琉球大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

琉球大学医学部の特徴

沿革

沖縄唯一の総合大学として、1950年に社会科学部、英語学部、理学部、教育学部、農学部および応用学芸学部の6つの学部で、琉球大学は設立されました。

 

1972年沖縄の本土への復帰により国立大学へと改組。1979年に医学部は設置され、生徒の受け入れは1981年から始まりました。

 

戦後のアメリカ軍統治のさなか、県民の要求により誕生した大学であり、基本理念として「真理の探求」「地域・国際社会への貢献」「平和・共生の追求」を掲げています。

教育方針、カリキュラム

琉球大学では6年一貫教育を採用しており、基礎系と臨床系の分野を統一的に学べるシステムを整えています。

 

一般教養科目の講義は、医学部のキャンパスではなく、少し離れた本学があるキャンパスで受講する必要があります。カリキュラムの前倒しの傾向があり、1年次から専門科目の講義が始まります。

 

3年次には島嶼県という沖縄県の特殊性から、「離島地域医療実習」という琉球大学ならではの地域医療の実習があります。

 

そして4年次の2学期からは、実際の患者さんを対象とした、病院での臨床実習が始まります。6年次の実習は各自の興味のある診療科や研究分野を選択し、回ることができます。

琉球大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

1年次から医療に触れ、2年次後期からあたりから基礎医学を本格的に学びますが、科目はどれも、とても講義だけで理解できるような内容ではありません。

 

予習や復習など、自習に多くの時間を割く必要があり、学生に大きな負担がかかる時期となっています。

研究室、ゼミ

卒業研究をする研究室での活動は3年次から始まります。また希望すれば1、2年次の学生でも研究室で学ぶことができます。

 

基礎・社会医学系が21講座、臨床医学系が21講座、計42講座があります。沖縄県民の健康や長寿に関する研究、亜熱帯地域で発生する特有の疾病に関する研究、沖縄の社会医学や疫学に関する研究およびに再生・再建医学の研究を柱とし、琉球大学だからこそできる基礎や臨床の研究が進められています。

進学、就職、国試合格率

6年次には、卒後の臨床研修をする病院を選ぶために、「マッチング」と呼ばれる全国で一斉の就職活動が行われます。

 

「マッチング」に登録する病院を探すために、複数の病院に数回、実際に足を運んで見学や面接試験を受けたりしなければなりません。沖縄県外の本島の病院を希望する学生には、かなりの負担です。

 

進学支援としては、卒業してからの医師としてのキャリアを考えるための、キャリア教育の講義や講演会も行っています。

立地、周辺環境

最寄りの公共機関に、那覇バス琉大線のバス停、琉大附属病院前があります。医学部のキャンパスは本学のキャンパスとは離れており、緑が多く比較的涼しい高台に位置しています。

 

交通の便が悪く、周囲に飲食店やスーパーなどがないため、ほとんどの学生が車を利用しています。また広いキャンパスを車で移動できます。

施設、設備

キャンパス内にあるクリニカルシミュレーションセンターでは、医療のさまざまな手技を学ぶことが可能です。また医学部キャンパスにも図書館があり、館内で自習することもできます。

 

附属病院内にはローソンやタリーズもあるため、食事には困りません。また校舎は古く老朽化していますが、数年後に移転して新しくする計画もあります。

 

そのほかにも、多数の駐車場があり学生も利用ができたり、県外からの学生のために専用の寮があったりと、車さえあればそこまで生活に困ることはないでしょう。

部活動、サークル

医学部独自のサークル、部活が数多くあり、希望のところに所属できます。真剣に取り組んでいる部活も多いです。

 

また強い部活も多く、医学部の大会で優勝する部活も少なからず存在します。心身ともに成長でき、人間関係も深まります。

友人、恋愛

本学とは独立したキャンパスのため、医学部の学生同士での交流が多くなっています。学内カップルも多数存在します。

 

また本学のサークルに入り、本学の他学部の学生との親睦を深める学生もいます。

そのほか特徴

沖縄県という特殊な立地から、離島やへき地での医療に力が入れられています。

 

希望者には海外の大学での4週間の短期海外実習プログラムがあったり、シンガポールの南洋理工大学と臨床実習での交流を来年度から始めたりなど国際交流も行っています。

 

項目 説明
所在地 沖縄県中頭郡西原町字上原207
医学部男女比 男性52.7%、女性47.3%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 7/13(土)

8/22(木)大阪オープンキャンパス

8/23(金)東京オープンキャンパス

琉球大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 68.0
倍率(一般前期) 5.4
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)3/12(後期試験)
入試科目(センター) 国語(200)
数学(200)
理科(200)
外国語(200)
地歴公民(100)
合計(900)
入試科目(二次試験) 数学(200)
理科(200)
外国語(200)
面接(200)
合計(800)
ボーダー 1383.4/1700(総合)

 

また、さらに詳しく琉球大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 琉球大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】琉球大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 琉球大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】琉球大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

琉球大学医学部の口コミ、評判

琉球大学医学部の口コミ、評判はありません。