大阪市立大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

大阪市立大学医学部の特徴

沿革

大阪市立大学の医学部は、1944年4月に設立された大阪市立医学専門学校から始まり、その後大阪市立医科大学を経て大阪市立大学医学部となりました。現在大阪市にある唯一の医学部であり、看護学科も大阪市立大看護短大部を改編して設置されました。

 

そしてキャンパス内の医学部学舎の入り口にある「智・仁・勇」の三女神像が、大阪市立大学医学部が目指す姿です。

 

この像には高い医療知識と技術の修得、経験に培われた行動力、そして人の悩みや痛みを深く温かく受け入れる心が表されています。医学部医学科では、この信念をもつ医師の養成に努めています。

教育方針、カリキュラム

1年次は一般教養が主ですが、広い範囲の医学知識も学んでいきます。2~6年次の専門教育では、医師として必要な知識や技能を学習します。そしてその専門教育は、大きく分けると「基礎」・「社会」・「臨床医学」からなります。

 

基礎医学では、人体の構造と機能の仕組みを分子レベルから全体まで総合的に学びます。まずは医学のベースとなる考え方や構造を学んでいきます。

 

社会医学では、地域から国、世界の保健システム、法的問題、公共衛生などを学びます。3年次の終わりごろから、研究室での実習や研究の内容をもとに、医学に関して広い範囲の分野から自分の専攻を決め、修業実習を行います。

 

臨床医学では実際の医療現場を体験し、4~6年には講義や実習も行います。進路としては臨床医としてスペシャリストを目指す人が多いですが、研究者として大学院に行く人もいます。

大阪市立大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

教授によって指導方法は異なりますが、レジュメの配布やスライドを利用しての説明があるので講義は受けやすいです。学生からの質問にも熱意をもって答えてくれる教授が多いので、疑問点があれば積極的に質問するのが良いでしょう。

 

講義によってはグループワークなどがあり、コミュニケーション能力が問われる場面もあります。

研究室、ゼミ

大阪市立大学医学部では研究施設も充実しており、さまざまなテーマの研究が推進されています。中でも循環器内科学やゲノム免疫学といった分野では学会賞を受賞するなど実績を残していて、今後もさらなる発展が期待されています。

 

学生も3回生になると研究室に配属されることになり、最先端の研究に触れる機会を得られます。

進学、就職、国試合格率

国家試験の合格率は高く、きちんと進級できている学生であれば試験の心配をする必要はありません。就職に困ることもなく、卒業後の進路としては附属病院や大阪市内の病院に勤務する方が多いです。

 

研究への熱意のある方は大学院への進学を目指す傾向にあり、中には一度医師として働いてからあらためて大学院への進学を目指すという方もいます。

立地、周辺環境

大阪市立大学医学部のキャンパスはJR天王寺駅から歩いて5分の立地にあります。キャンパス周辺は公共交通機関や商業施設が充実しているので非常に便利です。

 

交通アクセスが良いので、近畿圏内であれば下宿せずに通うこともできます。

施設、設備

大阪市立大学では最新医療に対応するため、阿倍野キャンパスの整備・充実が行われました。1998年の新学舎の完成とともに、施設や設備が一新され、実習設備や臨床実習前に模擬医療体験ができる施設、実習を行うスキルスシミュレーションセンター(SSC)など、全国でトップレベルの設備が整っています。

 

建物も新しくきれいなものになったので、気持ちよく学習ができます。また250万冊以上の蔵書がある大型の図書館も隣接していて、自習や資料収集ができます。

部活動、サークル

運動系・文化系を問わず多彩なジャンルの部活動やサークルがあるので、自分がやりたいことに打ち込むことができます。6年間同じ部活動に打ち込む医学部生も多いです。

 

また秋の学際では、文化系の部活動やサークルが発表を行うこともあります。

友人、恋愛

実習やグループワークなど医学部生同士が仲良くなる機会が多く、友人になりやすいです。男女の距離感も近く、恋愛関係になることも少なくありません。

 

授業以外でも、部活動やサークルがきっかけで先輩や後輩と親しくなることもあります。

そのほか特徴

大阪市立大学医学部では、医療知識だけでなくグローバルな視野を持った人材の育成に取り組んでいます。そのため医学系科目だけでなく外国語科目を充実させ、海外留学の機会も設けています。

 

医学教育の一環としてコミュニケーション論も実施しており、広い視野と優れたコミュニケーション能力を身につけることを目標としています。

 

項目 説明
所在地 大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目4-3
医学部男女比 男性70.5%、女性29.5%
6年間学費 3,436,800円(市外者3,596,800円)
オープンキャンパス日程 8/8(木)

大阪市立大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 72.0
倍率(一般前期) 3.5
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)

2/25、26(二次試験)

入試科目(センター) 国語(100)

数学(200)

理科(200)

外国語(100)

地歴公民(50)

合計(650)

入試科目(二次試験) 数学(300)

理科(300)

外国語(200)

面接(‐)

合計(800)

ボーダー 541.9/650(センター)

1148.1/1450(総合)

 

また、さらに詳しく大阪市立大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 大阪市立大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】大阪市立大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 大阪市立医大学医学部の偏差値
倍率 【2020年度】大阪市立大学医学部(前期)の倍率や定員
入試日程、科目 【2020年】大阪市立大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 【2020年度】大阪市立大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
面接 大阪市立大学医学部面接の特徴や対策
小論文 準備中

 

他の大学医学部の特徴についても知りたいという方は、「【地域別】国公立・私立大学医学部一覧」も参考にしてみましょう。

【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧
2020-06-07 19:30
【地域別】国公立・私立大学医学部一覧 日本全国には、2020年現時点で国公立大学51校、私立大学31校の医学部を設置する大学があります。しかし、地域によって医学部数が多かったり少な...

大阪市立大学医学部の口コミ、評判

大阪市立大学医学部の口コミ、評判はありません。

口コミを投稿する

※口コミは運営者による確認後、サイトに反映されます。

コメントを残す