金沢大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

金沢大学医学部の特徴

沿革

金沢大学は、1949年に設立した日本海側を代表する総合大学です。設立当初は大学のキャンパスが金沢城の中にあり、世界的にも珍しい城郭内のキャンパスとして有名でした。しかし1989年以降、順番に学部が移転され、現在は角間キャンパスに移転が完了しています。

 

また2008年には、8つの学部が3学域16学類に改組されました。それまで医学部と薬学部は独立していましたが、改組によって「医薬保健学域」に統合することになりました。医薬保健学域は、医学類、薬学類、創薬科学類、保健学類の4類に分かれています。

 

さらに英語教育に力を入れており、海外で学びたいという生徒のサポートをするように環境も整備され始めています。

教育方針、カリキュラム

1年次は教養科目がメインですが、初年度に行われる「早期臨床体験」は、これから6年間医学を勉強していくモチベーションを上げるきっかけとなっています。

 

2年次からは附属病院のある室町キャンパスで、専門科目を学んでいきます。はじめに解剖学、病理学などの基礎医学を学んだ上で、3年生の冬から内科、外科などの臨床医学の講義を受講し、臨床実習に必要な専門的な知識を身につけていきます。

 

4年生の後半に行われる試験と面接に合格すると、5年生から病棟での臨床実習が始まります。6年生では診療科を自由に選択できる実習を行い、自分が希望する診療科を重点的に学ぶことができます。

 

金沢大学の教育の特徴は、少人数での実習を取り入れていることです。少人数の指導により、自ら考えて課題を探求する力を養っていくことができます。また英語教育も充実しており、通常の英語の授業だけでなく英語による診察の実習を行っています。

金沢大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

講義の難易度が高く、進行ペースも早いのでついていくためには自分から積極的に学習する必要があります。理解するのは大変ですが教育熱心な教授が多いので、聞いていて楽しくやりがいはあります。

 

実際に臨床医として活躍している教授自身の研究している分野について話を聞けることもあり、他では聞けない興味深い講義となっています。

研究室、ゼミ

金沢大学医学部では医学研究にも力を入れています。主に脳・神経医学領域やがん医学領域、循環医学領域といった研究が知られています。

 

医学部生も研究室に配属される機会があるので、実際に研究を進めている教授の解説を聞きながら研究を体験することができます。MRT制度を希望すれば1年次や2年次の段階から研究を開始できます。

進学、就職、国試合格率

国家試験への合格率はおよそ96%と高い水準になっています。自習室の提供や試験対策講座など、学習におけるサポートも充実しています。

 

試験合格後の就職先としては、主に大学病院や県内の関連病院があげられます。就職先となる病院の選択肢は豊富にありますが、人気の病院に希望が集中してしまうことがあり、成績によっては希望通りにいかないこともあります。

立地、周辺環境

金沢大学医学部の置かれているキャンパスは、金沢駅からバスで20分ほどのところにあります。山の中にあるキャンパスなので自家用車やバスを利用する必要があります。

 

キャンパスの近くには飲食店が多いので、食事に困ることはありません。

施設、設備

新しい設備の導入が進んでいて、シミュレーションセンターも開かれています。キャンパス内だけでもさまざまな実験や実習に取り組むことができます。

 

また附属病院も新しく立て直されていて、見た目が綺麗なだけでなく設備も充実しています。

部活動、サークル

医学部には主に運動系の部活動と医療系のサークルがあります。文化系の部活動やサークルはあまり見られません。

 

多くの医学部生が部活動やサークルに参加しており、充実したキャンパスライフを送っています。秋の文化祭では部活動やサークルで展示を行うこともあります。

友人、恋愛

基本的には医学部生同士で仲良くなることが多いです。勉強熱心な学生がほとんどなので、お互いに高め合うことができます。

 

部活動やサークルによっては他学部の学生や先輩、後輩と親しくなれることもあります。

そのほか特徴

金沢大学ではグローバルな視点を持つことを目標とし、国際交流にも力を入れるようになっています。医学部の講義でも外国語を用いるものがいくつかあります。

 

海外の大学や研究機関に人材を派遣したり、逆に大学に海外の医師を招いて特別講義を実施することもあります。指導を行う教授も国際的な視点を持ち、考え方が新しい方が多いです。

 

項目 説明
所在地 石川県金沢市宝町13-1
医学部男女比 男性73.0%、女性27.0%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/8(木)キャンパスビジット(高校2年生対象)
8/9(金)サマーカレッジ(高校1年生対象)

金沢大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 69.3
倍率(一般前期) 2.4
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)
入試科目(センター) 国語(100)
数学(100)
理科(100)
外国語(100)
地歴公民(50)
合計(450)
入試科目(二次試験) 数学(200)
理科(200)
外国語(200)
面接(100)
合計(700)
ボーダー 362.9/450(センター)
478.7/700(個別)
872.6/1150(総合)

 

また、さらに詳しく金沢大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 金沢大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2020年】金沢大学医学部WEBオープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 金沢大学医学部の偏差値
倍率 【2020年度】金沢大学医学部(前期)の倍率や定員
入試日程、科目、配点 【2020年】金沢大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 【2020年度】金沢大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
面接 金沢大学医学部面接の特徴や対策
小論文 準備中

 

他の大学医学部の特徴についても知りたいという方は、「【地域別】国公立・私立大学医学部一覧」も参考にしてみましょう。

【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
2020-06-07 19:30
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧 日本全国には、2020年現時点で国公立大学51校、私立大学31校の医学部を設置する大学があります。しかし、地域によって医学部数が多かったり少な...

金沢大学医学部の口コミ、評判

金沢大学医学部の口コミ、評判はありません。

口コミを投稿する

※口コミは運営者による確認後、サイトに反映されます。

コメントを残す