大阪市立大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

大阪市立大学医学部の特徴

沿革

大阪市立大学の医学部は、1944年4月に設立された大阪市立医学専門学校から始まり、その後大阪市立医科大学を経て大阪市立大学医学部となりました。現在大阪市にある唯一の医学部であり、看護学科も大阪市立大看護短大部を改編して設置されました。

 

最近では最新医療に対応するため、阿倍野キャンパスの整備・充実が行われました。1998年の新学舎の完成とともに、施設や設備が一新され、基礎医学部門に関連した実習設備、臨床実習前に模擬的に医療体験、実習を行うスキルスシミュレーションセンター(SSC)など、全国でトップレベルの設備が整っています。

 

そしてキャンパス内の医学部学舎の入り口にある「智・仁・勇」の三女神像が、大阪市立大学医学部が目指す姿です。

 

この像には高い医療知識と技術の修得、経験に培われた行動力、そして人の悩みや痛みを深く温かく受け入れる心が表されています。医学部医学科では、この信念をもつ医師の養成に努めています。

 

教育の特徴

1年次は一般教養が主ですが、広い範囲の医学知識も学んでいきます。2~6年次の専門教育では、医師として必要な知識や技能を学習します。そしてその専門教育は、大きく分けると「基礎」・「社会」・「臨床医学」からなります。

 

基礎医学では、人体の構造と機能の仕組みを分子レベルから全体まで総合的に学びます。まずは医学のベースとなる考え方や構造を学んでいきます。

 

社会医学では、地域から国、世界の保健システム、法的問題、公共衛生などを学びます。3年次の終わりごろから、研究室での実習や研究の内容をもとに、医学に関して広い範囲の分野から自分の専攻を決め、修業実習を行います。

 

臨床医学では実際の医療現場を体験し、4~6年には講義や実習も行います。進路としては臨床医としてスペシャリストを目指す人が多いですが、研究者として大学院に行く人もいます。

 

項目 説明
所在地 大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目4-3
医学部男女比 男性70.5%、女性29.5%
6年間学費 3,436,800円(市外者3,596,800円)
オープンキャンパス日程 8/8(木)

大阪市立大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 72.0
倍率(一般前期) 3.5
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)

2/25、26(二次試験)

入試科目(センター) 国語(100)

数学(200)

理科(200)

外国語(100)

地歴公民(50)

合計(650)

入試科目(二次試験) 数学(300)

理科(300)

外国語(200)

面接(‐)

合計(800)

ボーダー 541.9/650(センター)

1148.1/1450(総合)

 

また、さらに詳しく大阪市立大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 大阪市立大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】大阪市立大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 大阪市立医大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】大阪市立大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

大阪市立大学医学部の口コミ、評判

大阪市立大学医学部の口コミ、評判はありません。