日本大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

日本大学医学部の特徴

沿革

日本大学は、1889年に日本の法律を学ぶ日本法律学校として開学されました。以来14の学部と20の大学院研究科をもち、あらゆる分野の学問を学べる国内最大規模の総合大学に成長しました。「自主創造」のスローガンのもと、多くの優秀な人材を輩出しています。

 

医学部は、1925年に専門部医学科としてスタートし、1942年に旧制大学の医学部に改組されました。「自己開発教育」を基本に、人間性の優れた医療人の育成を目指しています。

教育方針、カリキュラム

優れた臨床医や医学研究者、さらに、情熱を持った医学教育者となることを目標としています。

 

1年次から一般教育科目に加え、学内外の講師により医学の現状、医師としての使命感や倫理観を「医学序論」の授業で養います。小グループ制によるセミナーで個別指導していきます。

 

また学外の医療・保健・福祉施設の助力のもと「社会体験学習」プログラムを実施しています。臨床実習においても、少人数制による丁寧な指導を受けることができます。

 

さらに卒業時までに「英文の医学文献を読める」「医療診断を英語で行える」という2つの能力を身につけられるように、医療英語の教育に力を入れています。

日本大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

風紀や学生生活に厳しく、カードリーダーでの出欠管理が導入されるなど、生活を自分で律せられない学生や国家試験に向けての勉強へ集中したい学生には、大変良い環境になっています。

 

熱心な教授が多く、自習に役立つプリントの配布があるなどわかりやすい講義が行われています。講義内容を把握していないと、定期テストで再試験になってしまいます。

研究室、ゼミ

日本大学では優れた研究者の育成に力を入れていて、29の臨床系、14の基礎医学系講座があります。

 

またメディアに取り上げられたり、ニュース番組や医療番組などに出演する教授や准教授も在籍しています。

進学、就職、国試合格率

国家試験の合格率は、84.6%と全医学部の中でも低くなっています。数年前までは私立大学の中でもトップクラスの合格率を誇っていましたが、近年は低下傾向にあります。

 

進級に関しては、特に2年次など、進級できずに留年してしまう学生も一定数います。学業と部活動やアルバイトを両立させることが求められます。

 

また日本大学では、附属病院のほか多くの関連病院を抱えており、日本大学・関連病院合同で研修プログラムの説明会も行われます。そのため、多くの学生が就職先に日大の附属病院や関連病院を選ぶ傾向があります。

立地、周辺環境

電車が最寄りの東武東上線大山駅から徒歩15分、バスは池袋駅から30分かかるなど、アクセスはあまり良いとは言えません。

 

キャンパスの周囲には、大山ハッピーロードという都内有数の商店街があり、数は少ないものの飲食店があります。

施設、設備

施設は医学部の校舎、併設の附属病院とともに古く老朽化しており、近いうちに建て直す計画が進められています。運動場、体育館、テニスコートがあり、地下駐車場も完備され、医学部独自の図書館が併設されています。

 

駿河台の日本大学病院は数年前に新築移転していて、高度で先進的な治療をするための設備が導入されています。また医学部のキャンパスに近くはありませんが、全学部向けの学生寮が複数あります。

部活動、サークル

学部ごとにキャンパスが別になっている日本大学では、本部所属の部活のほか、各学部に所属する部活、サークルがあります。医学部には文科系19、運動系27の部活、サークルが存在しています。

 

活動はゆるくやっているところから、医学部の大会での勝利を目指して厳しくやっているところなど幅広くあります。珍しいものでは、医学の研究をしているサークルなど医学部ならではものもあります。

 

どこの部活動に所属しても、先輩や後輩との縦のつながりを深められます。また併設の看護専門学校の学生が参加していてるサークルもあります。

友人、恋愛

基本的に人間関係は医学部内で完結し、他の学部との交流は、本部の部活や学部祭の実行委員などに入らない限りはありません。医学部内や併設されている看護専門学校の学生との交流が中心です。

 

また部活動を通して、関東を中心に他の大学医学部の学生との交流があり、恋愛に発展する学生も多くなっています。

そのほか特徴

医学部の高い学費に不安を感じている学生や親御さん向けに、日本大学本部で実施している奨学金のほかに、医学部独自で用意しているものもあります。

 

また全学部生向けに、ケンブリッジ大学などでのサマースクールや交換留学などのプログラムがあります。交換留学に興味のある方は、入学後に説明会に参加してみると良いでしょう。

 

日本大学のマンモス大学ゆえのコネクションは、就職時はもちろん、卒業後の活動においても大きなストロングポイントになります。

 

項目 説明
所在地 東京都板橋区大谷口上町30の1
医学部男女比 男性54.4%、女性45.6%
6年間学費 33,100,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/3(土)

日本大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 68.5
倍率(一般前期) 17.3
前期入試日程(2020年) 2/1、2/8(一次試験)
2/11、2/16(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(200)
外国語(100)
合計(400)
入試科目(二次試験) 小論文(-)
面接(-)
適性検査、心理テスト(-)
合計(-)
ボーダー 257.9/430(前期)

 

また、さらに詳しく日本大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 日本大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 日本大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】日本大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

日本大学医学部の口コミ、評判

日本大学医学部の口コミ、評判はありません。