医学部面接の服装や髪型、靴はどうする?スーツ着用がふさわしい?
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

医学部の面接にふさわしい服装

医学部の面接においては、質疑応答だけで評価が決まっているわけではありません。人間性に問題がないかを確認するため、身だしなみについても見られていることが多いです。

 

そのため面接で高評価を得るには、面接官からの第一印象を決める身だしなみも重要になってきます。医学部の面接を受けるにあたって、どのような服装で行くのがふさわしいかについて確認しておきましょう。

 

現役生の場合

現役生の場合には、普段の高校の制服を着用していけば問題ありません。ただし、崩れた着方にならないよう正しく着用することが大切です。きちんとサイズの合った制服を着て、校章なども正しい位置につけておくようにしましょう。

 

また女性の場合は、スカート丈の長さも適切かどうかか確認する必要があります。あからさまに膝より上のスカート丈はやめましょう。

 

面接に向けては制服にシワや汚れがないかをチェックして、見た目を良くしておきましょう。ボタンが取れていたりほつれたりしていたら直しておくことも重要です。

 

浪人生、再受験生の場合

浪人生や再受験生が面接を受ける際には、スーツを着用していくのが基本となります。黒やグレー、紺色といった落ち着いた色で、無地のスーツを選ぶようにしてください。シャツは白いものを選択し、襟や袖といった部分に汚れがないかも確認しておきましょう。

浪人生、再受験生の場合浪人生、再受験生の場合

また、スーツやシャツのボタンが取れていないかも必ず確かめておいてください。普段ピアスや指輪などのアクセサリー類を身につけている方は、当然面接ウケはよくないため面接のときは前もって外しておきましょう。

医学部の面接にふさわしい靴

医学部面接では身だしなみを見られますが、面接官が見るのは服装だけでなく、どんな靴を履いているかも見られています。そのため面接で評価されるためには、その場にふさわしい靴を履いていくことも重要となります。

 

面接に履いていくのは革靴が基本です。自分の足に合ったサイズの革靴を用意して、汚れなどがつかないようきれいに磨いておきましょう。無地の黒または紺色の落ち着いた靴を選択するようにしてください。

 

女性の場合は、就活生が履いているような黒で無地のパンプスなどでも良いでしょう。スーツ屋の就活コーナーで探せば間違いありません。

医学部の面接にふさわしい髪型

医学部の面接を受けるにあたっては、黒髪で清潔感のある髪型にしておくことが原則となっています。前髪が目にかかっていると不潔感を感じさせるだけでなく、表情が暗く見えてしまい、面接官にネガティブな印象を与えてしまうおそれがあります。

 

また地毛が茶色い方は仕方ないですが、面接官の年代によっては染色へのイメージが特に悪いため、茶髪などに染めた状態で面接に行くのは絶対に避けましょう。さらに面接官からの印象が悪くなってしまうため、パーマも避けた方が良いでしょう。

 

ほかにも面接にふさわしい髪型に関しては男女別に注意点があるため、それぞれについて見ていきましょう。

 

男性の場合

男性の場合は、前髪や襟足など、全体的に長髪はNGです。髪の毛が目や顔にかからないよう、短めに切っておきましょう。

 

ジェルやワックスは少量であれば使っても問題ないので、髪型を整えるために使うと良いでしょう。ただし毛先が散っているような派手なスタイリングをすると、相手に不真面目な印象を与えてしまいます。

 

また面接官からの印象が悪いので、ツーブロックも避けた方が無難です。ツーブロックはフォーマルな場にはそぐわないと考える面接官も多いので、刈り上げすぎないようにしましょう。

 

女性の場合

女性で髪が長い方は、ヘアゴムなどで髪をまとめ、顔にかぶさらないようにしておいてください。髪で耳が隠れていると、暗い印象や自信がない印象を与えてしまいます。逆に耳を出すことで、相手に賢い印象を与えることができます。

女性の場合

また髪のまとめ方ですが、髪を後ろで1つにまとめるポニーテールが一般的です。ツインテールは知的なイメージは与えず、面接時の髪型としてはあまり見られないので、避けた方が無難でしょう。

医学部の面接にふさわしいその他身だしなみ

男性の場合

男性が特に注意しておきたいことが、面接の前にはきちんとヒゲを剃っておくことです。無精ヒゲは目立ちやすく、面接官からの印象も悪いので面接ではマイナスにしかなりません。面接までに伸びてしまうことがないよう、面接当日にきれいに剃っておくようにしましょう。

 

また面接時に鼻毛が出てしまう可能性もあるので、面接の直前には鼻毛も処理しておくようにしてください。

 

女性の場合

女性で特に注意してほしいのが、化粧は原則としてしない方が良いということです。特に現役生の場合は、化粧をしない方が面接官からの印象が良くなります。

 

浪人生や再受験生の場合は、絶対に化粧をしてはいけないというわけではありませんが、するにしてもかなり薄めにした方が良いです。ばっちりとメイクをしすぎると、かえって悪印象を与えることがあるので気を付けましょう。

 

また普段ネイルをしている方もいるかもしれませんが、面接前には落としておきましょう。ネイルをしている女性医師はいないので、面接でもネイルはせずに、爪をきれいに切っておくようにしてください。

 

身だしなみを整えたら、あとは面接の内容で勝負です。医学部面接にはパターン化された「型」があるので、その型をマスターすれば、面接官からどのような質問が来てもある程度対応できるようになります。

 

武田塾医進館では、まずは面接の「型」を徹底的に指導します。そしてあとは受験生の悩みに合わせて、志望動機を一緒に考えたり模擬面接などにも対応します。

 

そんな武田塾医進館は、現在医学部受験に関する悩みを相談できる「無料受験相談」を行っているので、受験に関して聞きたいことや悩みがあるという方は、是非一度無料相談会にお申し込みください。

 

また、そのほかにも医学部面接について詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてください。

 

特徴、対策 【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
服装、髪型 医学部面接の服装や髪型、靴はどうする?スーツ着用がふさわしい?
面接なし 面接なしの医学部はある?国公立、私立大学をチェック!
面接落ち 医学部で面接落ちはある?落ちる人の特徴とは?
欠席日数 医学部の面接は欠席日数が多いと不利になるって本当?
対策本 医学部の面接対策に最適な本はどれ?合格者おすすめの3冊を紹介