東北医科薬科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

東北医科薬科大学医学部の偏差値はどのくらい?

大学の偏差値を知ることは、受験生にとって必要不可欠といっても過言ではありません。大学の偏差値を知っていれば、自分が合格できる可能性をある程度予測することができ、志望校選定などの受験プランを決めやすくなります。

 

一方で、大学の偏差値はその年度の受験生数や、受験生たちの学力によって変動することに注意しなければなりません。毎年同じレベルの対策をしていれば必ず合格できるというものでもありません。

 

そこで今回は、東北医科薬科大学医学部の偏差値の変動に加えて、近隣エリアの大学や同じ私立大学医学部との偏差値の比較をしましたので確認していきましょう。

 

2019年度の偏差値

 

偏差値 68.5

 

大手予備校のデータをもとに、関西医科大学医学部の偏差値を算出しました。東北医科薬科大学医学部の2019年度の偏差値は68.5となっています。

 

私立大学医学部の中で比較した場合、東北医科薬科大学は比較的合格へのハードルが高い大学であるといえます。また大前提として、医学部の偏差値は他のどの学部よりも高く、合格難易度が高いです。

 

そのため、私立大学医学部の中でも高い偏差値に分類される東北医科薬科大学の合格難易度は、非常に高いといえます。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 - - 65.2 64.8 68.5

 

東北医科薬科大学医学部の偏差値の推移を、2015~2019年の期間でまとめました。東北医科薬科大学の医学部は2016年度に開設されたため、2016年度以前の偏差値データはありません。

 

医学部開設後の初となる2017年度の偏差値は65.2と、大学医学部の中では平均的でした。2018年度も同様の数値でしたが、2019年度は急激に上昇し、68.5を記録しました。  

 

偏差値上昇の要因はいくつか考えられますが、医学部開設から年数が経ち、カリキュラムの充実度などが評価されてきたことも要因の一つと考えられます。

東北医科薬科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

続いて、東北医科薬科大学医学部の偏差値について、全国の医学部と比較したときにどの程度の水準にいるのかを確認していきます。

 

全国の医学部の中での順位や、宮城県内の大学や偏差値の近い私立大学などと比較して見ていきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 45位

 

東北医科薬科大学医学部の偏差値は、全国の国公立・私立の大学医学部82校の中で見てみると、45位という順位となっています。

 

東北医科薬科大学医学部の偏差値は、大学医学部の中では中間程度の合格難易度であるといえます。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 71.2 東北大学 国公立
2位 68.5 東北医科薬科大学 私立

 

宮城県内にある医学部を持つ大学は、上記の通りです。東北医科薬科大学は、宮城県内で唯一の私立大学です。同じ県内には、国公立大学である東北大学があります。

 

そのため、東北医科薬科大学は東北大学の滑り止めとして受験されたり、東北エリアの別の国公立大学(山形大学福島県立医科大学など)の滑り止め、併願先として受験されることもあります。東北地方には、私立大学医学部が、東北医科薬科大学と岩手医科大学の2校しかないからです。

 

そのため、同じ東北エリアの医学部を目指す受験生が、多く東北医科薬科大学を受験してくることは心得ておきましょう。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
7位 69.0 産業医科大学 福岡県
8位 68.8 関西医科大学 大阪府
9位 68.5 昭和大学 東京都
9位 68.5 東邦大学 東京都
9位 68.5 近畿大学 大阪府
9位 68.5 東北医科薬科大学 宮城県
9位 68.5 日本大学 東京都
14位 68.0 東京医科大学 東京都
14位 68.0 国際医療福祉大学 千葉県
16位 67.7 兵庫医科大学 兵庫県
17位 67.3 久留米大学 福岡県

 

全国の私立大学の中で、東北医科薬科大学と偏差値が近い私立大学医学部は上記の通りとなっています。

 

東京都内にある大学が4校、大阪府内にある大学が2校、福岡県内にある大学が2校と、都心部にある大学が多い傾向が見られます。一方で、東北・北海道エリアは東北医科薬科大学のみとなっています。

 

そのため、偏差値が70程度あり、東北・北海道エリアにある国公立大学を第一志望として受ける受験生の多くは、東北医科薬科大学を滑り止めとして併願する可能性があります。  

 

2018年度から2019年度にかけて飛躍的に偏差値が上昇したのは、周辺エリアに東北医科薬科大学と同等レベルの私立大学が存在しないため、同校に受験生が多く集まったとも考えることもできます。

 

2020年度以降もさらに偏差値が上昇することも考えらえれますので、事前にしっかりとした入試対策を行いましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

そして東北医科薬科大学のような医学部が新設された大学に合格するには、まだ出回っている情報が少ないので、正しく受験情報を収集をして対策していくことが必要です。

 

武田塾医進館ではそのような受験情報も網羅しており、また受験スケジュールや学習方法の相談に乗ってもらえる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となるので、医学部受験に心配なことがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。