東京医科大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

東京医科大学医学部の面接概要

東京医科大学医学部を受験するにあたっては、二次試験で行われる面接の対策をしておく必要があります。面接の評価次第では合否が逆転してしまう可能性もあるので、きちんと回答できるよう十分な対策をしておきましょう。

 

面接時間

15分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

面接は体育館で行われ、区切られたスペースで3人の面接官と面接を行うことになります。面接官が一人ずつ順番に質問を行い、それに回答する形で進行します。

 

雑談のような和やかな雰囲気で、圧迫面接になることは基本的にありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

東京医科大学医学部の面接では、面接会場となっている体育館で自分の順番を待つことになります。体育館の中央に椅子があり、そこで待機します。

 

順番によっては待ち時間が数時間におよぶこともあるため、面接対策をまとめたノートなどを持ち込むと良いでしょう。

東京医科大学医学部の面接の特徴

調査書をもとにした質問をされる

東京医科大学医学部の面接では、事前に提出した調査書にもとづいた質問をされることが多いです。調査書には高校での生活態度や、医学部を志望する動機、自己PRを記入することになるため、これらに関する質問で受験生の人間性を見ているようです。

 

高校での生活態度については、学習だけでなく部活動やボランティア活動などの経験についても聞かれることがあります。調査書を記入する段階で、どのような質問が予想されるかを考えておく必要があります。

 

突っ込んだ質問をされることがある

一般的な質問だけでなく、受験生が答えた内容に対してさらに踏み込むような質問をされることがあります。

 

特に医学部を志望する動機については突っ込まれることが多く、単純に興味があるから、医師になりたいからなどといった回答では面接官に良い印象を持ってもらえない可能性があります。

 

また高校での生活や、人生の中での体験についても深く突っ込まれることがあります。自分に関することで答えに詰まってしまうことがないよう注意してください。

 

終始和やかな雰囲気で進行する

東京医科大学医学部における面接試験では、圧迫面接になることはほぼありません。面接官は3人とも穏やかな態度で、面接は雑談のような和やかな雰囲気のままで進行します。

 

突っ込んだ質問がされることもありますが、どうしても答えられない場合には面接官の方から助け舟を出してくれることもあります。

 

面接官は緊張をほぐすため、受験生の回答に対して笑顔を見せたり、相づちを打ってくれるのであまり緊張せずに話すことができます。

東京医科大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師を志望する理由は何か
  • 大学にどんなイメージを持っているか
  • 生きてきてつらかったことはあるか
  • 高校時代は部活動をしていたか
  • 将来どんな医師になりたいか
  • 医療についてのニュースを見ているか
  • グループで何かをなしとげたことはあるか
  • 調査書の内容について
  • 10年後の自分は何をしていると思うか
  • 面接の練習はしてきたか
  • 面接会場までどうやって来たか
  • 資格は持っているか、いつ取ったか

 

面接アドバイス

調査書の内容をよく確認する

東京医科大学医学部の面接は、主に調査書をもとに質問されます。そのため、自分の志望動機や高校生活については良く見直しておく必要があります。

 

さらに、志望動機や自己PRについて突っ込んだ質問をされたときどう答えるかも考えておかなければなりません。調査書から予想される質問をまとめ、スムーズに回答できるようにしておきましょう。

 

医療に関するニュースをチェックする

面接の中では最新の医療に関する質問がされることもあります。普段から新聞やインターネットなどで、最新の医療ニュースに触れる習慣をつけておきましょう。

 

ニュースの内容をただ記憶するだけでなく、それに対して自分がどう思うかも考えておきましょう。ニュースを知っているかだけでなく、受験生の意見を聞かれることも多いためです。

 

本番と同じ形式で面接練習をする

東京医科大学医学部の面接は圧迫面接ではありませんが、やはり本番となると緊張してしまう方も多いです。高校や予備校では面接練習に対応していることが多いので、それらを利用して少しでも面接に慣れておきましょう。

 

本番と同じく、受験生1人に対して面接官3人がつく形式で練習しておくと、より面接の雰囲気に慣れておくことができます。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、東京医科大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、東京医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「東京医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

東京医科大学医学部の特徴や評判
東京医科大学医学部の特徴や評判
2019-12-28 14:06
東京医科大学医学部の特徴 沿革 東京医科大学のはじまりは1916年とされています。日本医学専門学校の学生が学校側との対立により約450名同盟退学し、同年彼らは東京物理学校の教室を借...