奈良県立医科大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

奈良県立医科大学医学部の特徴

沿革

奈良県立医科大学は、1945年に軍医養成所として設立された奈良県立医学専門学校が基になっています。1952年には新制大学としての奈良県立医科大学が開設され、医学部医学科が置かれました。

 

2004年に医学部看護学科が設置されたあと、2007年に地方独立行政法人となり、現在の公立大学である奈良県立医科大学となりました。

 

現在の奈良県立医科大学は、医学部医学科と医学部看護学科の1学部2科制となっていて、奈良県では唯一の医学部を持つ大学となっています。つまり、奈良県の医療の中核をなす大学でもあります。

教育方針、カリキュラム

奈良県立医科大学医学部では、医師として必要な知識や技能を身につけることはもちろん、人間形成にも重点を置いています。例えば、医師としてのコミュニケーション能力や、プロフェッショナル意識を育てることも重視しています。

 

医学部の1年次では、教養教育および医学・医療入門講座を受講して基本的な知識や技能について学習します。まず初年度は基礎医学や臨床医学の指導を受けることになります。

 

2年次以降では、基礎医学教育を受講して専門科目の学習も開始します。具体的な専門科目としては、基礎医学、社会医学、臨床医学の3分野を幅広く学習していきます。

 

5年次以降は少人数のグループを編成して、診療参加型の実習講義を受講することになります。ここでは、医師として欠かせない実習体験を豊富に経験することができます。

奈良県立医科大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

講義は実際に医師として活躍している教授が行うので、興味深い話がいくつも聞けてモチベーションが高まります。講義に力を入れている教授も多く、学生から質問すると熱心に答えてくれます。

 

出席や定期テストの評価は厳しいので、きちんと講義に出て復習しておく必要があります。

研究室、ゼミ

奈良県立医科大学では先端医学研究機構を設置して、他にない独創的な研究に取り組んでいます。特にラジオアイソトープ実験や、組換えDNA実験といった研究ができる設備を持っているため、こららの分野をリードする研究機関となっています。

 

医学部生は2年次後期になると研究室やゼミに所属して、数か月間の研究を行うことになっています。

進学、就職、国試合格率

奈良県立医科大学では、国公立大学医学部の中では国家試験合格率が高く安定しています。ただし進級するためには十分な成績を修める必要があるため、留年してしまう方が少なくありません。

 

卒業生のほとんどは、臨床医として附属病院や奈良県内の関連病院に就職することになります。教育支援制度があるため、海外留学や大学院進学を目指す方もいます。

立地、周辺環境

奈良県立医科大学のキャンパスは、都市部として発展している橿原市に置かれていて、近鉄橿原線「八木西口」駅から歩いて8分のアクセスです。

 

それほど都会ではなく、静かで落ち着いた環境で学習することができます。コンビニや飲食店はあるので不便に感じることもありません。

施設、設備

歴史のある大学である一方、校舎は建て替えが進んでいて、工事が完了した部分は設備も充実したものとなっています。特に附属病院はきれいになっていて、実習などに必要な機材も揃っているので、問題なく学習を進めることができます。

 

また図書館は医学分野の資料が豊富で、24時まで利用できるので学習のために役立ちます。

部活動、サークル

奈良県立医科大学ではサークルがなく、部活動のみとなっています。文化系の部活動が13種類、運動系の部活動が24種類と運動系の方が充実しています。

 

ほとんどの学生がいずれかの部活動に所属し、精力的に活動しています。

友人、恋愛

医学部では人間関係が狭くなるため、友人ができやすいです。部活動に参加すれば他学部生や学年の違う友人ができることもあります。

 

ただし医学部では女性の人数が少ないため、学部内で恋愛になることは少なくなっています。

そのほか特徴

奈良県立医科大学では、海外の大学や医療機関との提携にも力を入れているのが特徴です。海外の大学に留学して実習に取り組み、アメリカの医師国家試験を受けることもできます。

 

キャンパス内には留学生や海外から派遣されている研究者もいて、国際色が強くなっています。海外の最先端医学が学びたい方にとっては理想的な環境です。

 

項目 説明
所在地 奈良県橿原市四条町840
医学部男女比 男性75.2%、女性24.8%
6年間学費 3,496,800円(県外者4,016,800円)
オープンキャンパス日程(2019年) 医学科の開催は未定

奈良県立医科大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 70.5
倍率(一般前期) 8.1
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)

3/12、13(後期試験)

入試科目(センター) 国語(50)
数学(100)
理科(150)
外国語(100)
地歴公民(50)
合計(450)
入試科目(二次試験) 数学(150)
理科(150)
外国語(150)
面接(-)
合計(450)
ボーダー 703.9/900(総合)

 

また、さらに詳しく奈良県立医科大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 奈良県立医科大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 準備中
偏差値 奈良県立医科大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】奈良県立医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

奈良県立医科大学医学部の口コミ、評判

奈良県立医科大学医学部の口コミ、評判はありません。