藤田医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

藤田医科大学医学部の特徴

沿革

藤田医科大学の前身である名古屋保健衛生大学は1968年に誕生し、当初は衛生技術学科と衛生看護学科が置かれていました。1971に医学部が設置され、その後統合や附属病院の開院などの変遷を経て、2018年に名称が現在の藤田医科大学となりました。

 

2018年の大学創立50周年の節目にカリキュラム改革や医学教育の刷新を行い、医療系総合大学として、地域医療と福祉を担える医療人や世界に出て最先端医療を牽引できる医療人の育成に努めています。

教育方針、カリキュラム

藤田医科大学では、医療は医師、看護師、技師などの医療スタッフ是認の協力があって初めて成立するものという理念を掲げています。

 

「アセンブリ教育」というシステムを1年次から導入しています。これは、他の学部で看護師や作業療法士などを目指す人たちと連携してチーム医療を行うことを目的とし、協調性や責任感、コミュニケーション能力や問題解決能力が身に着けられるようカリキュラムです。

 

他大学の医学部の場合、他学部との交流が少なく閉鎖された環境で6年間を過ごす傾向にありますが、藤田医科大学では早いうちからチーム医療について体験してくことが可能です。

 

また藤田医科大学医学部では、1対1の少人数教育を徹底することで、最新の知識や技術を持つ医師の育成を行っています。「藤田式PBL」では、少人数のグループで課題に取り組むことで問題解決能力やコミュニケーション能力を身に着けます。

藤田医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

1年のうちから専門的な内容を学習します。講義では教科書は使わずノートやプリントで授業を行います。生徒と先生の距離も近く、その分先生もしっかりとサポートしてくれる環境が整っています。

 

また大学病院の先生が講師として授業を行うこともあるので、さまざまな専門分野の先生の授業を受講でき充実しています。

研究室、ゼミ

研究室やゼミは必須ではありませんが、個別で研究室に入ることは可能です。内科系や外科系のかず多くの研究室があるので、所属することでより深く学ぶことができます。また研究室によっては論文発表する機会もあります。

進学、就職、国試合格率

藤田医科大学の特徴のひとつとして評価が厳しいことがあげられます。学習できる環境は整っていますが、そのぶん評価が厳しくなっています。ただし無茶なカリキュラムが組まれているわけではないので、大学をしっかり活用して勉強に励めば留年という可能性は低いです。

 

藤田医科大学は国家試験合格率93.8%、医科大学82校中10~20位程度と非常に優秀な成績を誇っています。国家試験に合格すれば、就職は難しくありません。

 

就職先は、附属病院や周辺の病院へ行く人もいれば、地方出身者の場合は地元で就職するケースも多いです。

立地、周辺環境

藤田医科大学は、中京競馬場前駅から徒歩約40分と少し離れた距離にありますが、駅からはバスも出ていて本数も多いので通学が困難ということもありません。

 

キャンパス内にコンビニや郵便局、銀行といった生活に必要な施設がそろっていて、周辺に大きな娯楽施設もないので、勉強に集中することができる環境となっています。

施設、設備

藤田医科大学は教育関連施設や教育体制が充実しています。講義室やセミナー室にはICT設備が整えられていて、資料配布や等もタブレット端末から閲覧することが可能です。

 

加えてスキルラボという施設があり、医学生や看護師、研修医などが基本的な医療的技術を身に着けることができるよう、シミュレーターが導入されています。

 

附属病院の藤田医科大学病院は日本最多の病床数を備えていて、日本でもトップクラスの膵臓移植件数を誇っています。また内視鏡下手術用ロボット「ダビンチ」を活用した手術も2018年度までに1956件行われています。

部活動、サークル

文科系、体育会系、学術系のクラブやサークルがあり、多くの学生が何らかの団体に参加しています。

 

運動系の部活の中には西日本医科学生総合体育大会で優勝するほどの成績を残しているクラブもあります。

友人、恋愛

再受験生が多く、あらゆる経歴の人がいるので、そのような環境に身を置くことでよい刺激をもらえます。

 

1学年1学級なので同学年での仲は良く、他にも他の学部との合同講義などもあるので学部間で友人や恋人を作る人も多いです。

そのほか特徴

藤田医科大学は「THE世界大学ランキング」で国内私立大学として上位にランクインしており、医学部ではJACMEによる国際水準の医学教育評価で、日本トップレベルと認定されています。

 

また藤田医科大学医学部にはふじた未来という名称のAO入試枠があります。現役生と2浪までの浪人生が対象です。

 

入学生の内訳で見ても、現役27%、1浪33%、2浪20%、3浪以上が20%と、他の私立大学と比べるとあらゆる年齢の受験生に開かれた大学となっています。

 

項目 説明
所在地 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
医学部男女比 男性64.2%、女性35.8%
6年間学費 29,800,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/3(土)
8/17(土)

藤田医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 67.3
倍率(一般前期) 5.9
前期入試日程(2020年) 1/23(一次試験)
1/31、2/1(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(200)
理科(200)
外国語(200)
合計(600)
入試科目(二次試験) 面接、調査書(100)
合計(100)
ボーダー 312.0/600(前期)

 

また、さらに詳しく藤田医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 藤田医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】藤田医科大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 藤田医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】藤田医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

藤田医科大学医学部の口コミ、評判

藤田医科大学医学部の口コミ、評判はありません。