川崎医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

川崎医科大学医学部の特徴

沿革

川崎医科大学は、岡山市の川崎病院を前身として1970年に開校されました。同じく1970年に医学部医学科が置かれ、1976年には大学院の医学研究科も開かれています。

 

医科大学としては全国で唯一、附属高等学校を設けていることが特徴となっていて、医学部への進学前から医学分野について学習できる環境が整っています。

教育方針、カリキュラム

川崎医科大学医学部では、優れた医師となる人材の育成を目指して、準備教育と医学専門教育を組み合わせた6年制の一貫教育を実施しています。

 

1年次から教養科目と専門科目の両方をこなし、地域医療についての理解を深めるための学習も行っています。またグループワーク形式での診療参加型臨床実習も実施していて、実践的な能力を身につけていきます。

川崎医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

さまざまな教授が講義を行っていますが、どれもレベルの高いもので非常に役立ちます。インターネットやメールを利用して講義についての質問や相談を送ることもでき、不明な点があってもすぐに解決してもらえます。

 

現役医師が講師を務めていることもあり、リアルな医療現場の話を聞く機会もあります。難易度はやや高く、予習や復習が必要です。

研究室、ゼミ

川崎医科大学医学部では教育だけでなく医療研究も推進しています。特に力を入れているのがリハビリテーション医学の分野で、発達障害や高次脳機能障害の患者のリハビリテーションの研究を進めています。

 

さらに身体機能の研究にも取り組んでいて、筋力強化や刺激療法の分野でも知られています。低学年のうちから研究室に参加することも可能です。

進学、就職、国試合格率

川崎医科大学医学部の国家試験合格率は全国の医学部の平均よりも高水準です。主な就職先となるのは川崎医科大学付属病院や、地元の関連病院となっています。

 

また大学では就職活動のサポートも行っているので、自分にマッチした病院を探すことができます。研究者として働きたい方の場合は、大学院への進学を目指すこともあります。

立地、周辺環境

川崎医科大学医学部のキャンパスは、JR山陽本線中庄駅から歩いて10分のところにあります。キャンパス周辺には飲食店やスーパーがいくつもあるので、食事や買い物に困ることがありません。

 

学生向けのマンションやアパートもあるので、一人暮らしもしやすいです。

施設、設備

実験や実習といった学習のために必要な設備は一通りそろっています。キャンパスのすぐそこに附属病院があるので実習の際も便利です。

 

学生は、いつでも医学に関する資料を豊富に納めた図書館を自由に利用でき、自習に使うこともできます。

部活動、サークル

医学部生のほとんどは部活動やサークルに参加しています。さまざまな種類の活動があるので、自分に合ったものを選んで自由に参加することができます。

 

運動系の部活動やサークルでは大会に参加することもあり、好成績を残しています。

友人、恋愛

医学部生は1年次に寮に入って生活することになるため、自然と友人になっていくことができます。部活動やサークルを介して、先輩や後輩との交流を持つこともできます。

 

また親睦のための新年会などのイベントも行われているので、積極的に参加すると良いでしょう。

そのほか特徴

川崎医科大学医学部では、医師として求められる専門知識だけではなく、チーム医療などに欠かせないコミュニケーション能力の養成にも取り組んでいます。

 

キャンパスには新たにラウンジが設置され、教職員と医学部生との距離が非常に近いものとなっています。積極的にコミュニケーションを取りながら学習できる環境が整備されています。

 

項目 説明
所在地 岡山県倉敷市松島577
医学部男女比 男性58.6%、女性41.4%
6年間学費 45,500,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/24(土)

川崎医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 66.2
倍率(一般前期) 17.2
前期入試日程(2020年) 1/26、(一次試験)
1/31、2/1(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(150)
外国語(100)
合計(350)
入試科目(二次試験) 小論文(-)
面接(-)
合計(-)
ボーダー 210.0/350(前期)

 

また、さらに詳しく川崎医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 川崎医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】川崎医科大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 川崎医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】川崎医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

川崎医科大学医学部の口コミ、評判

川崎医科大学医学部の口コミ、評判はありません。