山梨大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山梨大学医学部の特徴

沿革

「山梨大学」は、1949年に3つの学校を母体として設立されました。一方で1978年には「山梨医科大学」が設立され、そこに医学部が設置されています。

 

そして2002年に山梨大学と山梨医科大学が統合して、新「山梨大学」が設立され、「梨大(なしだい)」の略称で親しまれています。その後2004年に国立大学法人化され、現在は4の学部と14の大学院・研究科がある総合大学となっています。

 

山梨大学といえば、2015年年12月に「線虫感染症の新しい治療法の発見」でノーベル生理学・医学賞受賞の栄誉に輝いた大村智博士が有名です。

 

大村博士は、山梨大学学芸学部(現:教育学部)自然科学科の出身で、ノーベル賞受賞を機に、キャンパスには「大村智記念学術館」が創設されました。学術館には、大村智博士ゆかりの品々のほかに「甲府学問所徽典館」に関する資料なども展示されています。

教育方針、カリキュラム

山梨大学医学部は「世界で活躍できる能力と行動力を身に着ける」ことを目的に、国際的基準に合致した医学科6年間のカリキュラムを適用しています。

1年次

まずは一般教養科目で、多様な知識や専門外の学問分野の考え方を学びます。

 

また入学後、早い時期に医療や福祉の現場に触れる機会を設け(早期臨床体験実習)、医学に対する明確な目的意識を醸成します。そして一年次後半より、基礎医学系科目をスタートします。

2年次

2年次になると、多方面にわたる基礎医学の知識と技術を学ぶことにより、サイエンスへの興味を育てます。1年次から継続されている早期臨床体験実習では、2年次には「防災トリアージ」へ参加します。

3~4年次

3年次になると、チュートリアル教育を実施します。小グループで討議を重ねながら課題を解決する臨床医学により、医師に不可欠な問題解決能力や自習学習能力を養います。

 

また倫理学・社会環境医学・法医学を学ぶことで、医療倫理や医療の質と安全についての知見を得ます。

 

さらに1年次から継続されている早期臨床体験実習では、「24時間救急自動車同乗実習」が行われ、より実践的な授業になってきます。

5年次

5年次に行われる臨床実習では、小グループになって臨床科を1~2週間ずつですべてまわり、各科の一員として医療の一端を担います。

6年次

6年次での臨床実習は、医師として実際に患者さんと深くかかわりながら、指導医のもと知識・技能・態度などを体得します。

山梨大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

学内の教授による通常の講義だけでなく、外部から招いた教授や現役の医師による講義を受けることができます。講義の形態は講師によって異なっていますが、ほとんどの講師は分かりやすく解説をしてくれます。

 

また講師間での連携が取れているので、他の講義の進行を踏まえた説明をしてくれます。実験や実習が多く、あまり退屈することもありません。

研究室、ゼミ

山梨大学医学部は、さまざまなテーマの研究をリードする機関でもあります。構造生物学や細胞生物学、先端応用医学をはじめとして、多彩な研究が行われています。

 

研究を重視しているので研究医を育てるためのライフサイエンス特進コースも用意されていて、1年次からでもゼミや研究室に入って研究活動に取り組むことができます。

進学、就職、国試合格率

国家試験への合格率は毎年全国平均よりも高くなっていて、大学も支援や相談に対応しているので安心です。

 

研修先となる病院はさまざまで、自分が働きたい病院を探しておく必要があります。主に県内の関連病院に就職することが多くなっています。

 

卒業後は研究者を目指す方も一定数いて、大学院への進学を目指すことになります。

立地、周辺環境

山梨大学医学部のキャンパスは、JR常永駅から歩いて15分ほどとなっています。歩くにはやや遠いので、バスや自家用車を利用する方が多いです。

 

山の中にあるキャンパスなので、周囲に自然が多く商業施設はほとんどありません。

施設、設備

講義棟などの建物は老朽化しているところがあり、部屋もあまり大きくありません。しかし学習や研究に用いる設備は充実しているので、学習面で困ることはないです。

 

また自習スペースのある図書館もあり、学生が集まって夜遅くまで勉強する姿も見られています。

部活動、サークル

学習だけでなく部活動やサークルにも熱心な学生が多いです。部活動やサークルは運動系・文化系ともに充実していて、厳しい部活動からゆっくり楽しめるサークルまで自由に選択することができます。

友人、恋愛

親しみやすく真面目な性格の学生が多く、協力しながら学習を進めることも多いので自然と仲良くなっていけます。先輩との縦のつながりもあります。

 

医学部では女性の数が少ないため、カップルの数はそこまで多くはありません。

そのほか特徴

山梨大学医学部では、3年次からのチュートリアル教育が導入されています。学生が少人数制のグループワークに取り組み、チューターと議論しながら問題解決を目指すという指導形式になっています。

 

この指導形式によって、自主的な学習能力や問題解決力、コミュニケーション能力といった医師として必要な能力を大きく伸ばすことができます。

 

項目 説明
所在地 山梨県中央市下河東1110
医学部男女比 男性76.8%、女性23.2%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/6(火)
8/7(水)

山梨大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 70.8
倍率(一般前期) 11.8
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
3/12(二次試験)
入試科目(センター) 国語(200)
数学(100)
理科(100)
外国語(300)
地歴公民(100)
合計(800)
入試科目(二次試験) 数学(600)
理科(600)
面接(-)
合計(1200)
ボーダー 666.0/800(センター)

 

また、さらに詳しく山梨大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 山梨大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 山梨大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目、配点 【2020年】山梨大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

山梨大学医学部の口コミ、評判

山梨大学医学部の口コミ、評判はありません。