日本医科大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

日本医科大学医学部の面接概要

日本医科大学は医学部のみの単科大学となっています。学科試験に力を入れるのは当然ですが、2次試験には面接や小論文もあるためそちらにも十分に備えておく必要があります。

 

今回は日本医科大学の面接の概要や特徴について解説していきます。

 

面接時間

10~15分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

日本医科大学では個人面接とグループ面接の2つがあります。個人面接とグループ面接は同じ部屋で行い、個人面接は10~15分程度、面接官3名がそれぞれ質問を行います。

 

グループ面接では受験生5~6人、面接官は3人、時間は20~40分程度です。面接官が進行を行い、受験生はそれに沿って挙手制で意見を言うという形式となっています。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

午前中に小論文を書いた後、面接まで3時間ほど時間が空きます。そのため事前に自分の考えをメモしておいて見返したり、気持ちをリラックスさせておくなどして面接に備えましょう。

日本医科大学医学部の面接の特徴

20~40分のグループ面接がある

日本医科大学では個人面接のほかに、グループ面接もクリアする必要があります。グループ面接の進行は面接官が行い、与えられた課題に対して一人一人が意見を言うという形となっています。

 

発言は挙手制で、面接官から指名されるようなことはありません。また一通り意見が出尽くした場合でも、面接官が付随する話題を新しく出してくれたり、面接官がフォローしてくれたりするので討論が詰まるといったことはありません。

 

稀に答えにくい質問をされることがある

グループ面接の後、面接官約3名対受験生1名の個人面接となりますが、グループ面接でも個人面接でも穏やかな空気で進められたという受験生が多いので、気負いすぎる必要はありません。

 

個人面接はグループ面接と同じ部屋、同じ面接官で行われます。質問はオーソドックスなもので、日本医科大学や医師を志望する理由、高校時代の活動について、自身の長所や短所といった内容がメインです。

 

ただし中にはグループ面接の出来を聞かれたり、医学部は勉強が大変だが大丈夫か、患者一人一人の心のケアをどう行うか、将来死と向き合うことがあるがそのときどうするかといった、少し答えにくい内容を聞かれる可能性もあります。

 

さらに再受験生に対しては、親は再受験をして医師を目指すことに対してどう思っているかといった少し考えてしまうような質問をされたケースがありました。

 

圧迫面接となる可能性も0ではない

過去の受験生の意見を見てみると、面接官3名のうち圧迫気味の面接官が2名いて、もう一人の面接官がなだめる調整役だったという意見もありました。また高校時代の専攻が物理だったことから、面接官の中に物理の先生がいたというケースもあります。

 

日本医科大学の面接は全体的に穏やかな雰囲気の中進められる傾向がありますが、圧迫だったり自分の専攻のスペシャリストが用意されているケースもあることは頭に入れておきましょう。

 

また個人面接では、各面接官が順番に質問してくるという形式となりますが、返答にあいまいな部分があると突っ込んで追加質問してくる傾向があるため、しっかりと自分の意見を答えましょう。

日本医科大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 人に苦手科目をどうやって教えるか
  • 医師の報酬は適正だと思うか
  • 教育現場でのSNSの利用についてどう思うか
  • チームにとって重要なものは何か
  • 一人前になるとはどういうことか
  • 日本人らしさとはどういうものか
  • 大学に入って何をしたいか
  • 最近気になっているニュースは何か
  • 尊敬する人物について
  • 将来は何科に進みたいか
  • 見ず知らずの他人を助けたことはあるか
  • 医師として働くことになったら、家族と仕事のどちらを優先するか

 

面接アドバイス

グループ面接では積極的に発言しよう

グループ面接の進行自体は面接官が行います。進行とは別で、討論の司会役も必要となりますが、司会役としてグループの意見をまとめたり引き出したりすると面接官に好印象を与えるチャンスでもあります。

 

また実は意見の内容は評価にそれほど大きく影響しない傾向にあるため、思ったことは積極的に発言しましょう。そしてグループ面接では、他の受験生の意見をしっかりと聞いているかどうかも重視しています。

 

グループ面接のテーマは過去に「人に苦手科目を教える場合どうするか」「チームにおいて大事なのは何か」といったものが出されており、それほど難解なものではありません。

 

個人面接に備えて答えを用意しておこう

個人面接でもグループ面接でも、穏やかな雰囲気で面接官がサポートしてくれたという声が多いため、必要以上に緊張する必要はありません。面接官の目を見てしっかりと話すように意識しましょう。

 

個人面接では志望理由や自分の生活、高校生活の思い出など日常的な質問をされる可能性が高い傾向にあるため、過去の出題傾向を確認してある程度答えを用意しておくとよいでしょう。

 

また普段からテレビやネット、新聞などのニュースを確認して時事問題に関する情報も確認しておくことも大切です。ただ情報を流し見するだけでなく、ニュースの背景やそれに対する自分の考えなどをまとめて言葉にする練習をしておけば、面接対策だけでなく小論文対策にもなります。

 

長い待ち時間を有効活用しよう

午前中に小論文、午後に面接となりますが、そのあいだに3時間ほど待ち時間があります。あらかじめ質問のテンプレートを用意しておいてその時間内に見直す、緊張をほぐすなどして、有効に時間を使いましょう。

 

自分の用意してきた回答を見ることで、面接会場で心を落ち着けることもできます。

 

また、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

さらに、日本医科大学をはじめとする医学部の面接では、面接の「型」に沿って対策することも大切です。相手の面接官がどのような意図で質問してきたのかを考え、それに沿った回答をしなければ高得点を取ることはできません。

 

徹底したマンツーマン指導で知られる武田塾医進館では、まずは必ず押さえておくべき面接の「型」を教えていきます。その上で、面接に不安が残っている生徒には、マンツーマンで面接指導も行ってくれます。

 

武田塾医進館では、医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、日本医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「日本医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

日本医科大学医学部の特徴や評判
日本医科大学医学部の特徴や評判
2019-12-26 02:23
日本医科大学医学部の特徴 沿革 日本医科大学は、1876年に誕生した済生学舎を前身とする大学で、創立140年と長い歴史を持つ私立の医科大学となっています。1952年に現在の学校法人...