山形大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山形大学医学部の入試日程

山形大学では、選考方法の種類によって出願期間や試験日などが異なるため、選考方法ごとに入試日程を把握しておくことはとても大切です。

 

前もって試験日を把握することで、逆算しながら試験の準備や対策を計画的に進めていけるだけでなく、必要に応じて受験前日や当日に利用する宿泊先、公共交通機関などを早めに予約しておくこともできます。

 

山形大学医学部を受験するに当たっては、選考方法ごとに入試日程を把握しておき、受験に向けて必要な準備をしていくと良いでしょう。

 

一般入試(前期)

山形大学医学部では、一般入試の前期試験が最も募集人数が多いため、大半の受験生が一般入試での入学を目指すと考えられます。個別試験では学力試験と面接を行い、他の国公立大学と同様に、センター試験と個別試験の結果で合否が決まってきます。

 

山形大学医学部の前期試験は一般枠と山形県定着枠に分けられ、募集は2つの入試方法の合計で65名となります。

一般枠

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、2/25・26(個別)
募集人数 65名(山形県定着枠含む)
試験会場 山形
合格発表日 3/6
入学手続締切 不明

 

山形県定着枠

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、2/25・26(個別)
募集人数 65名(一般枠含む)
試験会場 山形
合格発表日 3/6
入学手続締切 不明

 

一般入試(後期)

山形大学医学部では、一般入試の後期試験を実施しています。入学を目指す最後のチャンスとなるため、募集人数が最も少なくなっています。

 

個別試験では面接を行い、センター試験と個別試験の結果で合否が決まってきます。

 

出願期間 1/27~2/5
試験日 1/18・19(セ試)、3/12(個別)
募集人数 15名
合格発表日 3/20
入学手続締切 不明

 

AO入試

山形大学医学部では、AO入試を実施していません。

 

推薦入試

山形大学医学部では、センター試験を課す推薦入試を行っており、一般入試の前期試験に次いで募集人数が多くなっています。推薦入試では面接を行い、センター試験の結果と併せて合否が決まってきます。

 

山形大学医学部の推薦入試では、センター試験の結果を利用するため、センター試験で高得点を狙うことが非常に重要であると考えられます。

 

出願期間 11/1~11/6
対象者 現役生で評定値4.3以上の者
募集人数 25名
選考日 11/20
選考内容 面接
合格発表日 2/10
入学手続締切 不明

 

山形大学医学部の入試科目と配点

山形大学医学部を受験するにあたっては、事前にセンター試験や個別試験の入試科目や配点を把握しておきましょう。入試科目や配点をチェックして、配点が高い科目に特に重点を置いて勉強したり、苦手な分野をしっかりと克服したりしていくことが重要です。

 

山形大学医学部の入試科目や配点について、センター試験と個別試験(二次試験)別にまとめてみました。センター試験と個別試験の配点比率についてもまとめてありますので、参考にしながら試験勉強を進めていくと良いでしょう。

 

センター試験

山形大学医学部のセンター試験では、地歴公民のみ配点が低く、それ以外の全ての科目の配点が同じとなっている点が特徴です。そのため、山形大学医学部のセンター試験においては、苦手科目を作らずに全ての科目を幅広く対策していく必要があると考えられます。

 

山形大学医学部のセンター試験の科目や配点は、下記の通りとなっています。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語 200
数学 数IA・数IIB 200
理科 物・化・生から2科目選択 200
外国語 英・独・仏から1科目選択(リスニングを課す) 200(40)
地歴公民 世B・日B・地理B・「倫理・政経」から1科目選択 100
合計 5教科7科目 900

 

個別試験(二次試験)

山形大学医学部の個別試験は、国語の試験を行っているというのが特徴です。国公立大学医学部の個別試験で国語を課しているのは、東京大学、京都大学、名古屋大学と山形大学の合計4校のみです。

 

他にも、センター試験の配点とは異なり、数学や理科といった理系科目の配点が高くなっています。これらの特徴から、山形大学医学部の個別試験では、考察力や論理的思考力、記述力などを幅広く問うことで、医師を目指すに当たっての適性や能力を評価していると考えられます。

 

山形大学の医学部の個別試験の入試科目や配点は、以下の通りです。

 

科目 科目詳細 配点
国語 国語総合・現代文B(近代以降の文章) 100
数学 数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)・数III 200
理科 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から2科目選択 200
外国語 コミュ英語I・コミュ英語II・コミュ英語III・英語表現I 100
面接 面接 100
合計 4教科5科目、面接 700

 

個別配点比率

山形大学医学部では、個別(二次試験)配点比率は44%となっています。 他の国公立大学医学部と比較しても個別試験の配点比率が低く、センター試験重視の傾向が見られます。

 

個別試験よりもセンター試験の配点の方が高いことから、センター試験で取りこぼしをしないことが大切であると判断できます。山形大学医学部を目指すに当たっては、まずはセンター試験で少しでも高得点を獲得することが、合格を左右する重要な要素の1つとなってくるでしょう。

 

また、他大学医学部の入試日程、入試科目、配点について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」を参考にしてみましょう。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...