福島県立医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

福島県立医科大学医学部の特徴

沿革

福島県立医科大学は、昭和22年に旧制医科大学が設立されたのをはじめとし、その後大学院や病院、附属研究所などが随時設置されていきました。そして平成10年に看護学部が開設されたあと、平成18年には「公立大学法人福島県立医科大学」となりました。

 

福島県立医科大学のキャンパスは自然に囲まれた環境にあり、教育や研究以外に、地域医療の中心施設としての役割も担っています。

教育方針、カリキュラム

福島県立医科大学の医学部では、6年一貫らせん型カリキュラムを実施しています。

1年次

総合教育科目や生命科学・社会医学系科目を中心に医学の基礎を学び、医学を取り巻いている課題に対して多種多様な考え方ができる力を身に着けます。それと合わせて医療現場や地域社会との見学や調査を行い、コミュニケーション能力を養います。

2~4年次

生命科学、臨床科学、社会医学科目を通して、生命現象から医療の現実、保険や福祉などを徹底的に学びます。2年次には生命科学系科目群、3年時には臨床医学科目群を重点的に学び、それと並行して社会医学系科目もおさめます。

 

4年次には6週間の研究活動が実施され、さらに診療技術や生命倫理などの医療入門や、約22か月の臨床実習などへ移行していきます。

5~6年次

医療チームに参加して、実践的な能力をつけていきます。アドバンストコースの中には、住民の方の家にホームステイをしながら実習を行うコースもあります。このように、これまで培ってきた知識やコミュニケーション能力を、実際の医療現場でおよそ2年間実践していきます。

福島県立医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

教授の教え方は丁寧で、学生が理解できるまで解説をしてくれます。学外から特別講師を呼んで専門的な分野の講義を実施することもあります。

 

スライドを用いた講義が多く、豊富な資料を見ながら解説が行われるので理解しやすいです。学習量は非常に多いため、自分で時間を取って予習や復習を十分にこなしておく必要があります。

研究室、ゼミ

福島県立医科大学医学部では医療研究推進センターを開設し、最先端の医療研究を推進しています。研究している分野の例としては、神経解剖・発生学や循環器内科学、分子細胞生物学といったものがあげられます。

 

MD-PhDコースが導入されているので、医学部生のうちから研究室に所属して、関心のある分野の研究に触れることができます。

進学、就職、国試合格率

国家試験合格率は非常に高く、医学部生のほとんどは研修医として就職することになります。大学では関連病院とのマッチングを行っているので、比較的希望通りの病院に就職しやすいです。

 

先輩との縦のつながりも強く、就職をサポートしてもらえることがあります。研究職を志望する方であれば大学院に進学することもあります。

立地、周辺環境

福島県立医科大学医学部のキャンパスは、JR福島駅から車で20分ほどの距離となっています。

 

山の上にキャンパスがあるため、自家用車やバスを利用しないと通学は難しいです。周辺は山ばかりで飲食店などもありません。

施設、設備

キャンパス内には、およそ22万冊もの蔵書を有する図書館や標本展示室など、さまざまな施設が充実していてます。図書館は早朝から深夜まで利用できるので、多くの学生が自習で利用しています。

 

キャンパス内や附属病院の設備も整っていて、実験や実習がスムーズにできます。

部活動、サークル

部活動やサークル活動もさかんに行われていて、種類も豊富なので医学部生の多くが参加しています。運動系の部活動が体育大会に参加したり、文化系のサークルがイベントに出展したりすることがあります。

友人、恋愛

医学部生同士はつながりが強く、特に同学年の仲間とは親しい友達になることが多いです。学校行事としては、2年に1度秋に「光翔祭」が行われ、県民との交流の場として親しまれています。

 

また部活動やサークル活動を介して先輩や後輩とのつながりができることもあります。部活動やサークルがきっかけで恋愛関係になることもあります。

そのほか特徴

福島県立医科大学では地域医療の推進や福島県内の医療環境改善に取り組んでいます。今後さらに需要が増すと考えられている地域医療についての理解を深めることができ、福島県内の医療機関で実習などを行っています。

 

地域医療に興味のある方や、地元である福島県の医療に貢献したいという方に向いた環境となっています。

 

項目 説明
所在地 福島県福島市光が丘1
医学部男女比 男性69.2%、女性30.8%
6年間学費 3,496,800円(県外者4,060,800円)
オープンキャンパス日程(2019年) 7/27(土)

福島県立医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 67.3
倍率(一般前期) 6.6
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)

3/12(後期試験)

入試科目(センター) 国語(150)
数学(150)
理科(150)
外国語(150)
地歴公民(50)
合計(650)
入試科目(二次試験) 数学(200)
理科(200)
外国語(200)
面接(60)
合計(660)
ボーダー 910.6/1310(総合)

 

また、さらに詳しく福島県立医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 福島県立医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 福島県立医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目、配点 【2020年】福島県立医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

福島県立医科大学医学部の口コミ、評判