自治医科大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

自治医科大学医学部の入試日程

自治医科大学医学部のような私立大学医学部を目指す方は、事前に出願期間や試験日程を把握しておくことがとても大切です。

 

私立大学では大学ごとに入試日程が異なっているため、複数の大学の入試日程が重なることや連日受験が続く可能性もあります。

 

大学ごとの入試日程を前もって確認しておき、ハードなスケジュールとならないように試験日程を十分に調整した上で本番に臨むことが重要となってきます。

 

また、私立大学医学部では複数の会場で試験を実施している大学が多いので、遠隔地の大学を併願する場合には移動が最小限で済むように試験会場についても調べておくと良いでしょう。

 

一般入試

自治医科大学医学部に入学する方法は一般入試のみとなっているため、合格を目指す多くの受験生が殺到しハイレベルな戦いとなることが想定されます。

 

試験方式が他の私立大学医学部と大きく異なっており、出身の都道府県を出願地として選択して各都道府県ごとに一次試験を行う仕組みとなっています。

 

また合格者の選抜方法も特殊で、全ての都道府県において2名または3名ずつ合格者が振り分けられているので、地域によってレベルや競争率が大きく異なる点に注意が必要です。

 

有名進学校の多い東京や大阪ではレベルの高い受験生が多く集まり合格難易度も非常に高くなると考えられますので、万全の対策をして試験に臨むことが不可欠となります。

 

自治医科大学医学部の一般入試の入試日程は、以下の通りです。

 

出願期間 1/6~1/22
試験日 1/27、1/28(一次試験)、2/6(二次試験)
募集人数 123名
試験会場 一次試験:北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
二次試験:栃木
合格発表日 1/31(一次試験)、2/14(二次試験)
入学手続締切 2/25

 

センター利用入試

自治医科大学医学部では、センター利用入試を実施していません。

 

AO入試

自治医科大学医学部では、AO入試を実施していません。

 

推薦入試

自治医科大学医学部では、推薦入試を実施していません。

自治医科大学医学部の入試科目と配点

自治医科大学医学部を受験するに当たっては、前もって入試科目や配点を確認しておくことが大切です。

 

私立大学医学部の一般入試では3教科受験が多く見られるものの、大学ごとに重視する科目や配点が異なるケースが多いので、早い時期から出題傾向をきちんと抑えた上で必要な準備を進めていくと良いでしょう。

 

自治医科大学医学部の入試科目や配点について、一次試験と二次試験に分けて以下にまとめてありますので、受験を考える場合には是非参考にしてみて下さい。

 

一次試験

自治医科大学医学部の一次試験では、数25、理50(2科目)、英25の配点となっています。3教科とも短時間で多くの問題を解答させるスピード勝負の学力試験となっているため、基礎基本をしっかりと抑えて確実に得点していく能力が求められます。

 

自治医科大学医学部の一次試験においては、1日目の学力試験の合格者のみに翌日面接が実施されるため、学力試験で高得点を獲得できるように十分に対策しておくことが重要です。

 

自治医科大学医学部の一次試験の入試科目や配点は、以下の通りです。

 

科目 科目詳細 配点
数学 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 25
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択 50
外国語 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II 25
合計 3教科4科目、面接 100

 

二次試験

自治医科大学医学部では、一次試験に合格した方を対象に二次試験を実施しています。一次試験及び二次試験の成績と出願書類を総合的に判断して、最終的な合否が決定されます。

 

二次試験の評価として小論文と面接があり、どちらも配点が与えられていないもののしっかりとした対策をしておく必要があります。

 

自治医科大学は僻地医療や地域医療を支えるという目的で設立された学校であるため、その理念や存在意義を正しく理解しているかどうかや、地域医療への意欲の強さについて厳しく問われるという特徴が見られます。

 

約40分の集団面接と約15分の個人面接の両方が行われるので、僻地医療や地域医療についての自分の考えをしっかりと述べられるように面接練習を積んでおく必要があります。

 

自治医科大学医学部の合格を目指す方は、面接で過去にどのような質問が出題されているかを事前に調査して十分に対策をした上で二次試験に挑むようにしましょう。

 

自治医科大学医学部の二次試験の入試科目や配点は、以下の通りです。

 

科目 科目詳細 配点
面接 集団面接、個人面接 -
小論文 小論文 -
合計 集団面接、個人面接、小論文 -

 

また、他大学医学部の入試日程、入試科目、配点について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」を参考にしてみましょう。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...