北海道大学医学部の特徴や評判
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

北海道大学医学部の特徴

沿革

北海道大学は、もともと明治9年(1976年)に「札幌農学校」という名称で開校しました。

 

初代の教頭を務めたのが、米国のマサチューセッツ農科大学の前学長であるウィリアム・スミス・クラークであり、退任時に最後に残した「Boys Be Ambitious(少年よ、大志を抱け)」は今でも北海道大学のモットーとして受け継がれています。

 

医学部は1919年に設置されており、現在では12の学部と25の大学院がある総合大学となっています。大学としては1947年に正式に「北海道大学」となり、その後は「北大(ほくだい)」の愛称で親しまれています。

 

医学部のある札幌キャンパスは札幌市の中心に位置しており、東京ドーム38個分の敷地を誇っています。入学生のおよそ6割は県外出身者というほど、全国の都道府県から学生が集まってくるのが特徴です。

教育方針、カリキュラム

北海道大学医学部の6年間は4つのコースを段階的に進級していくカリキュラムを組んでいます。

1.医学教養コース(1年次)

まずは他の理系学生とともに多くの一般教養学科を受講します。そこで幅広い視野やコミュニケーション能力などを学びます。

2.基礎医学コース(2年次1学期~3年次1学期)

医学の基本を学んでいきます。まずは人体の構造や機能から、生命現象を分子レベル・遺伝子レベルで理解できるようになるためのカリキュラムが組まれています。

3.臨床医学コース(3年次2学期~4年次1学期)

人体や疾病に関する知識をさらに深めるとともに、医学研究演習や研究室配属などを実施し、研究医としての素養を磨きます。

4.臨床実習コース(4年次2学期~6年次)

およそ2年間にわたって臨床実習を実施します。病棟で実際に患者さんと触れ合いながら、これまで学習した内容を実戦でアウトプットします。

北海道大学医学部の学生生活、キャンパスライフ

講義、授業

教育熱心な教授が多く、学生一人一人の様子を見ながら丁寧に講義を進めてくれます。学外から講師を呼んで特別講義を実施することもあり、専門としている医学分野の興味深い話をいくつも聞く機会があります。

 

ただし講義の難易度は高く、定期試験も評価が厳しいものが多いため、自分で日ごろから学習しておくことが重要となります。

研究室、ゼミ

北海道大学医学部では教育だけでなく医療技術の研究にも取り組んでいます。中でも分子生物学や解剖発生学、細胞生理学といった分野ではさまざまな成果を残しています。

 

医学部生も3年次からは希望する研究室やゼミに所属して、研究を体験する機会があります。早いうちからレベルの高い研究に触れることができるので、研究者を目指す方に人気です。

進学、就職、国試合格率

国家試験合格率は安定して高く、卒業後は研修医として病院に勤務することが多いです。就職先としては附属病院や地域の関連病院が多くなっています。

 

ただし希望者が集中する人気の病院の場合には必ずしも希望通り就職できるとは限りません。就職活動にあたっては、勤務先となる病院の情報を自分で積極的に集める必要があります。

立地、周辺環境

医学部のキャンパスはJR札幌駅から歩いて20分となっています。バスを利用すれば3分ほどで到着するので、バスで通学する方が多いです。

 

キャンパス周辺には一人暮らし向けの物件がたくさんあるので、下宿する学生もいます。

施設、設備

キャンパス構内は非常に広く、講義棟や研究棟も手入れが行き届いていてきれいです。最新の医療機器も導入されていて学習に利用することができます。

 

図書館には自習スペースもあるので、多くの学生が利用しています。

部活動、サークル

サークルや部活動が充実していて、真剣に活動しているものからゆっくり楽しめるものまでさまざまです。

 

サークルや部活動には医学部専用のものがあるので、多くの医学部生がそれらに所属して活動しています。

友人、恋愛

医学部では勉強熱心な学生がほとんどで、協力して学習しているうちに自然と友人になることができます。

 

特に同級生は同じ時間を過ごすことが多く、人数も限られているので親しくなりやすいです。他学部生との交流はあまりありません。

そのほか特徴

北海道大学医学部では、国際的な視野を備えた人材を育てることを目標としています。そのため医学部の専門分野だけでなく、外国語教育や海外との人材交流にも積極的に取り組んでいます。

 

海外の医療機関から講師を招いて最新の医療技術についての講義を開いたり、海外留学を希望する医学部生のサポートにも力を入れています。

 

項目 説明
所在地 北海道札幌市北区北15条西7丁目
医学部男女比 男性82.4%、女性17.6%
6年間学費 3,496,800円
オープンキャンパス日程(2019年) 8/5(月)、8/6(火)

北海道大学医学部の入試情報

項目 説明
偏差値 70.0
倍率(一般前期) 2.7
入試日程(2020年) 1/18、19(センター)
2/25、26(二次試験)
入試科目、配点(センター) 国語(80)
数学(60)
理科(60)
外国語(60)
地歴公民(40)
合計(300)
入試科目、配点(二次試験) 数学(150)
理科(150)
外国語(150)
面接(75)
合計(525)
ボーダー 642.34/825(総合)

 

また、さらに詳しく北海道大学医学部の情報について知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

 

学費 北海道大学医学部の学費(入学金、授業料)
オープンキャンパス 【2019年】北海道大学医学部オープンキャンパス情報まとめ!
偏差値 北海道大学医学部の偏差値
倍率 準備中
入試日程、科目 【2020年】北海道大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
ボーダー 準備中

北海道大学医学部の口コミ、評判

北海道大学医学部の口コミ、評判はありません。