金沢医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

金沢医科大学医学部の特徴

沿革

金沢医科大学医学部は1972年に誕生しました。長い歴史を持つ大学で、誕生の翌年には金沢医科大学付属看護学校が開設、1974年には金沢医科大学病院が開院しました。

 

キャンパスは本部棟のほかに専門棟や医学教育棟、図書館などの様々な施設を有しており、総合医学研究所や再生医療センター、ゲノム医療センターなどの研究機関も併設されています。

教育方針、カリキュラム

6年一貫統合型カリキュラムを実施しています。カリキュラムの基本単位はユニットというもので、基礎や臨床医学を学ぶために必要な基本的な知識を身に着けることを目的としています。

 

ユニットは8名程度のグループで構成されていて、少人数で問題解決能力を高めるPBLチュートリアルを行います。

 

臨床実習では診療参加型のCCSを導入しており、医療チームの一員として行動することでテキストだけでは身に着けられない臨床能力を学びます。

金沢医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

臨床の先生や講師を招いた講義があるので、最新の治療に関する情報について知ることができます。

 

講義の内容は先生によって異なりますが、基本的には充実していて、質問や面談などでのサポートも行ってくれます。

研究室、ゼミ

所属が必須というわけではありません。希望者だけが研究室に所属する形となりますが、研究室に入るとしっかりと自分の研究をすることが可能です。

 

金沢医科大学医学部には、脳・神経医学、がん医学、循環医学等様々な医学領域の研究室が存在します。研究室を利用することで、自身の興味のある分野の理解を深めることができます。

進学、就職、国試合格率

金沢医科大学は教育環境が整っていることで知られていますが、その反面、進級が厳しくもあります。

ただしこれはどこの医学部も同じことで、学生本人が怠けていると当然進級や国家資格の合格はできません。充実した環境で油断せず、積極的に学習していくことが重要です。

 

金沢医科大学医学部の国家試験合格率は全82校中80位前後と低めですが、合格率は81%なので学生の8割は合格していることになります。医学部の国家試験合格率は地方に行くほど低くなる傾向にありますが、最終的には学生本人の努力が必要となるので、そのことを意識してしっかりと学んでいくことが重要です。

 

国家試験に合格していれば就職に困る可能性は低いです。大学に残る人や附属病院へ就職する人、学生の地元や別の地域で研修をする学生も多いです。学生支援センターでは、様々な学生の悩みに対して進路指導などのサポートも行っています。

立地、周辺環境

キャンパスは河北郡に位置していて、北陸鉄道浅野川線の内灘駅から徒歩約40分と少し離れた距離に最寄駅があります。ただし大学行きのバスもあるので、通学が困難ということはありません。

施設、設備

金沢医科大学にはメディア設備やシュミレーション・センターなどがあります。メディア設備は実際の手術動画や学会発表などに利用可能な症例画像などを供覧していて、シュミレーション・センターでは臨床手技のトレーニングを行うことができます。

 

またアナトミーセンターという施設もあり、人体解剖学を学ぶための最新の環境が整えられています。

 

ほかにも約20万冊を収蔵する図書館や広大なグラウンド、大学病院や研究施設等様々な施設が整っているので、学生が積極的に活動すればするほど充実した時間を過ごすことが可能です。

部活動、サークル

体育会系や文化系の様々な部活があります。部活がメインとなるのでサークルは少ないですが、他の大学と比べると活動回数も少なく参加しやすい環境となっているので、部活と学業を両立している学生も多いです。

 

学園祭では、部活ごとに模擬店を出店している様子も見られます。

友人、恋愛

1年次には学年全員で受ける講義が多いので、同学年の友人をつくる機会は多いです。また部活動に参加すれば先輩後輩という縦の関係も作ることができます。

そのほか特徴

金沢医科大学では、体験学習を中心とした医学教育システムを取り入れています。早い段階で早期臨床体験実習が行われ、5・6学年次にはスチューデントドクター(SD)として参加型の臨床実習を行います。

 

大学内にSD医局という施設も整えられていて、24時間利用可能となっているので、学生は手厚いサポートを受けることができます。

 

項目 説明
所在地 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
医学部男女比 男性53.3%、女性46.7%
6年間学費 39,500,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 7/14(日)
8/18(日)
9/15(日)

金沢医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 67.3
倍率(一般前期) 12.0
前期入試日程(2020年) 2/4(一次試験)
2/14、2/15(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(150)
外国語(100)
合計(350)
入試科目(二次試験) 小論文(60)
面接(-)
合計(60)
ボーダー 264.0/400(前期)

 

また、さらに詳しく金沢医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 金沢医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】金沢医科大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 金沢医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】金沢医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

金沢医科大学医学部の口コミ、評判

金沢医科大学医学部の口コミ、評判はありません。