新潟大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

新潟大学医学部の特徴

沿革

新潟大学は1910年(明治43年)に官立新潟医学専門学校として創立され、1949年の学制改革に伴い、新制国立大学が発足しました。

 

新潟大学は、本州日本海側において最大規模の総合大学であり、新大(しんだい)または潟大(がただい)と呼ばれて親しまれています。

 

また新潟大学には、36の国と地域からの約550人の留学生が学んでいます。医学部では海外に活動を展開し、欧米、中国、ロシア、ミャンマー、マレーシアなどの国々との医学・医療交流が活発に行われています。

 

さらに2018年には、医学部がipsポータル(京都市)とips細胞を使った創薬・再生医療で連携・協力する協定を締結するなど、最先端の研究を推進しています。

教育方針、カリキュラム

医学部では、6年間のカリキュラムを経て医師になるのに必要な教養を学んでいきます。

 

1年次は「医学序説」「医学入門」のほかに、外国語、自然科学、人文社会科学などの教養に関する科目を、他の学部の学生とともに学びます。夏季休暇中には「早期医学体験学習」があり、実際の医療現場での体験見学をすることで、医療安全や感染管理などについて学びます。

 

2年次には、本格的な医学の専門科目が始まります。グループ学習を通して、将来医師になるために身につけたい知識・態度・技能について考えます。3年次は、基礎医学の中でも病理系の科目(病理総論、基礎薬理など)を中心に学びます。

 

新潟大学では、3年次という早い時期からシミュレーターを活用した臨床技能教育を行うのが特徴です。後期には医学研究実習があり、普段は経験できない実験などを通して医学研究の学修をします。

 

4年次には、3年後期から始まる「臓器別統合コース」を継続して学び、一通りの病気の知識を身につけます。そして後期に学ぶ「臨床実習入門」を経て、客観的臨床能力試験、コンピューター医学試験に合格すると、いよいよ臨床実習が始まります。

 

5~6年次には、臨床実習Ⅰ、Ⅱを行います。より本格的な実習を行う臨床実習Ⅱでは、診療チームの一員としての参加型の実習となります。

 

その後は卒業試験があり、それを乗り越えると、例年2月に3日間にわたって行われている医師国家試験を受験します。

新潟大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

熱心な指導をしてくれる教授が多く、解説も丁寧なので受講しがいがあります。選択科目も豊富にあるので、専門的で面白い話を聞くこともできます。

 

ただし定期テストの難易度が高いため、講義の内容はきちんと理解しておく必要があります。ただ講義に出席するだけではなく、理解を深めるため自主的な学習に取り組むことが求められます。

研究室、ゼミ

新潟大学医学部では、最先端の医療技術の研究にも取り組んでいます。神経発達学やバイオインフォーマティクスといった新しい分野の研究を推進するため、新領域開拓研究センターも開かれています。

 

特に脳研究の分野には力を入れているため、学生からも人気のある研究室となっています。3年次からは、希望する研究室に実際に所属することになります。

進学、就職、国試合格率

新潟大学医学部での国家試験合格率は平均程度となっています。合格率が突出しているわけではありませんが、サポート体制は充実しているので大学を頼ることができます。

 

就職サポートにも力を入れており、病院とのマッチングや見学会などを実施しています。大学病院をはじめとして、地元の関連病院に就職する卒業生が多いです。

立地、周辺環境

新潟大学医学部のキャンパスはJR東日本新潟駅万代口からバスで15分ほどのところにあります。距離が長く坂も多いため徒歩で通うのは難しいです。

 

キャンパス周辺にはスーパーや飲食店なども少ないです。その分静かで落ち着いた環境になっています。

施設、設備

キャンパス内には研究施設がいくつも開設されていて、研究設備は充実しています。大型の図書館もあるので、効率よく自習や調べものをすることもできます。

部活動、サークル

医学部ではサークルが存在せず、部活動のみとなっています。スポーツ系の部活動が多く、たくさんの医学部生が所属して毎日熱心に活動しています。

 

また数は少ないですが、合唱部や美術部のような文化系のサークルもあります。

友人、恋愛

医学部内で友人になることが多いですが、部活動を介して他学部生と仲良くなる機会もあります。カップルの姿も多く見られ、先輩や後輩と付き合っている方もいます。

 

キャンパスの人数が多いので、交友関係が広くなりやすいです。

そのほか特徴

新潟大学では大学全体での国際交流を積極的に進めています。医学部でも海外の大学への留学や派遣、外国の研究機関から講師を招いての特別講義などを実施しています。

 

また日本では普通受けられない珍しい科目もあります。海外の最先端医療を学びたいという方や、国際色豊かなキャンパスで学んでみたいという方におすすめできます。

 

項目 説明
所在地 新潟県新潟市中央区朝日町通一番町757
医学部男女比 男性73.0%、女性27.0%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/8(木)
8/9(金)8/18(日)入試説明会

新潟大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 69.7
倍率(一般前期) 5.8
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26、27(二次試験)
入試科目(センター) 国語(100)
数学(200)
理科(200)
外国語(200)
地歴公民(50)
合計(750)
入試科目(二次試験) 数学(400)
理科(400)
外国語(400)
面接(-)
合計(1200)
ボーダー 不明

 

また、さらに詳しく新潟大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 新潟大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】新潟大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 新潟大学医学部の偏差値
倍率 【2020年度】新潟大学医学部(前期)の倍率や定員
入試日程、科目 【2020年】新潟大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 【2020年度】新潟大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
面接 新潟大学医学部面接の特徴や対策
小論文 準備中

 

他の大学医学部の特徴についても知りたいという方は、「【地域別】国公立・私立大学医学部一覧」も参考にしてみましょう。

【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
2020-06-07 19:30
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧 日本全国には、2020年現時点で国公立大学51校、私立大学31校の医学部を設置する大学があります。しかし、地域によって医学部数が多かったり少な...

新潟大学医学部の口コミ、評判

新潟大学医学部の口コミ、評判はありません。

口コミを投稿する

※口コミは運営者による確認後、サイトに反映されます。

コメントを残す