長崎大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

長崎大学医学部の特徴

沿革

長崎大学医学部の前身は、1857年に医学伝習を開始した長崎奉行所西役所医学伝習所となっています。その後医学所の開校や名称の変更、移転等様々な変遷を経て1949年国立長崎大学医学部が誕生しました。

 

歴史的、地理的な理由から海外に開かれた校風となっていて、世界的なグローバルヘルス教育の研究拠点であることを目標としています。

教育方針、カリキュラム

知識や技術だけでなく、医師として必要とされる社会的責任や倫理観、社会人としてふさわしい人間性を学ぶために多方面な教育を実施しています。

 

基礎医学と臨床医学知識を統合的に理解できるようカリキュラムが編成されていて、研究を実際に体験することで医科学的創造性を身に着けます。

 

1年次には、入門科目として人間生物学を学びます。その後疾患と関連付けながら基礎科目から専門科目の学修へと進んでいき、診療の基本について学んでいきます。

 

このようなスパイラルカリキュラムを導入することで、身に着けた基本的な知識を臨床実習に活用できるようにしています。

長崎大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

長崎大学医学部では、低学年のうちから実習が始まります。座学だけでなく臨床に則した実習やコミュニケーション能力を向上させる授業などもあるため、学習に対するモチベーションを保つことができます。

 

また学内の教授だけでなく、全国の大学教授が講義のために来校するので、幅広い知識を学ぶことができます。

研究室、ゼミ

医学ゼミという科目があり、生徒自らが興味のある分野を選択して積極的に学ぶための環境が整っています。たくさんの研究室が存在していて、特に感染症に関する研究室は全国でもトップレベルのものとなっています。

 

推薦で入学すると、地域医療ゼミや離島実習を受けることが可能です。

進学、就職、国試合格率

長崎大学キャリア支援センターでは、1年次の選択必修科目としてキャリア入門、自由選択科目としてキャリア実践、キャリア交流などをサポートしています。

 

ガイダンスや就職支援講座等も実施しており、就職は長崎大学に残る人が半数、関東や関西で就職する人が2割、残りは地元でといった傾向にあります。

 

国家資格合格率は88%と90%を切っており、全国でも下位の成績です。九州地方は国家試験の合格率が低いという傾向がありますが、これは医療や国家試験に関する最新情報は都心部に集まり、地方にはなかなか届きにくいという理由からです。

 

しかしそのことを頭に入れ、自分から積極的に情報収集を行っていれば、余裕を持って合格することも可能です。

立地、周辺環境

医学部のキャンパスは坂の上に位置しているため、通学で多少体力を消費します。

 

しかし長崎市の栄えたところにあるため、さまざまな店舗が周囲に存在しており、生活に不便ということはありません。加えて徒歩圏内には駅もあるため通学もしやすいです。

施設、設備

長崎大学医学部は設備が整っているため、最先端の授業を受けることが可能です。先端医育センター、共同利用研究センターなどさまざまな施設を有していて、他にも実習のための施設、図書館、国家試験対策の教室等も充実しています。

 

附属病院である長崎大学病院は、県内唯一の大学病院であり、病床数は869床です。

部活動、サークル

医学部にサークルはなく、部活動に所属することになります。また長崎大学自体には全学団体122、学部団体95が公式に部活として認定されているため、そちらに所属する人も数多く存在します。

 

中には特殊な部活も存在していて、毎年秋に行われる学園祭にはさまざまなパフォーマンスを見ることができます。

友人、恋愛

活発な部活も数多く存在しており、部活動を通じて友人関係を広げることができます。

 

他の学部との合同授業もあるため、人と知り合う機会が多く、実習を通じて友人をつくることもできます。また部活や学校生活では、男女で一緒に行動するカップルの様子もたまに見られます。

そのほか特徴

長崎大学医学部は、被ばく医療においては最先端の研究を行っています。またへき地医療への実習が充実していることも特徴です。

 

長崎大学は原爆で被災した大学であり、被災者の救済にさまざまな形で取り組んできた大学でもあります。そのため現在でも原子力災害における医療活動の支援や、それにかかわる人材の育成に力を入れています。

 

長崎は全国的に見ても多くの離島を保有する県なので、へき地医療を充実させる必要があります。そこで早いうちから地域医療実習を実施しており、5年次には離島医療・保険実習を実施、学生全員が離島に1週間滞在してへき地医療の現場を体験します。

 

項目 説明
所在地 長崎県長崎市坂本1丁目12-4
医学部男女比 男性67.5%、女性32.5%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 7/20(土)
8/24(土)移動オープンキャンパス

長崎大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 69.8
倍率(一般前期) 5.1
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)
入試科目(センター) 国語(100)
数学(100)
理科(100)
外国語(100)
地歴公民(50)
合計(450)
入試科目(二次試験) 数学(250)
理科(250)
外国語(200)
面接(60)
合計(760)
ボーダー 998.5/1210(総合)

 

また、さらに詳しく長崎大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 長崎大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】長崎大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 長崎大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】長崎大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

長崎大学医学部の口コミ、評判

長崎大学医学部の口コミ、評判はありません。