群馬大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

群馬大学医学部の特徴

沿革

群馬大学は、1873年(明治8年)に小学校教員伝習所(現在の教育学部)として誕生しました。

 

1943年に前橋医学専門学校(現在の医学部)が設立され、1949年には群馬師範学校や群馬青年師範学校、前橋医科大学や桐生工業専門学校といった諸学校を包括し、学芸学部、医学部、工学部からなる群馬大学が開学されました。

 

1996年には医学部に保健学科が設置され、2004年には国立大学法人となりました。2005年には重粒子線医学研究センターが設置され、2010年には重粒子治療を開始しています。その後も様々な関連施設が設置され今に至ります。

 

群馬大学は北関東を代表する総合大学です。学生の健康をサポートするために、学内に健康支援総合センターが設置されていて、医師や看護師、臨床心理士が健康相談やカウンセリングをしてくれたり、必要に応じて近隣の医療機関の紹介もしてくれます。

 

教育の特徴

群馬大学医学部では「進展してやまない時代状況を踏まえ、地域医療の担い手として世界の最前線に立つことのできる人材育成」をカリキュラムのコンセプトとし、教養教育や専門前教育を実施しています。

 

群馬大学では、医師には科学者としての力だけでなく、患者の気持ちを察する力や生活環境や社会的な背景を理解する力も不可欠だと考えています。そのように力を身につけるために、入学早期に体験実習を実施したり、様々な文化を教養科目として学びます。

 

2,3年次には生命医学という医学の基礎とされる分野を学びます。2年前期には生命医学講座、生化学、動物実験岳、放射線生物学、基礎遺伝学、2年後期からは解剖学、組織学、生理学、薬理学、法医学、微生物学、衛生学、寄生虫、免疫学、公衆衛生学、病理学、検査医学などの本格的な専門知識を、講義と実習を通して身につけます。

 

4年次以降は応用医学を学んでいきます。提示された症例を解決していくチュートリアル型の学習と座学型の講義を合わせて行います。

 

5年次の12月まではクリニカルクラークシップを実施し、5年次の1月から6年次の7月は卒業前臨床実習を行います。2月には医師国家試験を受験して、ここに合格することが医師としてのスタートラインとなります。

 

項目 説明
所在地 群馬県前橋市昭和町3丁目39の22
医学部男女比 男性70.4%、女性29.6%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 7/25(木)

群馬大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 69.0
倍率(一般前期) 3.7
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)
入試科目(センター) 国語(100)
数学(100)
理科(100)
外国語(100)
地歴公民(50)
合計(450)
入試科目(二次試験) 数学(150)
理科(150)
小論文(150)
面接(-)
合計(450)
ボーダー 不明

 

また、さらに詳しく群馬大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 群馬大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】群馬大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 群馬大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目、配点 【2020年】群馬大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

群馬大学医学部の口コミ、評判

群馬大学医学部の口コミ、評判はありません。