東北医科薬科大学医学部の 特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

東北医科薬科大学医学部の特徴

沿革

東北医科薬科大学は2016年に誕生した新しい大学で、同年に医学部医学科が開設されました。とはいえ、元となった東北薬科専門学校が誕生したのは1939年と長い歴史を持っています。

 

国内で37年ぶりに誕生した医学部で、東北医科薬科大学誕生と同時期に東北医科薬科大学若林病院や地域医療教育サテライトセンターが設置されました。地域医療や災害医療教育にも力を入れていて、それらに従事できる優秀な医療人を育成に努めています。

教育方針、カリキュラム

東日本大震災の被災地にある大学として、東北の復興の一翼を担う医療人を育成することを方針としています。

 

東北医科薬科大学は文部科学省から提示されている新薬学教育モデルコア・カリキュラムを到達目標として定め、それに加えて大学独自の教養科目、応用科目、選択科目を学ぶようにカリキュラムが編成されています。

 

医学部では、1年次には医師となるために必要な知識や倫理観、地域の文化や生活を理解することを学び、2年次には引き続き基礎医学に関する知識を深めなおかつへき地や被災地医療の体験学習を行います。

 

3年次からは臨床科目が始まり、4~5年次には参加型の臨床実習に参加、6年次には前期に総合診療学演習、後期には統括講座を行い卒業試験や医師国家試験に備えます。

東北医科薬科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

早い段階から基礎医学が始まるので、勉強に対するモチベーションが保てます。新しい大学なので過去問などのデータがないというデメリットはありますが、その分熱心に勉強している学生が多く、学生同士で予想問題を作って協力し合ったりしています。

 

CBTや国家試験のための授業やテストもあり、先生の面倒見も良いです。

研究室、ゼミ

医学部には現段階では研究室所属はありません。

 

しかし基礎系、臨床系の研究室があり、基礎系には解剖学や生理学、臨床系には内科学第一(循環器内科)や内科学第一(呼吸器内科)と数多くの専門分野に分かれているので、興味のある分野の研究室に訪問して、その分野への理解を深めることは可能です。

進学、就職、国試合格率

東北医科薬科大学が誕生したのが2016年なので、現在は就職に関するデータはありませんが、キャリア支援センターによるキャリア支援講座やインターンシップなどのサポート体制は整えられています。

 

また医学部には修学資金制度として、卒業の勤務地を宮城県もしくは東北5県に一定期間勤務すれば、返済が免除されるというものがあります。この制度を利用した場合、該当する地域へ就職する必要があります。

立地、周辺環境

東北医科薬科大学では、2年次まで薬学部と医学部ともに仙台市青葉区の小松島キャンパスを利用します。医学部は3年次から仙台市宮城野区にある福室キャンパスへ移動となります。

 

小松島キャンパスは仙台駅からバスで約25分、福室キャンパスは宮城野原駅からバスで約23分の距離にあります。駅から距離があり坂が多い地域ではありますが、バスが運行しているので通学には便利ですし、近隣に部屋を借りている学生も存在します。

施設、設備

附置研究所として分子生体膜・創薬研究センターがあります。分子生体膜研究所ではがんや生活主管病などの新しい診断・治療方法の開発を目標として様々な研究に取り組んでいます。

 

また東北医科薬科大学には、東北医科薬科大学病院と東北医科薬科大学若林病院の2つの附属病院があります。

 

前者は地域医療の拠点病院、薬学教育や医師養成のための臨床修練の場として、後者は地域の2次医療を支えてチーム医療や地域の医療機関との連携を行い、若林区唯一の総合病院としての役割を果たしています。

部活動、サークル

学術系や文化部、体育部など様々な部活やサークルがあります。まだ歴史が浅いので大会の実績などはこれからですが、活発に活動している部活が多いです。

友人、恋愛

私立大学としては珍しく浪人生や再受験生など幅広い年代層の学生が集まっています。医学部では他学部との交流が少ないという特徴がありますが、様々な背景の医学部生とかかわることで自身の世界観を広げることができます。

 

また新しい医学部の1期生という大学であることから、全体の仲が良い雰囲気があります。

そのほか特徴

東北医科薬科大学は地域医療に特化した人材の育成を行っています。そのための取り組みとして、低学年のうちから地域医療実習を実施するなどのカリキュラムが組まれています。

 

また他の医学部と大きく異なる点は、2016年開校初年度から臨床実習時間の多いカリキュラムを導入している点です。

 

教養課程の講義はほとんど1年次前期に組み込まれていて、後期からは基礎医学の講座が始まります。2年次後期からは臨床医学の講義が開始され、臨床実習は4年次の後期から始まるなど、他の大学に比べるとかなり前倒ししたカリキュラムとなっています。

 

項目 説明
所在地 宮城県仙台市宮城野区福室1丁目15-1
医学部男女比 男性72.0%、女性28.0%
6年間学費 34,000,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 6/16(日)大学紹介
8/3(土)
8/4(日)

東北医科薬科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 68.8
倍率(一般前期) 5.6
前期入試日程(2020年) 1/25(一次試験)
2/8、2/9(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(200)
外国語(100)
合計(400)
入試科目(二次試験) 小論文(-)
面接(-)
合計(-)
ボーダー 不明(前期)

 

また、さらに詳しく東北医科薬科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 東北医科薬科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 東北医科薬科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】東北医科薬科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

東北医科薬科大学医学部の口コミ、評判

東北医科薬科大学医学部の口コミ、評判はありません。