金沢大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

金沢大学医学部の学費

国立大学の金沢大学医学部に入学すると6年間修学することになり、 学費の合計は3,496,800円必要になます。この学費の金額は全国の国立大学で統一され、一律同額の学費が必要になります。

 

一方、私立大学医学部に入学すれば、さらに高額な学費が必要になります。 そのため、金沢大学をはじめとする国立大学医学部の方は学費が安く、ほとんどの学生が国立大学を目指しています。

 

しかし、金沢大学医学部での必要経費は学費だけでなく、他にも徴収される費用もあります。 そこで学費や、その他徴収費用の金額や内容についても後ほど紹介していきます。

 

金沢大学の医学部で各年次において支払う必要のある学費は、下記表の通りです。

 

年次 金額(入学金+授業料)
1年目 817,800円
2年目 535,800円
3年目 535,800円
4年目 535,800円
5年目 535,800円
6年目 535,800円
合計 3,496,800円

金沢大学医学部の学費の内訳

入学金

金沢大学医学部に納める入学金は、282,000円になります。この入学金の金額も、全国の国立大学で統一され一律282,000円必要になります。

 

そして私立大学医学部では入学金が1,000,000円の高い私立大学もあれば、 慶応義塾大学などの一部の私立大学では、国立大学よりも安い200,000円の大学もあります。

授業料

金沢大学医学部で必要な1年間の授業料は、535,800円です。この授業料についても、国立大学では統一されています。

 

しかし私立大学医学部では、国立大学より高額な学費が必要になります。 その金額は、6年間で安くてもだいたい20,000,000円は必要なようです。

 

そのため経済的な事情により、私立大学ではなく学費の安い国立大学医学部へ、 入学を目指す学生は多いです。

その他費用

費用名 金額
学⽣教育研究災害傷害保険

学研災付帯賠償責任保険

学⽣教育研究災害傷害保険:4,700円

学研災付帯賠償責任保険:

Aコース・1年間340円

Bコース・1年間210円

検定料 17,000円
寄宿料とその諸経費 男子寮:寄宿料・月額700円、諸経費・月額約15,000円

女子寮:寄宿料・月額700円、諸経費・月額約8,000円

 

金沢大学医学部で学費以外に徴収される、その他費用は学⽣教育研究災害傷害保険・学研災付帯賠償責任保険、検定料、寄宿料とその諸経費です。検定料は全員対象です。

 

学⽣教育研究災害傷害保険は、学生が教育研究活動中に不慮の災害や事故に遭遇した場合の補償のための保険で、金沢大学では全学⽣が加⼊することを強く推奨している保険です。

 

学研災付帯賠償責任保険は、学⽣教育研究災害傷害保険に加入した学生のみが加入できる、損害賠償を補償する保険です。インターンシップ等へ⾏くのであれば、加⼊する必要があります。

 

そして学生寮に入る場合は、寄宿料とその経費が必要になります。男女ごとに料金が設定されています。

金沢大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

私立大学よりも金沢大学医学部の学費が安いと言っても、それなりにまとまった金額が必要です。 また医学部は他の学部より修学期間が2年長い6年なので、学費は必然的に高くなります。

 

そのため学費を少しでも抑えようと、 一部の学生は奨学金や入学金・授業料免除などの制度を利用しています。そして金沢大学医学部でも、 奨学金制度と入学金免除・徴収猶予と授業料免除の制度が用意されています。

奨学金

金沢大学医学部で利用できる奨学金は、日本学生支援機構の奨学金(給付型・貸与型) と地方公共団体および民間団体の奨学金があります。

 

地方公共団体および民間団体の奨学金は大学への募集状況によって変わるので、ここでは日本学生支援機構の奨学金(給付型・貸与型)について紹介します。

日本学生支援機構の給付奨学金

金額 ⾃宅通学: 20,000円 、⾃宅外通学 :30,000円
人数 定数の記述なし
対象者 在学状況等の対象条件 1~3のいずれかの項目に該当する学生 (一度でも大学等へ入学した事実がある者には申込資格がありません。 )

1、大学への進学先に専門課程を予定している高等学校等の高学年の生徒など

2、高等専門学校第3学年で高等専門学校第4学年に進級を予定している学生、または高等専門学校第3学年の学生または第3学年修了後2年以内の人物

3、高等学校卒業程度認定試験の合格者、合格後2年以内の人物、または出願者のうち対象条件ア~ウのいずれかの項目に該当する学生

ア.住民税非課税世帯であり家計支持者の市区町村民税所得割額がない学生

イ.生活保護受ける世帯の学生

ウ.社会的養護が必要な学生

 

日本学生支援機構の貸与奨学金

金額 〇第⼀種奨学⾦(無利子貸与)

自宅通学20,000円、 30,000円 、45,000円 のいずれか選択

自宅外通学20,000円、 30,000円 、45,000円、 51,000円 のいずれか選択

〇第⼆種奨学⾦(有利子貸与)

20,000円~120,000円(1万円単位で選択)

人数 定数の記述なし
対象者 〇第⼀種奨学⾦(無利子)

国内の大学に在学し、特に優れた人物でありながら、経済的理由により修学が難しい学生に貸与します。

〇第⼆種奨学⾦(有利子)

国内の大学に在学中の学生を対象とします。

授業料減免

金沢大学医学部には、入学金の免除・徴収猶予と授業料の免除の制度があります。

医学部の入学金免除

金額 全額または半額
人数 定数の記述なし
対象者 (1).学費の負担者が入学前の1年以内に亡くなったか、また学生本人か、 学費の負担者が風水害等の被害を受けた場合。

(2).(1)に当てはまり、学⻑が相当と認める事情がある場合。

 

医学部の入学金徴収猶予

金額 金額の記述なし
人数 定数の記述なし
対象者 1. 学業成績が優秀でありながら、入学金の納入が納付期限までに経済的事情で学生

2. 学費の負担者が入学前の1年以内に亡くなったか、また学生本人か、 学費の負担者が風水害等の被害を受け、学料の納入が納付期限までに難しい学生

3. その他やむを得ない事情で納付期限までに入学金の納入が難しい学生。

 

医学部の授業料免除

金額 各学期分の授業料の全額免(267,900円)または半額(133,950円)の免除
人数 定数の記述なし
対象者 金沢大学で定めている、学⼒基準と家計基準(家計困窮度)の2つを満たし、家計困窮度が⾼い学生から順番に全額免除、半額免除と決定する。

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...