名古屋大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

名古屋大学医学部の入試日程

名古屋大学医学部を受験するにあたって大切なことが、入試日程についてきちんと把握しておくことです。入試日程を知らなければ、受験に向けての学習や準備を十分にすることが難しくなります。

 

名古屋大学医学部の入学試験はキャンパス内で行われるので、準備のひとつとして受験日までに前もってキャンパスやアクセス手段の下見をしておくことをおすすめします。

 

ここでは名古屋大学医学部の入試日程について選考方法ごとに紹介します。

 

一般入試(前期)

名古屋大学は国公立大学であるため、名古屋大学医学部への進学の方法としては、一般入試の前期試験に合格するのがもっとも一般的です。

 

前期試験の合否は一次試験となる大学入試センター試験と二次試験となる個別試験の結果を総合して決まります。名古屋大学医学部の前期試験の日程について以下にまとめてあるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、2/25・26・27(個別)
募集人数 90名
試験会場 本学
合格発表日 3/7
入学手続締切 不明

 

一般入試(後期)

名古屋大学医学部では一般入試の後期試験も実施しています。後期試験は県内枠となっているため、出願できるのは愛知県内の高等学校出身の方または保護者が愛知県内に在住している方のみとなります。

 

ただし、募集人数は5人とかなり少なく合格のハードルは高くなっています。名古屋大学医学部の後期試験の入試日程は、以下の通りとなっています。確認しておきましょう。

 

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、3/12(個別)
募集人数 5名
合格発表日 3/21
入学手続締切 なし

 

AO入試

名古屋大学医学部では、AO入試を実施していません。

 

推薦入試

名古屋大学医学部では、一般入試だけでなく推薦入試も実施しています。推薦入試の募集人数は12人と限られているため、推薦を得て合格するためには、普段の高校の成績を高くキープしておく必要があります。

 

名古屋大学医学部の推薦入試の日程については以下にまとめてあります。推薦入試を利用する場合には必ずチェックしておきましょう。

 

出願期間 1/21~1/24
対象者 学習成績概評Aに属していて、学校長等から学習成績概評Aとして責任ある推薦を受けた現役高校生の方
募集人数 12名
選考日 不明
選考内容 一次試験:書類選考
二次試験:面接
合格発表日 2/12
入学手続締切 なし

名古屋大学医学部の入試科目と配点

名古屋大学医学部を受験するにあたっては、入学試験で問われる科目や試験の配点について調べておくことも重要です。入試科目や配点を理解しておけば、合格に向けて効率よく試験対策を行うことができます。

 

名古屋大学医学部の入試科目および配点について、センター試験と個別試験ごとに分けてまとめてあります。センター試験と個別試験の配点比率についても解説しているので、受験にあたっては見ておきましょう。

 

センター試験

名古屋大学医学部のセンター試験においては、英語200・国語200・数学200・理科200・社会100と医学部としては標準的な配点になっています。

 

そのため特定の科目に集中して学習するよりは、すべての科目をバランスよく学習して取りこぼしのないようにすることが大切です。ひとつの科目で大きな失敗をすると取り返すことが難しいので、弱点となる分野を無くすようにしましょう。

 

名古屋大学医学部のセンター試験の科目や配点は以下の通りとなっています。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語 200
数学 数IA必須
数IIB・簿記・情報から1科目選択
計2科目
200
理科 物・化・生から2科目選択 200
外国語 英・独・仏・中・韓から1科目(リスニングを課す) 200
地歴公民 世B・日B・地理B・「倫理・政経」から1科目選択 100
合計 5教科7科目 900

 

個別試験(二次試験)

名古屋大学医学部の個別試験においては、一般的な数学・理科・外国語の3科目に加えて、国語が入試科目に含まれているのが特徴です。面接試験もありますが、配点には含まれていません。

 

国語の配点は150と他の科目の500より低くはなっていますが、名古屋大学医学部への合格を目指すなら、個別試験対策として国語の学力も十分に身につけておくことが求められます。

 

名古屋大学医学部の個別試験の入試科目や配点は以下の通りになっています。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語総合・現代文B・古典B 150
数学 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 500
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択 500
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II(独・仏・中の選択可) 500
面接 面接
合計 4教科5科目、面接 1650

 

個別配点比率

名古屋大学医学部では、個別(二次試験)配点比率は65%となっています。センター試験と個別試験の比率がおよそ1:2と個別試験が占めるウエイトが大きくなっています。

 

そのため、合格のためには個別試験対策を十分にしておく必要があると言えます。センター試験があまり上手くいかなくても、個別試験の結果次第では取り返せることもあります。

 

また、他大学医学部の入試日程、入試科目、配点について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」を参考にしてみましょう。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...