産業医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

産業医科大学医学部の偏差値はどのくらい?

大学の偏差値は、その大学への合格難易度を見積もる指標の一つですので、受験生は必ず知っておかなければなりません。偏差値を知っていれば、自分が志望校合格へどれだけ努力すればよいのか、自分の学力レベルに合った大学はどこなのかといった部分が見えてきます。

 

ところが、偏差値は年々変化していますので、ある年度の偏差値だけを知っていても意味がありません。また志望校以外の大学の偏差値も知っておくことで、志望校変更の選択肢を増やすこともできます。

 

今回は産業医科大学医学部の偏差値について、年度毎の推移や近隣エリアの大学との比較などをしてみました。産業医科大学の受験を検討している方は、ぜひ確認してみましょう。

 

2019年度の偏差値

 

偏差値 69.0

 

大手予備校のデータをもとに、産業医科大学医学部の偏差値を算定しました。産業医科大学医学部の2019年の偏差値は69.0となっています。

 

私立大学医学部の中で比較した場合、産業医科大学は合格難易度が高い大学であるといえます。

 

一般的に医学部は理系の最高峰とされており、他のどの学部よりも高い傾向にあります。従って、私立大学医学部の中でも高い偏差値を誇る産業医科大学の合格ハードルは極めて高いといえます。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 63.0 68.2 66.7 65.7 69.0

 

産業医科大学医学部の偏差値の推移を、2015~2019年の期間で整理しました。

 

2015年度の時点では63.0と大学医学部の中では低めの数値ですが、2016年になると急激に上昇して68.2となりました。その後は2018年度まで右肩下がりの傾向を示したものの、2019年度では再び上昇に転じて69.0となりました。

 

産業医科大学は偏差値の変動が大きいものの、福岡という土地が近年人気があることを考えると、今後さらに偏差値が上昇してくることも考えられます。しっかりとした対策をして本番に臨みましょう。

産業医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

続いて、産業医科大学医学部の偏差値と、全国の他の大学と比較したときの位置付けを確認しましょう。

 

全国の医学部の中での順位や、福岡内の大学や偏差値の近い私立大学などと比較して見ていきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 34位

 

産業医科大学医学部の偏差値を全国の国公立・私立の大学医学部の中で比べると、34位という順位となっています。

 

国公立大学も含めた大学医学部の中では、中間かやや高めの合格難易度の大学であるといえます。

 

同都道府県の大学

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.3 九州大学 国公立
2位 69.0 産業医科大学 私立
3位 67.3 久留米大学 私立
3位 67.3 福岡大学 私立

 

福岡県内にある医学部を持つ大学は産業医科大学の他に、国公立の九州大学、私立の久留米大学、福岡大学の3校があります。

 

産業医科大学は、福岡県内の私立大学の中で最も偏差値が高い大学です。国公立大学の九州大学の偏差値よりやや低い位置づけのため、福岡県内の医学部を目指していてる受験生の中には、九州大学の滑り止めとして産業医科大学を選ぶ受験生も多くいます。

 

また福岡県の私立大学医学部3校を学費の面で比較すると、産業医科大学が最も安い約3000万円に対し、久留米大学や福岡大学が600~700万円ほど高額となっています。

 

経済面の事情で産業医科大学を目指す受験生もいれば、学力面の事情で久留米大学・福岡大学を志望する受験生もいます。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
2位 71.0 東京慈恵会医科大学 東京都
3位 70.8 自治医科大学 栃木県
4位 70.3 順天堂大学 東京都
5位 69.7 日本医科大学 東京都
6位 69.5 大阪医科大学 大阪府
7位 69.0 産業医科大学 福岡県
8位 68.8 関西医科大学 大阪府
9位 68.5 昭和大学 東京都
9位 68.5 東邦大学 東京都
9位 68.5 近畿大学 大阪府
9位 68.5 東北医科薬科大学 宮城県

 

全国の私立大学の中で、産業医科大学と偏差値が近い私立大学医学部は上記の通りとなっています。東京都内にある大学が5校、大阪府内にある大学が3校と、都心部にある大学が多い傾向が見られます。

 

産業医科大学は、九州や中国四国地方の国公立大学と偏差値が近く、滑り止めとして併願される機会が多いです。偏差値が近い国公立大学には、例えば熊本大学、愛媛大学、岡山大学などがあります。

 

九州エリアの私立大学医学部としては最難関かつ学費が最も安いことから、九州の受験生を中心に産業医科大学に集まってくることもあります。

 

以上のように、偏差値と大学の所在地で見ると、産業医科大学を受験する学生は毎年コンスタントにいると思われます。そのため、偏差値は今後も高い水準を維持するものと予想され、しっかりと試験対策をすることが必須となります。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

産業医科大学は九州地方で最も偏差値が高い私立大学であり、効率の良い学習法が求められます。間違った学習法で勉強を続けていても、合格することは難しいでしょう。

 

そこで武田塾医進館では、学習法に不安を抱えている受験生に対し、医学部合格に向けた不安や悩みなどをなんでも相談できる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。