信州大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

信州大学医学部の入試日程

信州大学医学部を目指すに当たっては、前もって入試日程について知っておくことが大切となってきます。

 

選考方法別の入試日程を把握しておくことで、逆算しながら試験対策を計画的に進めていけるだけでなく、受験に当たって必要となる宿泊先や公共交通機関のチケットなどを早めに確保しておくこともできます。

 

信州大学医学部の受験に向けて入試日程を把握し、受験に向けた準備を進めていくと良いでしょう。

 

一般入試(前期)

信州大学医学部の一般入試では後期試験を行わないため、一般入試で入学を目指す場合には、前期試験で合格を掴み取ることが必須となります。 

 

また、以下で説明する推薦入試も長野県の方が対象となっているので、長野県以外の方はこの前期試験に合格する方法しかありません。

 

大半の受験生が前期試験での合格を目指すため、厳しい戦いとなることが想定されます。万全の対策をして試験に挑むようにしましょう。

 

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、2/25・26(個別)
募集人数 95名
試験会場 松本
合格発表日 3/6
入学手続締切 3/15

 

一般入試(後期)

信州大学医学部では、後期入試を実施していません。

 

AO入試

信州大学医学部では、AO入試を実施していません。

 

推薦入試

信州大学医学部では、センター試験を課す推薦入試を2種類実施しています。推薦要件は若干異なりますが、どちらも平均評定値4.3以上の長野県内の現役生と既卒生が対象です。

 

信州大学医学部の推薦入試では、センター試験の得点率(合計900点満点)が80%以上の方から合格者の選抜を行い、出願書類と面接の結果を総合して最終的な合否が決定します。

 

したがって、まずはセンター試験で80%を超える高得点を獲得することが非常に重要となってきます。

 

信州大学医学部の推薦入試の試験日程を以下にまとめてあるので、推薦入試が受験可能な方は是非参考にしてみましょう。

推薦 推薦Ⅱ地域枠セ

出願期間 11/21~11/27
対象者 長野県内の高等学校を卒業見込みもしくは卒業しており、平均評定値4.3以上の方で、「長野県医学生修学資金」の貸与を6年間受け、かつ長野県内の医療機関に従事することを確約できる方
募集人数 15名
選考日 12/6(一次試験)
選考内容 一次試験:書類(調査書、推薦書、志願理由書)、面接

二次試験:大学入試センター試験

合格発表日 2/7
入学手続締切 2/19

 

推薦 推薦Ⅱ地元枠セ

出願期間 11/21~11/27
対象者 長野県内の高等学校を卒業見込みもしくは卒業しており、平均評定値4.3以上の方で、人物が優秀かつ長野県の医療を支える医師となる強い意志を持つ方
募集人数 10名
選考日 12/6(一次試験)
選考内容 一次試験:書類(調査書、推薦書、志願理由書)、面接

二次試験:大学入試センター試験

合格発表日 2/7
入学手続締切 2/19

 

信州大学医学部の入試科目と配点

信州大学医学部の入試を受けるに当たって、事前に入試科目や配点について確認しておくことは大切です。

 

早い段階から入試科目や配点を知ることで、重点的に対策するべき分野や時間をかけて勉強に取り組むべき科目が分かるので、勉強時間の調整がしやすくなります。

 

信州大学医学部の入試科目や配点について、センター試験と個別試験(二次試験)、その配点比率についてもまとめてありますので、信州大学医学部を目指す場合には是非参考にしてみましょう。

 

センター試験

信州大学医学部のセンター試験は、特定の科目に偏りがなく、平均的な科目の配点となっています。このような配点から、苦手科目を作らずに全ての科目を満遍なく対策していくことが重要であると考えられます。

 

また、信州大学医学部では例年、定員調整のためにセンター試験の得点による「第一段階選抜」を行って、二次試験の受験者を絞り込むという特徴が見られます。

 

したがって、第一段階選抜を突破しつつ、少しでも良い成績を残して二次試験に臨めるように、センター試験で高得点を獲得できる実力を養成することが大切であると言えます。

 

信州大学医学部のセンター試験の科目や配点は、以下の通りです。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語 100
数学 数IA必須数IIB・簿記・情報から1科目選択計2科目 100
理科 物・化・生・地学から2科目選択 100
外国語 英(リスニングを課す) 100(20)
地歴公民 世B・日B・地理B・現社・倫理・政経・「倫理・政経」から1科目選択 50
合計 5教科7科目 450

 

個別試験(二次試験)

信州大学医学部の二次試験においては、数学・理科・外国語の3科目と面接の配点が全て同じとなっています。このような配点から、筆記試験においてもすべての科目で応用レベルの実力があることも求められていると言えるでしょう。

 

また、面接の配点が各科目の試験と同じ配点となっていることから、医師を目指す上で重要となる資質や人格も学力と同様に重視していると考えられますので、時間をかけて面接の練習を十分に積んでおくことが大切です。

 

信州大学医学部の二次試験の入試科目や配点は、以下の通りです。

 

科目 科目詳細 配点
数学 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 150
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択 150
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II 150
面接 面接 150
合計 3教科4科目、面接 600

 

個別配点比率

信州大学医学部では、個別(二次試験)配点比率は57%となっており、どちらかというと個別試験重視の傾向が見られます。

 

センター試験より個別試験の配点の方が大きいため、二次試験でいかに差をつけられるかが合否を分ける大きなポイントとなってきます。早い段階から二次試験の対策に取り掛かり、面接対策もしっかりと練習を積んでおく必要があります。

 

 一方で、信州大学医学部では例年、定員調整のためにセンター試験の得点による「第一段階選抜」を実施しており、これを突破しない限り二次試験を受けることができません。

 

そのため、センター試験も軽視せずに、高得点を狙える実力を身につけることが大切であると言えるでしょう。

 

また、他大学医学部の入試日程、入試科目、配点について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」を参考にしてみましょう。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...