医学部再受験は厳しいのはなぜ?寛容な大学はどこ?
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

医学部再受験とは?

医学部再受験とは、現在所属している大学や会社を続けながら、または大学や会社を辞めて医学部を一般受験することを指します。

 

医学部再受験を目指す方には、昔からの夢を諦めきれずに医師を目指している方や、仕事で医療に携わるうちに興味が出て目指す方など、さまざまなタイプの方がいます。

 

またもともと通っていた大学の出身学部で見ると、旧帝大の理系学部、歯学部、薬学部の卒業生が特に多く見られますが、中には文系出身の方もいます。

 

近年では医学部の人気が高まっていることもあり、受験生が増加しているため医学部再受験のハードルは高くなっています。しかし、合格することは決して不可能なことではなく、十分な準備を整えて受験に臨めば目標の医学部進学を実現することができます。

医学部再受験する2つの方法

医学部再受験をするには大きく2つの方法があります。大学や仕事を「続けながら」目指すか「辞めて」目指すかです。それぞれの方法のメリットとデメリットを比較して見ていきましょう。

 

大学や仕事を続けながら医学部を目指す

メリット

所属している大学や会社を辞めずに医学部再受験に挑戦するメリットとしては、受験に失敗しても出戻り先となる場所があることです。特に大学生が医学部再受験を目指す場合にはその状態を「仮面浪人」とも呼ばれています。

 

また会社を辞めず仕事を続けていれば、医学部受験費用や生活費を稼ぎながら勉強に取り組むことができるのも魅力的です。生活の安定した状態で医学部合格を目指すことができるので、安心して学習に集中できる方法となります。

デメリット

大学や会社を辞めず所属したままで医学部再受験を目指す場合のデメリットとなるのが、時間の確保が難しくなることです。大学や仕事を両立しながら学習に時間を割くのは大変なことで、十分な学習時間が取れなくなってしまうこともあります。

 

平日夜や土日といった空き時間のほとんどを勉強に費やすため、プライベートの時間はほぼなくなってしまうことになります。大学や会社を辞めないで医学部再受験をするにあたっては、時間的な余裕がなくなることを心得ておきましょう。

 

また人によっては「失敗しても今の大学や仕事があるから大丈夫」と、今の環境が足枷となって医学部受験に本格的に身が入らないという方もいるでしょう。

 

大学や仕事を辞めて医学部を目指す

メリット

医学部再受験を目指すにあたって大学や仕事を辞めてしまうことで、学習時間を十分に確保することができ勉強に専念することができます。大学や仕事にあてていた時間のすべてを学習に割り振って、豊富な学習時間が得られるので医学部合格の可能性も高まります。

 

毎日十分な学習時間を確保することができれば、短期間でも学力を伸ばして医学部再受験の成功を目指すことができます。合格のために十分な学習がしたいという場合には、思い切って大学や仕事を辞めてしまうのも手です。

デメリット

医学部再受験に取り組むために大学や会社を辞めてしまっていた場合、受験に失敗したときや諦めたときの復帰先がなくなってしまいます。そのため医学部再受験を断念した場合にどうするか考えなければなりません。

 

また、仕事を辞めて学習に専念しているうちに生活費が足りなくなってしまい、親や家族からの援助が必要になることもあります。会社を辞めて医学部再受験に挑戦する場合には、家族の理解を得たり、当面の生活費を十分に確保しておく必要があります。

国公立医学部再受験が厳しい理由

医師として活躍できる期間が短いから

国公立大学では国費によって学生の学費を負担しています。そのため、医師として活躍できる期間が他の学生と比較して短くなってしまう再受験生は、できるだけ採用したくないという事実があります。

 

医学部の個別試験では面接が行われるのが一般的ですが、再受験生の場合には面接の際に再受験の動機や医師としての活動期間についての質問が行われることがあります。面接官を納得させるだけの回答ができないと、医学部再受験での合格は難しいでしょう。

 

大学によっては募集枠がほとんどないから

国公立大学においては、大学ごとに再受験生に対しての寛容度が異なっています。特に関東圏の国公立大学医学部は再受験生に対して非常に厳しく、再受験の枠すら設けていない大学も多くあります。

 

その結果、地方の国公立大学に再受験生が集まってしまい、さらに倍率が上がる現象も起こっています。医学部再受験を目指すにあたっては、大学ごとの募集枠について調べ、再受験生をどれくらい受け入れているかをチェックしておきましょう。

私立医学部再受験が厳しい理由

医師国家試験に合格できる優秀な生徒を合格させたいから

私立大学の医学部では生徒の医師国家試験合格率が評価に直結しているため、どちらかといえば地頭が良い傾向にある現役生や一浪生を積極的に採用したい思惑があります。

 

医学部再受験生に対しては特に厳しい目で見られることが多く、国家試験に合格できるだけの学力が身についていないとみなされることもあります。

 

医学部再受験で私立大学医学部を目標にする場合には、入学試験の段階で優れた学力を備えていることをアピールする必要があるでしょう。

 

再受験生の面接で不利な採点をされることがあるから

公にはされていませんが、実際には医学部受験は現役生や一浪生が有利であり、再受験生は点数が公表されない面接の点数で裏で不利な採点をされている場合があります。

 

中でも2018年に昭和大学で発覚したニュースでは、二次試験で現役生に10点、一浪生に5点の加点という不正な得点操作をしていたことが明るみとなっています。

 

そもそも私立大学では、面接の評価を点数化していない大学が多く、また面接の採点基準などは不明になっているため、仮に不利な採点をされていても再受験生側からは分からないのです。

 

また採点そのものが不利になっていなくても、面接の質問として医学部再受験の動機や目標について厳しく突っ込まれる可能性があり、その点でも再受験生は不利と言えます。

医学部再受験の倍率は?

厳しいとされている医学部再受験の倍率は、実際どのくらいなのでしょうか。

 

具体的な倍率で見ると、医学部再受験の倍率は20~30倍となるケースが多いです。もちろん各大学やその年の出願傾向によって異なりますが、おおむねこのくらいの数字になることは覚えておきましょう。

 

再受験の倍率が高くなる理由としては、募集人数の少なさが挙げられます。比較的再受験に寛容とされている国公立大学の医学部であっても、再受験枠は1年に5名程度しかなく、私立大学医学部に至っては再受験の枠すら用意されていない大学が多くなっています。

 

つまりもともと競争が激しいだけでなく、そもそも枠がない大学も多いことから、医学部再受験は少ないバイを取り合う形となり、難易度は非常に高いと言えます。

 

例えば、ある大学の医学部の一般入試では100名の枠に800名が応募し倍率が8倍だったとして、再受験では5名の枠に150名応募して倍率30倍となるようなケースもあります。この場合、再受験の倍率は一般入試のおよそ4倍と非常に高くなっています。

 

(倍率イメージ)

募集人数 応募人数 倍率
一般入試 100 800 8倍
再受験 5 150 30倍

医学部再受験に寛容な大学と志望校選びのコツ

医学部再受験を目指すにあたって重要になってくるのが、志望校をどう選ぶかです。

 

国公立大学、私立大学のそれぞれで医学部再受験に寛容な大学とそうでない大学があるため、大学ごとの寛容度を確認したうえで志望校を選択すると良いでしょう。

 

国公立大学

寛容

東京大学、山梨大学、岐阜大学、富山大学、三重大学、大阪大学、滋賀医科大学、奈良県立医科大学、岡山大学、香川大学、九州大学、熊本大学

やや寛容

山形大学、東北大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、名古屋大学、新潟大学、信州大学、福井大学、金沢大学、神戸大学、島根大学、高知大学、大分大学、宮崎大学、長崎大学、琉球大学

 

私立大学

寛容

東北医科薬科大学、国際医療福祉大学、日本医科大学、帝京大学、金沢医科大学、近畿大学、久留米大学、

やや寛容

岩手医科大学、杏林大学、東海大学、聖マリアンナ医科大学、愛知医科大学、藤田保健衛生大学、関西医科大学、福岡大学

医学部再受験の面接や小論文対策

医学部再受験での合格を目指すには、個別試験で問われる面接や小論文への十分な対策が必要となります。

 

再受験生の面接試験では、特に「なぜ進路変更してまで医学部に行きたいのか」を深く突っ込まれることが多く、圧迫面接のような状態になることもあります。

 

志望動機を明確に答えられるようにしておくことはもちろん、再受験生は医師として活躍できる期間が他の学生と比較して短いため、国公立大学としては再受験生をできるだけ採用したくないという事実に対して自分なりの意見を述べられるようにしておきましょう。

 

小論文試験については現役生と同様の対策で問題ありませんが、普段から医学に関する時事問題に応えられるようニュースなどに目を通しておいてください。

医学部再受験には予備校に通うべき

医学部再受験は、独学での合格は不可能ではないものの非常に難易度が高く、ずるずると数年間にわたって挑戦してもより合格ハードルが高くなってしまうことが多くあります。

 

そのため独学で取り組むよりも、医学部予備校に通って効率良い学習をし、年数をかけずに合格を目指した方が良いでしょう。医学予備校では志望校選定のアドバイスや大学ごとの再受験対策もしてくれるため、より合格の可能性を高めることができます。

 

また予備校では面接練習や小論文対策にも対応しているため、必要に応じて再受験に多い圧迫面接の練習などもしてくれます。特に個別試験の対策は独学では難しいため、医学部再受験を目指すなら予備校に通って指導してもらうことをおすすめします。

 

これまで数々の逆転合格を実現してきた武田塾医進館では、再受験の方の医学部合格も多くサポートしてきました。各大学ごとの出題傾向を元に、面接や小論文の対策も徹底して実施しています。

 

そんな武田塾医進館では、現在無料の受験相談を受け付けています。医学部受験に関して悩んでいる方や不安を感じている方は、気軽に受験のプロからの意見をもらうことができるので、是非一度お申し込みください。