福岡大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

福岡大学医学部の特徴

沿革

1934年に福岡大学のもととなる福岡高等商業学校がスタートしました。その後1956年に福岡大学と改称、医学部は1972年に増設されました。

 

医学部が誕生した翌年に福岡大学病院が開設され、その後は各種博士課程や学部の増設や廃止など様々な変遷を経て現在に至ります。50年以上の長い歴史を持つ私立の総合大学で、現在では9学部31学科と大学院10研究科を擁しています。

教育方針、カリキュラム

福岡大学は、大学全体として思想堅実、穏健中正、質実剛健、積極推取を建学の精神としています。

 

医学部医学科では、早い段階で医学に接する機会を与えるため、1,2年次から専門科目を設置しています。加えて、知識だけでなく看護体験や医療施設の見学なども早い段階から開始されます。

 

3年次からは臓器・機能別短期集中教育が始まり、4年次の終わりには客観的臨床能力試験をはじめとした全国共用試験のための専門教育が行われます。5年次からは外来や病棟にて診療参加型臨床実習を行います。

福岡大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

大学には様々な教授が在籍していて、外部から特別講師を招くこともあるため、様々な講義を受けることができます。熱心な先生が多く、質問にも丁寧に答えてくれます。

 

また各種試験の際のサポートもしてくれるので、充実した環境となっています。

研究室、ゼミ

2年次の後期に研究室配属があり、成績順に研究室配属が決められます。福岡大学医学部には基礎系研究室や臨床系研究室、総合研究室などがあります。

 

ここからさらに細分化されて解剖学や薬理学といったゼミがあるので、興味がある分野について深く学ぶことが可能です。

進学、就職、国試合格率

福岡大学医学部の試験範囲は広く、留年もかかってくるため早い段階から試験に取り組む学生が多いです。実際に先生方のサポートが手厚く、再試制度もあるので留年する学生は少ないです。

 

5~6学年になると就職に関する情報収集が始まりますが、サポートしてくれる講座や先生方がいるので、国家試験に合格していれば就職難になることはありません。

 

福岡大学病院に研究医として就職する学生もいますが、福岡大学医学部は様々な大手企業への就職実績があり、優秀な学生であれば大手企業からいくつも内定をもらうこともあります。

 

福岡大学医学部の国家試験合格率は71.9%、全国の医学部と比較した場合かなり低い成績となります。しかしそれでも7割の学生は試験をクリアしていて、かつ私立大学ならではの手厚いサポートもあるので、熱心に勉強に取り組めば合格は不可能ではありません。

 

どの大学でも最終的には自分の努力が不可欠となるので、大学の施設や先生方のサポートをしっかりと活用することが重要です。

立地、周辺環境

医学部は城南区七隈に位置していて、最寄駅は地下鉄七隈線の福大前駅、距離は徒歩約3分です。

 

他にも七隈駅や藤林駅などいくつかの駅があることに加え、福岡市の中心に電車一本で行けるので利便性が高いといえます。また周辺には飲食店が多いのでそれらを利用する学生も多いです。

施設、設備

福岡大学には文系センター棟や図書館、情報基盤センターや国際センターなど、様々な施設があり充実しています。特に図書館は、中央図書館の他にも理・工・医・薬・スポーツ科学部分館があり、199万冊もの本を有していて、その中には貴重なものも数多く所蔵されています。

 

また医学部には、医療技術のシミュレータが設置された「スキルラボ」という施設があります。この施設で学生は、シミュレータを使って身体診察や臨床手技といったスキルを向上することが可能です。

部活動、サークル

福岡大学には体育部会や学術文化部会、同好会や愛好会が数多くあります。多くの学生が何らかの部会や同好会に参加していて、大会などのイベントに参加しながらも学業との両立を果たしています。

友人、恋愛

医学部以外の学部は城南区にあるキャンパスを利用するため、医学部はやや閉鎖的な環境ではあります。しかし出身地が異なったり、現役生や浪人経験者など様々な背景を持つ学生が存在するので、自身の世界観を広げることができます。

 

6年間同じメンバーで授業を受けるので自然と仲が良くなり、サークルや部活に所属することで上下のつながりもできます。

そのほか特徴

福岡大学の医学部はレスポンス・アナライザーというシステムを取り入れています。これは教師の問いかけに対して学生が手元の端末で回答するというもので、これによって教師は学生がどのぐらい授業の内容を理解しているのかを把握することができます。

 

教師と学生の両方が積極的に講義に参加することができるので、より効率的に知識を身に着ける効果があります。

 

項目 説明
所在地 福岡県福岡市城南区七隈7丁目45-1
医学部男女比 男性64.5%、女性35.5%
6年間学費 37,600,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/3(土)全学部

福岡大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 67.3
倍率(一般前期) 12.3
前期入試日程(2020年) 2/2(一次試験)
2/14(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(200)
外国語(100)
合計(400)
入試科目(二次試験) 小論文(-)
面接(-)
合計(50)
ボーダー 283.0/400(前期)

 

また、さらに詳しく福岡大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 福岡大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 福岡大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】福岡大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 【2020年度】福岡大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移
面接 福岡大学医学部面接の特徴や対策
小論文 準備中

 

他の大学医学部の特徴についても知りたいという方は、「【地域別】国公立・私立大学医学部一覧」も参考にしてみましょう。

【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
2020-06-07 19:30
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧 日本全国には、2020年現時点で国公立大学51校、私立大学31校の医学部を設置する大学があります。しかし、地域によって医学部数が多かったり少な...

福岡大学医学部の口コミ、評判

福岡大学医学部の口コミ、評判はありません。