名古屋大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

名古屋大学医学部の学費

名古屋大学医学部へ入学希望されている方にとって、 どれくらいの学費が必要なのか、気になるところではないでしょうか。

 

国立大学である名古屋大学医学部は6年間修学することになります。そして在学中に納めなければならない学費の合計は、3,496,800円になます。 国立大学の学費は全国で統一され、どの国立大学でも同額の学費を納めなければなりません。

 

私立大学医学部と比較すると、国立大学は圧倒的に安い学費で済みます。 そのため学費の安い国立大学医学部を目指す学生は多いです。

 

名古屋大学医学部の各年次で必要になる費用は、下記表の通りです。

 

年次 金額(入学金+授業料)
1年目 817,800円
2年目 535,800円
3年目 535,800円
4年目 535,800円
5年目 535,800円
6年目 535,800円
合計 3,496,800円

名古屋大学医学部の学費の内訳

入学金

名古屋大学医学部に納める入学金は、282,000円になります。この入学金は全国の国立大学で統一されており、一律282,000円必要になります。

 

そして私立大学医学部では、入学金が20万円程度の大学から100万円以上の大学まで、大学ごとに大きく異なっています。

授業料

名古屋大学医学部で1年間に必要な授業料は、535,800円です。この授業料についても、国立大学では統一されており、どの学部においても一律の価格となっています。

 

しかし私立大学医学部では、国立大学より高額な学費が必要になり、その金額は6年間で2,000〜5,000万円になります。

 

そのため経済的な事情により、私立大学ではなく学費の安い国立大学医学部へ入学を目指す学生は多いです。

その他費用

費用名 金額
検定料 17,000円
学⽣教育研究災害損害保険 Aタイプ 650円、Bタイプ550円(年間)
学⽣賠償責任保険 1,780円(年間)
学研災付帯賠償責任保険 340円(年間)
学研災付帯学⽣⽣活総合保険 約11,000〜16,000円(年間)
寄宿料 共益費込みで16,000円(月額)

 

名古屋大学は国立大学ですが、医学部の学費は全国のどの国立大学でも同じ金額になっています。 しかし、その他の徴収費用については大学ごとで異なっています。

 

名古屋大学では、入学金や授業料という学費の他に、検定料、学⽣教育研究災害損害保険、学⽣賠償責任保険、 学研災付帯賠償責任保険、学研災付帯学⽣⽣活総合保険、 寄宿料を納める必要があります。検定料の納付は全員対象です。

 

学⽣教育研究災害傷害保険は、学生活動での授業、学校⾏事、課外活動、通学などで遭遇した、不慮の事故や傷害を受けた場合の被害救済の保険です。

 

学⽣賠償責任保険は、⼤学での正課活動のほかに、⽇常⽣活で起こした他⼈への傷害や、 物損に対して損害賠償する保険です。 名古屋大学では、この2つの保険への加⼊を強く推奨しています。

 

そして学研災付帯賠償責任保険は、 授業、学校⾏事、課外活動、インターンシップの活動中や、⽇常⽣活で起こした他⼈への傷害や、 物損に対する損害賠償の保険です。 加入するには、学⽣教育研究災害傷害保険に入る必要があります。

 

学研災付帯学⽣⽣活総合保険は、病気治療費やその他の費⽤など、学⽣⽣活全般に補償範囲を広げた保険で加入は任意です。

 

そして学生寮に入る場合は、寄宿料が必要になります。

名古屋大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

名古屋大学医学部に入学すれば6年間修学することになります。 他の学部は4年間の修学ですが、 医学部はそれよりも2年長いので単純に考えても学費が高いことが分かります。

 

そして6年間で必要になる費用は、 学費以外にも下宿代や教材費などがかかり、一般的な家庭にとって大きな負担になります。そのため多くの方は、奨学金や入学金・授業料免除等の制度を利用して、 学費負担を軽減しています。

 

当然名古屋大学医学部にも、 奨学金制度と入学金免除・徴収猶予と授業料免除の制度があります。

奨学金

名古屋大学医学部で利用できる奨学金は、 日本学生支援機構の奨学金(給付型・貸与型)と名古屋⼤学下駄の⿐緒奨学⾦です。

日本学生支援機構の給付奨学金

金額 20,000円(自宅通学の学生)、30,000円(自宅外通学の学生)
人数 定数の記述なし
対象者 詳細は日本学生支援機構HPを確認

 

日本学生支援機構の貸与奨学金

金額 〇第⼀種奨学⾦(無利子貸与):20,000円、 30,000円、45,000円 のいずれかから金額を指定(自宅通学の場合)、20,000円、 30,000円 、45,000円、 51,000円 のいずれかから金額を指定(自宅外通学の場合)

〇第⼆種奨学⾦(有利子貸与):20,000円~120,000円の間で1万円単位で金額を指定

人数 定数の記述なし
対象者 〇第⼀種奨学⾦:国内の大学に在学し、特に優れた人物でありながら、経済的理由により修学が難しい学生に貸与

〇第⼆種奨学⾦:国内の大学に在学中の学生を対象

 

下駄の⿐緒 奨学⾦

金額 ⽉額50,000円
人数 全学で4名
対象者 ・学部・研究科の最終学年で、学業成績・研究⽔準と人柄が特に優れ ているが、経済的事情で修学が難しい学生。

・指導教員等が推薦し、以前に下駄の⿐緒奨学⾦の給付を受けたことがなく、申請前に他の奨学⾦等から給付されている受給⽉額の合計が5万円未満の学生。

授業料減免

名古屋大学医学部には、入学金の免除・徴収猶予と授業料の免除の制度があります。

入学金免除

金額 全額または半額
人数 定数の記述なし
対象者 ・学費負担者が入学前1年以内に亡くなったか、また学生本人か学費の負担者が風水害等の被害を受けた場合

・学費の負担者が入学前に失職・⻑期療養中・⾝体障害者等であるか、家庭が⽣活保護世帯または⺟(⽗)⼦家庭など、複数の事情があり、⼊学金の納⼊が難しい学生

 

入学金徴収猶予

金額 金額の記述なし
人数 定数の記述なし
対象者 ・学費の負担者が入学前に失職・⻑期療養中・⾝体障害者等であるか、家庭が⽣活保護世帯または⺟(⽗)⼦家庭、経済的事情があり⼊学金の納⼊が難しい学生。

・上記に当てはまり、総⻑が認めた場合

 

授業料免除

金額 全額または半額
人数 定数の記述なし
対象者 ・学業が優秀だが、経済的事情で授業料の納⼊が難しい学生。

・学費の負担者が入学前の1年以内に亡くなったか、また学生本人か学費負担者が風水害等の被害を受けたため授業料を納⼊することが難しい学生。

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...