弘前大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

弘前大学医学部の特徴

沿革

弘前大学は、昭和19年に設立された旧制青森医学専門学校を前身とする大学です。昭和24年には青森師範学校などを母体として現在の弘前大学となり、医学部は設立当初からある学部でした。

 

設立後は、古くから北東北地域の医療発展の中心地として地域医療に大きく貢献しています。大学での学習についても地域との連携を重視しているのが特徴です。

教育方針、カリキュラム

弘前大学医学部では、最先端の優れた医療技術と豊かな人間性を備えた人材の育成に取り組んでいます。医学の知識だけに偏るのではなく、広い視野や思考力、人間性や倫理観の教育にも取り組んでいて、医の原則や医療安全学も実施しています。

 

そのほか、医学部の教育課程では診療参加型教育、地域医療教育、少人数教育の3点を重視しています。

診療参加型教育

体験実習や臨床実習を行い、附属病院や実際の医療現場での教育を実施しています。

地域医療教育

地域の医療機関での医療実習を最長4週間実施しています。

少人数教育

研究室研修発表会を実施し、医学部生一人一人が研究発表を行っています。

弘前大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

教授ごとに独自の指導方法や考え方を持っているため、個性があって楽しめる講義が多いです。定期試験は難易度が高く、追試を受けなければならないことや留年になってしまうことがあります。

 

教授は指導に熱意のある方がほとんどなので、学生側から積極的に意見を出すことで対応してもらえます。知識や経験の豊富な現役の医師が講師を務めることもあります。

研究室、ゼミ

弘前大学医学部は研究志向が強く、最新医学の研究を推進しています。基礎医学の分野では生体構造医科学やゲノム生化学、臨床医学の分野では呼吸器内科学や神経精神医学などで知られています。

 

医学部生も3年次から研究室に配属され、さまざまな分野の研究を体験することになります。成績次第では希望するゼミに所属できます。

進学、就職、国試合格率

進級難易度がやや高く、留年してしまうケースがあります。国家試験への合格率は上昇傾向にあり、大学によるサポートも受けられます。

 

また研修先となるのはほとんどが青森県内の関連病院ですが、近隣の都道府県の病院で研修することもあります。研究に力を入れている大学なので、他大学の医学部と比べると大学院への進学を目指す方が多いです。

立地、周辺環境

弘前大学のキャンパスはいずれも青森県弘前市に置かれていて、津軽山脈やりんご畑、水田といった美しく豊かな自然の中で学習に取り組むことができる環境となっています。

 

中でも医学部のある本町キャンパスは、JR弘前駅からバスで約20分のところにあります。駅からは遠いのでほとんどの方がバス通学を選択しています。周辺には自然が多く残されていて、買い物をできる場所も少ないです。

施設、設備

建物や設備が老朽化しているところがあり、学習の際に不便に感じることがあります。それでも附属病院は整備されているので、実習はしやすい環境です。

 

図書館は医学の専門書が豊富にあり、自習スペースもあるので効率よく学習ができます。

部活動、サークル

部活動やサークルが多数あるので、医学部生でも多くの方が活動しています。イベントはそれほど多くないですが、活動内容によっては学園祭に出展することもあります。

友人、恋愛

医学部は人数がかなり限られているため、医学部生同士で友人になることが多いです。他学部生との交流の機会は少ないので、部活動に積極的に参加して交友関係を広げようとする方もいます。

 

中には医学部同士などでカップルになることもありますが、それほど多く見られません。

そのほか特徴

弘前大学では、研究のための環境を整備することに力を入れているのが特徴的です。附属脳神経血管病態研究施設や高度先進医学研究センターといった最新設備を備えた施設を開き、最先端の研究ができる環境が整っています。

 

また入試では推薦枠の増加を行い、医療分野で働きたいという意欲や人間性に優れた人材の確保に取り組んでいます。

 

項目 説明
所在地 青森県弘前市在府町5
医学部男女比 男性50.0%、女性50.0%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/10(土)

弘前大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 68.8
倍率(一般前期) 9.8
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)
入試科目(センター) 国語(200)
数学(200)
理科(300)
外国語(200)
地歴公民(100)
合計(1000)
入試科目(二次試験) 数学(300)
外国語(300)
面接(300)
合計(900)
ボーダー 1504/1900(総合)

 

また、さらに詳しく弘前大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 弘前大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 弘前大学医学部の偏差値
倍率 【2020年度】弘前大学医学部(前期)の倍率や定員
入試日程、科目 【2020年】弘前大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 【2020年度】弘前大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
面接 弘前大学医学部面接の特徴や対策
小論文 準備中

 

他の大学医学部の特徴についても知りたいという方は、「【地域別】国公立・私立大学医学部一覧」も参考にしてみましょう。

【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
2020-06-07 19:30
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧 日本全国には、2020年現時点で国公立大学51校、私立大学31校の医学部を設置する大学があります。しかし、地域によって医学部数が多かったり少な...

弘前大学医学部の口コミ、評判

弘前大学医学部の口コミ、評判はありません。