昭和大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

昭和大学医学部の面接概要

昭和大学医学部を受験するのに向けて欠かせないのが、二次試験での面接の対策をしておくことです。面接の内容によって合否が分かれることもあるため、本番できちんと回答できるよう対策をしておかなければなりません。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官2人、受験生1人

 

面接形式

面接は個別形式で行われ、受験生1人に対して2人の面接官が質問を行います。圧迫面接のような雰囲気になることはほとんどなく、相づちを打ってくれることもあるので話しやすいです。面接前の質問用紙を参考に質問されることもあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

自分の順番が来るまでは、控え室で待機することになります。待ち時間は順番にもよりますが、最長だと3時間ほどになることがあります。

 

面接対策をまとめたノートなどを持ち込んで、直前まで確認しておくと良いでしょう。

昭和大学医学部の面接の特徴

答えづらい質問をされることがある

面接の最初は志望動機や自己PRなどの一般的な質問をされることも多いですが、面接後半になると高校での生活に対して踏み込んだ質問をされたり、自分の短所はどこかを挙げるよう求められるなど、やや答えづらい質問をされることがあります。

 

また、1人の面接官が質問した内容を、もう1人の面接官にさらに詳しく話すよう求められることもあります。ただし面接は和やかな雰囲気で進むので、答えづらい場合には助け舟を出してくれることもあります。

 

10分きっかりで終わる

昭和大学医学部の面接の特徴と言えるのが、開始から10分でベルが鳴って強制的に終了となることです。質問に答えている最中でも、決まった時間が来ればそこで終了となってしまいます。

 

そのため、1つの質問に対してあまり長く話し過ぎると、十分に自己アピールする時間が取れない可能性があります。

 

圧迫面接にはならない傾向にある

面接官は2人いますが、どちらも穏やかな雰囲気で話してくれるので、圧迫面接になる心配はありません。片方の面接官が突っ込んだ質問をしたときも、もう1人の面接官が助け舟を出してくれたりします。

 

また適度に相づちを打ったり笑ったりもしてくれるので、雑談をするような雰囲気で気軽に話すことができます。

 

必要以上に緊張しているとかえって印象が悪いので、あまり緊張しすぎず、自然な態度で会話ができるようにしておきましょう。

昭和大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師を志望する理由は何か
  • 他の医学部を併願しているか
  • 高校時代はどのように学習していたか
  • 高校時代に部活動に所属していたか
  • 自分にどんな短所があるか
  • 友人は多い方であるか
  • どんな医師になりたいか
  • チーム医療に貢献できるか
  • 自分に医師としての適性があるか
  • 大学の指導方針についてどう思うか
  • 入学試験は難しかったか
  • 医師として働ける体力はあるか

 

面接アドバイス

調査書や面接シートの内容をチェックする

昭和大学の面接においては、事前に提出した調査書や面接シートの内容をもとに質問をされるケースが多いです。調査書に記載される高校時代の生活や、面接シートに記入する志望動機や自己PRの内容をきちんと確認しておきましょう。

 

また突っ込んだ質問をされてもすぐに答えられるよう、想定される質問への回答例をまとめておきましょう。

 

本番と同じ形式で練習しておく

圧迫面接になることはありませんが、それでも本番の面接では緊張してしまいやすいです。そのため、本番と同じ「面接官2人と受験生1人」の形式で面接練習をし、実際に行われる面接の雰囲気に慣れておきましょう。

 

昭和大学医学部の面接では、タイマーを使って10分間できちんと話したい内容を話せるようにしておくことも重要です。

 

医学部の指導方針を知っておく

昭和大学医学部の面接では、医学部が推進している指導方針やチーム医療に関しての質問がされることも多いです。カリキュラムや最新のチーム医療について事前に調べておき、理解しておきましょう。

 

受験生の意見を聞かれることもあるので、ただ知っておくだけではなく、自分がどう思うかも答えられるようにまとめておいてください。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、昭和大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、昭和大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「昭和大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

昭和大学医学部の特徴や評判
昭和大学医学部の特徴や評判
2019-12-30 03:06
昭和大学医学部の特徴 沿革 昭和大学の前身である昭和医科大学は、1946年に昭和医科専門学校を母体として誕生しました。その後1964年に現在の昭和大学と名前を改め、医・歯・薬・保健...