医学部で面接落ちはある?落ちる人の特徴とは?
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

医学部で面接落ちはある?

近年、医学部受験でも徐々に重視される傾向にあるのが面接試験です。2020年からは全ての大学の医学部で面接を課すようになったため、面接対策をしておくことが不可欠です。

 

医学部の面接試験においては、基本的なコミュニケーション能力や人間性を見ることが多いです。そのため、多少緊張してしまったからといってそれだけで面接落ちするようなことはほとんどありません。

 

しかし受験生の中には、筆記試験で合格できるだけの点数をとったにも関わらず面接落ちしてしまうような受験生もいます。

 

面接で点数を稼いで医学部に合格するというのはあまり考えられませんが、少なくとも面接で及第点をとれるように最低限の対策はしておいた方が良いでしょう。

医学部で面接落ちしやすい人の特徴

面接官とまともに会話ができない

医学部入試で面接落ちする方に多い特徴のひとつが、会話が成立していないことです。面接官との会話のキャッチボールができず、質問に対する回答が噛み合っていない、面接官の目を見て話すことができないなどといった特徴がある受験生は落とされる可能性が高いです。

 

基本的なことではありますが、相手の話をよく聞いて質問の意図を理解し、きちんと向き合って答えなければなりません。普段から人とあまり話さないタイプの方は特に注意しましょう。

志望動機が受動的すぎる

面接試験で聞かれることが多いのが志望動機ですが、はっきりとした動機を答えられなかったり、受動的な動機を答えてしまうと面接官からの評価が下がってしまいます。

 

特に多くの方が答えてしまいがちなのが、親が医者だから、理系で成績が良いからという受動的なものです。こういった動機を述べてしまうと、医学部で学びたいという志が弱いとみなされてしまうことがあります。

 

積極性をアピールできるような医学部の志望動機を、明確に伝えられるようにしましょう。

倫理観に欠ける発言がある

医療に携わる人材には、知識や技能だけでなく、倫理観も求められています。そのため面接のやり取りの中で倫理観に欠ける発言をしてしまうと、医療人としての人間性を疑われてしまう可能性があります。

 

医療に関しての質問に対しては、間違っても倫理観に欠けた回答をしないよう注意しましょう。特に人の生死に関するような問いかけがあったときは注意が必要となります。特別優れた回答をする必要はないので、まず倫理観を意識して答えると良いでしょう。

 

テレビやニュースを見て最近話題になりやすい医療問題に注目しておき、日頃から知識をつけておくことも重要です。

落ち着きがなく精神疾患の疑いがある

面接中に落ち着きがない様子を見せてしまうと、面接で落とされることがあります。

 

貧乏ゆすりをしていたり、挙動不審な行動をしていると面接官からの評価が下がってしまうので、普段からそういった癖があれば直しておきましょう。

高校の欠席日数が多い

当然のことですが、高校の欠席日数があまりにも多いと面接での評価が下がります。ケガや病気、家庭の事情など欠席の理由があれば別ですが、理由が特にない場合は合格することが難しくなってしまいます。

 

ひどい場合には質疑応答の内容に関係なく、欠席日数だけが原因で面接落ちしてしまうこともあります。

 

高校時代の出席日数による評価は後から取り戻すことはほぼ不可能なので、医学部を目指している受験生は、普段からきちんと高校の授業にも出席しておくことが大切です。

浪人を重ねている

浪人で年齢を重ねてしまうとそれだけ医師として働ける年数が短くなってしまうため、一部の大学では浪人生を合格させることに消極的な場合があります。

 

特に2浪以上の多浪生は面接が不利に働くことが多く、あまり公にはされていませんが、合格最低点を超えていたとしても面接で落とされることがあります。

 

近年ニュースにもなった事例はあくまで氷山の一角に過ぎず、明るみになっていないものの多浪生に厳しい評価をしている大学は多く存在するとも言われています。

 

難易度は高いですが、浪人というハンデを取り返せるようなアピールをすれば、合格の可能性はあります。医学部を受験する場合には、浪人生が合格しにくい大学は避けるのもひとつの手です。

医学部で面接落ちしないためには?

医学部受験で面接落ちしてしまうのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。面接試験対策で特に重要なのは、先生や友達に模擬面接をやってもらい、自分の回答やふるまいに対して第三者の意見をもらうことです。

 

しかしそれは、高校の先生や友達が、医学部面接で求められる回答、面接官に好かれる回答を知っていればの話です。医学部の面接試験で高評価を得るのに最も効率が良いのは、医学部に特化した予備校で対策しておくことです。

 

医学部予備校の面接対策を利用すれば、面接官に刺さる合格しやすい回答や、面接官に嫌われる不合格になりやすい回答などを教えてもらうことができます。

 

また医学部予備校であれば、大学ごとの面接の出題傾向も把握しているので、生徒一人ひとりの志望校に合わせた対策を考えてもらうことも可能です。

 

さらに医学部予備校では、実際の面接試験の様子を再現した模擬面接も実施しているので、本番で必要以上に緊張しないよう面接の雰囲気に慣れておくこともできます。このとき、挨拶や服装といった基礎的な面接マナーについてもフィードバックをもらうことができます。

 

そして面接対策をしてもらえる医学部予備校を選択する際には、1対1で個別指導を行っている予備校を選ぶのがベストです。面接試験は他の受験科目と比べても、特に個別の志望校に合格するために個別で対策することが必要です。

 

そして武田塾医進館では、医学部受験に必要な全科目を、すべて個別で指導しています。完全にオーダーメイドのカリキュラムで進めていくので、面接に苦手意識のある受験生には面接対策の時間を多く設けるなど、個別に対応して合格の確度を最大化します。

 

また、現在は受験生の相談になんでも回答するという無料受験相談も行っていますので、武田塾医進館に興味がある方や、医学部入試に漠然とした悩みがある方なども、まずは気軽に受験相談にお申し込みください。

 

またそのほかにも医学部面接について詳しく知りたいという方は、以下の記事も参考にしてください。

 

面接なし 面接なしの医学部はある?国公立、私立大学をチェック!
面接落ち 医学部で面接落ちはある?落ちる人の特徴とは?
欠席日数 医学部の面接は欠席日数が多いと不利になるって本当?
対策本 医学部の面接対策に最適な本はどれ?合格者おすすめの3冊を紹介