防衛医科大学校医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

防衛医科大学校(防衛医大)の学費

防衛医科大学校の医学科では入学金や授業料等の学費は一切かかりません。これは、防衛医科大学校の医学科学生は防衛省の職員(特別職国家公務員)という立場で、学業は仕事という位置付けをしているためです。

 

医学科の学生は防衛省職員という立場なので、むしろ毎月学生手当として給与が支給されます。平成29年4月1日時点での学生手当は月額113,300円であり、6月と12月の年2回、賞与も支給されます。

 

その代わり、授業や訓練を受けることは義務であり、自分の都合だけで欠席することはできません。

 

学費名 初年度 2年目以降 6年間合計
授業料 0円 0円 0円
入学金 0円 0円 0円
実験実習費 0円 0円 0円
施設設備金 0円 0円 0円
教育充実費 0円 0円 0円
維持費他 0円 0円 0円
合計 0円 0円 0円

防衛医科大学校(防衛医大)の学費の内訳

入学金

防衛医科大学校では入学金がかかりません。

 

入学金が安いとされている国立大学医学部でも282,000円の入学金がかかることを考えると、防衛医科大学校の学生は優遇されています。

 

授業料

防衛医科大学校の医学科では授業料もかかりません。

 

授業料が安いとされている国立大学医学部でも、一律で毎年535,800円の授業料がかかることを考えると、学生手当の支給を受けながら学業を受けることができる防衛医科大学校は優遇されています。

防衛医科大学校(防衛医大)の学費が無料である代償とは

先ほど、防衛医科大学校の医学科学生は防衛省の職員(特別職国家公務員)という立場であるため、毎月学生手当が給与として支給されることについて触れました。

 

当然、他の大学の医学部と比べてそのように優遇されるには、それなりの代償を払う必要があります。在学中には訓練を受けること、寮に入ることが求められ、卒業後は9年間自衛隊に入ることが求められます。

 

訓練を受ける(在学中)

防衛医科大学校の学生は、学業だけでなく訓練を受ける義務もあります。 訓練と聞くと「厳しいのでは?」と不安に感じる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、訓練は基本から始まり、教官から適切な方法で体力をつけることを指導されるのでそんなに心配する必要はありません。

 

学生寮に入る(在学中)

防衛医科大学校の学生は、入学と同時にもれなく学生寮で生活することが義務付けられています。

 

外出にも制限があり、平日の外出は原則できません。ただし休日や祝祭日、及び休暇として定められた時間での外出が可能です。

 

自衛隊に入る(卒業後9年間)

防衛医科大学校を卒業後は、自衛隊に入隊することが義務付けられています。入隊を拒否した場合や、入隊後9年に満たないで自衛隊を退職する場合は、卒業までの経費を償還しなければなりません。

 

償還金額は隊員としての勤務期間によって決まります。平成25年3月の卒業生の中には、最高額で償還金額4,603万円を求められた学生もいます。

 

そのため防衛医科大学校に入学するということは、卒業後に自衛隊に入隊するという覚悟が必要です。

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...