筑波大学医学部入試科目
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

筑波大学医学部の入試日程

筑波大学医学部を目指すに当たっては、入試日程をきちんと把握しておくことが重要となってきます。

 

筑波大学医学部では様々な形式の入試が実施されており、入試ごとに試験日などが異なるため、それぞれの入試日程について前もって知っておくことで、計画的に試験勉強や対策を進めていくことができます。

 

さらに、受験に当たって必要となる宿泊先や交通機関などを早めに確保しておくことも可能です。入試日程についてあらかじめ理解した上で、受験に向けた準備を行っていくと良いでしょう。

 

一般入試(前期)

筑波大学医学部の一般入試では後期試験を実施していないため、前期試験の募集人数が最も多く設定されています。受験生のほとんどがこの前期試験での合格を目指すと考えられますので、万全の対策をして試験に臨むようにしましょう。

 

他の国公立大学と同様に、センター試験と個別試験の結果で合否が決定します。筑波大学医学部の前期試験の入試日程は、以下の通りとなっています。

 

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、2/25・26(個別)
募集人数 49名
試験会場 筑波
合格発表日 3/7
入学手続締切 3/14

 

一般入試(後期)

筑波大学医学部では、後期入試を実施していません。

 

AO入試

筑波大学医学部では、AO入試を実施していません。

 

推薦入試

筑波大学医学部では、出願資格の異なる一般枠と地域枠の2種類の推薦入試を実施しています。どちらの推薦入試も選考内容は同じで、小論文と面接と適性検査の結果で合否が決定します。

 

筑波大学医学部の推薦入試を利用するに当たっては、自分がどちらの出願資格に合致しているのかを把握した上で受験することが大切です。筑波大学医学部の推薦入試の試験日程は、以下の通りとなっています。

一般枠

出願期間 11/1~11/7
対象者 現役生で学校長が責任をもって推薦する者
募集人数 44名
選考日 11/28・29
選考内容 小論文・面接・適性検査
合格発表日 12/12
入学手続締切 12/26

 

地域枠推薦

出願期間 11/1~11/7
対象者 全体の評定平均値4.3以上で茨城県内の高等学校を卒業見込みの者、もしくは茨城県外の高等学校を卒業見込みで保護者が1年以上茨城県に居住している者
募集人数 17名
選考日 11/28・29
選考内容 小論文・面接・適性検査
合格発表日 12/12
入学手続締切 12/26

筑波大学医学部の入試科目と配点

筑波大学医学部の入試を受けるに当たっては、事前に入試科目や配点を確認しておきましょう。

 

センター試験は、大学や学部によって科目ごとの配点が異なるため、そのことを意識した上で勉強時間の時間配分を調整する必要があります。一方で個別試験は、センター試験に比べて難易度の高い問題が出題されるため、多くの時間をかけて試験勉強を進めていく必要があります。

 

科目数や科目ごとの配点をしっかりとチェックした上で、早めの対策に取り掛かることが重要です。筑波大学医学部の入試科目や配点、センター試験と個別試験の配点比率についてもまとめてありますので、是非参考にしてみましょう。

 

センター試験

筑波大学医学部のセンター試験は5教科7科目で900点となっており、その内訳をみても、特定の科目を重視するのではなく、センター試験の結果をそのままの配点比率で適用しているのが特徴です。

 

合格難易度が非常に高い筑波大学医学部では、周りの受験生のセンター試験得点率もかなり高いと予想されますので、全ての科目において満遍なく高得点を獲得できるように対策していく必要があると考えられます。

 

筑波大学医学部のセンター試験の科目や配点は、以下の通りとなっています。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語 200
数学 数IA・数IIB 200
理科 物・化・生から2科目選択 200
外国語 英・独・仏・中・韓から1科目選択(リスニングを課す) 200(40)
地歴公民 世B・日B・地理B・現社・倫理・政経・「倫理・政経」から1科目選択 100
合計 5教科7科目 900

 

個別試験(二次試験)

筑波大学医学部の個別試験においては、3科目の筆記試験の合計で900点となり、これに面接500点がプラスされる配点となっています。このため、まずはしっかりと3科目の筆記試験対策をして、十分な実力をつけておくことが求められます。

 

さらに面接の配点が非常に高くなっており、対策が必要となります。筑波大学医学部の個別試験では、学力だけでなく医師を目指すに当たっての人格や資質も要求されると考えられますので、時間をかけて面接の練習を行うことが大切です。

 

筑波大学の医学部の個別試験の入試科目や配点は、以下の通りとなっています。

 

科目 科目詳細 配点
数学 数II・数B(数列・ベクトル)・数III 300
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択 300
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I・英語表現II 300
面接 面接 500
合計 3教科4科目、面接 1400

 

個別配点比率

筑波大学医学部では、個別(二次試験)配点比率は61%となっています。 センター試験と個別試験の比率はおおよそ1:2となっており、やや個別試験重視の傾向が見られます。

 

ただし、センター試験と個別試験における筆記試験の配点が同じであり、プラスで個別試験の面接の点数が加算されることから、どの科目も満遍なく対策しつつ、面接対策には重点をおく必要があるでしょう。

 

また、他大学医学部の入試日程、入試科目、配点について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」を参考にしてみましょう。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...