に優秀な2年生以上の学部生であって、経済的な問題で就学が困難であると認められた者

 

維持会奨学金

金額 80万円×1年間受給(再申請可能)
人数 131人 (予定)
対象者 慶應義塾を愛しており、人格・学力共に極めて優れている学生であって、経済面で困窮しているために就学が困難と認められた学生。

 

指定寄付奨学金(育英型)

金額 10~50万円×1年間受給(再申請可能)
人数 30人 (予定)
対象者 (慶應義塾大学関係者のIDが閲覧に必要になる情報のため、入学後要確認)

 

創立150年記念奨学金海外学習支援

金額 10~40万円 (渡航先の国・地域による)
人数 約75人 (予定)
対象者 学力・人格ともに優れている学部生であって、経済面で困窮していると認められた者。

 

指定寄付奨学金(留学支援)

金額 10~30万円
人数 少数名
対象者 (慶應義塾大学関係者のIDが閲覧に必要になる情報のため、入学後要確認)

 

石井・石橋基金 グローバルフェローシップ(私費留学助成)

金額 最大500万円
人数 少数名
対象者 学部或いは大学院に在籍している学生であって、海外の大学院での学位取得のために私費での留学を計画している者

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...