岩手医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

岩手医科大学医学部の特徴

沿革

岩手医科大学は長い歴史を誇る私立大学で、1928年に誕生した私立岩手医科専門学校を前身としています。その後戦後の教育改革により1947年に現在の岩手医科大学という名称となりました。

 

現在では、地域に密着した私立医科大学としてその地位を確立しています。最新の医学・歯学・薬学の研究を可能とするために、バイオイメージングセンターやサイクロトロンセンターなどのさまざまな研究施設を設置しています。

教育方針、カリキュラム

岩手医科大学医学部では6年一貫教育を実施しています。学年ごとにシラバスを作り、基礎教育、リベラルアーツ、基礎生命科学、社会医学、臨床医学を段階的にカリキュラムに編成しています。

 

1年次では一般教養と併せて基礎医学を学びます。2年次で今までの基礎医学の他に社会医学や臨床医学、地域医療研修などを学習して専門知識や技術を身に着けます。

 

4年次からは臨床実習が開始され、プライマリケアを重点的に学習します。附属病院や循環器センターなどの充実した施設で、先端の医学教育を受けることが可能です。

岩手医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

担当する先生によって詳細は異なりますが、基本的にはわかりやすい授業となっており、質問にも丁寧に対応してくれます。

 

1年次には多学部の教授の講義を受けることもできるので、自分の好きな科目を学ぶことができ充実しています。

研究室、ゼミ

ゼミは1年次から利用可能で、専門分野だけでなくエクセルの使い方を学ぶゼミなどさまざまな分野が用意されていて、同じ分野でも異なるゼミで異なる先生が教えてくれることもあります。

 

研究室への配属は3年生からで、期間は夏休みの前後3~4週間程度です。また3、4年次にはほかの大学や海外の研究室への配属も可能です。

進学、就職、国試合格率

就職支援として、矢巾キャンパス内にはキャリア支援センターが設置されていて、企業研究セミナーや業種研究講演会、インターンシップなどを実施しています。

 

国家試験合格率は70%台とかなり低めであり、全国最下位の国試合格率となる年も多いです。一般的に、岩手医科大学に限らず都市部を離れた医学部では、国試合格率が低くなる傾向があります。国家試験は情報戦でもあるので、地方の大学ではどうしても最新情報が入ってくるのが遅くなってしまうからです。

 

また他の多くの大学では、学力が振るわない学生は卒業試験で落とし、国家試験を受けさせないということをして大学の国家試験合格率を高くキープしています。

 

しかし岩手医科大学では、生徒の可能性を信じて卒業試験で落とすことをあまりしないため、大学としての生徒を信じる姿勢がこの合格率の低さの背景にはあると考えることもできます。

立地、周辺環境

医学部のある矢巾キャンパスは、JR矢幅駅から徒歩予約15分の距離に位置しています。

 

都市部から離れているため娯楽施設などは充実していませんが、その分静かな環境となっているため勉強に集中したいという人には最適の環境です。

施設、設備

岩手医科大学には教養教育センターが設置されていて、そこでは学部共通の準備教育やリベラルアーツを取り扱っています。

 

医学部のある矢巾キャンパスは講義実習棟や研究等、マルチメディ教育研究棟等、さまざまな施設を有しています。敷地内にある図書館は収容可能冊数85700冊、AVコーナーや文献検索用の端末を備えた検索コーナー等、充実した機能が整えられています。

 

岩手医科大学附属病院は病床数1000と規模が大きく、特定機能病院と認定されています。

部活動、サークル

体育局にはクラブが30個、同好会が3個、文化局にはクラブが11個、同好会が4個あります。体育会系のクラブの中には、東日本医科学生総合体育会で総合優勝、連続優勝といった実績を持っている部活動もあります。

 

文科系のクラブもユニークな活動を行っており、医大祭や文化団体発表会などさまざまなイベントの際にその成果を披露しています。

友人、恋愛

医学部生は1年次の間は寮生活を送ることになります。男女ともに他学部も含めた10人程度のユニットが構成され、ユニット単位で活動を行う機会も多いのでユニット内での関係が強くなります。

 

他学部の学生と交流する機会も多く、クラブ活動を通して他の学年と交流することもできるため広い人間関係を形成することも可能であり、学内恋愛も盛んな傾向にあります。

そのほか特徴

岩手医科大学は医学部の他に、歯学部、薬学部、看護学部の合計4つの学部を有しています。それぞれの学部で専門知識を学ぶだけでなく、将来チーム医療を担う人材を育成するために多種職連携教育(IPE)のカリキュラムを実施しています。

 

1学年では多職種連携のためのアカデミックリテラシー、3学年ではチーム医療リテラシー、6年生では3学部合同学生セミナーを開講しています。

 

3学部合同セミナーでは、それまでに身に着けてきた知識や経験を生かして、医療チームの一員として連携することの大切さを学習します。

 

項目 説明
所在地 岩手県紫波郡矢巾町医大通1丁目1-1
医学部男女比 男性68.3%、女性31.7%
6年間学費 34,000,000円
オープンキャンパス日程(2019年) 7/27(土)
7/28(日)

岩手医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 67.3
倍率(一般前期) 11.4
前期入試日程(2020年) 1/22(一次試験)
1/31、2/1(二次試験)
入試科目(一次試験) 数学(100)
理科(200)
外国語(100)
合計(400)
入試科目(二次試験) 小論文(-)
面接(50)
合計(50)
ボーダー 不明

 

また、さらに詳しく岩手医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 岩手医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】岩手医科大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 岩手医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】岩手医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

岩手医科大学医学部の口コミ、評判

岩手医科大学医学部の口コミ、評判はありません。