大阪医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

大阪医科大学医学部の偏差値はどのくらい?

大学合格を目指す受験生は、大学の偏差値について関心を持っていなければなりません。大学の偏差値とは大学の合格難易度を測る数値の一種ですので、この数値を知っておくことにより自分にあった志望校選びが容易になります。

 

一方で、偏差値は一定ではありませんので、過去の偏差値情報を調べて今後の偏差値の動向を予想することも重要です。もちろん偏差値以外にも、大学の所在地や、国公立か私立かなどさまざまな条件を見てから志望校を決めることになります。

 

そこで今回は、大阪医科大学医学部の偏差値について、年度毎の推移や近隣エリアの大学や同レベルの私立大学との比較からできる考察を整理しましたので確認していきましょう。

 

2019年度の偏差値

 

偏差値 69.5

 

大手予備校のデータをもとに、大阪医科大学医学部の偏差値を算出しました。大阪医科大学医学部の2019年の偏差値は69.5となっています。

 

私立大学医学部の中で比較した場合、大阪医科大学は合格難易度が非常に高い大学であるといえます。  

 

ただでさえ医学部の偏差値は、他の学部よりも高い傾向にあります。そのため、私立大学医学部の中でも高い偏差値を誇る大阪医科大学へ合格することは、極めてハードルが高いといえます。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 67.2 70.5 68.5 68.2 69.5

 

大阪医科大学医学部の偏差値の推移を、2015~2019年の期間でまとめました。

 

2015年度の時点で67.2という高い偏差値を示しており、2016年になると急激に上昇して70.5まで上昇しました。その後は2018年度まで右下がりの傾向を示したものの、2019年度では再び上昇に転じて69.5となりました。

 

変動が大きいため今後の予想は難しいですが、次年度もおおむね68~70の間の数値になると予想されます。

大阪医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

続いて、大阪医科大学医学部の偏差値と、全国の他の大学と比較したときの位置づけを確認します。

 

全国の医学部の中での順位や、大阪府内の大学や偏差値の近い私立大学などと比較して見ていきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 28位

 

大阪医科大学医学部の偏差値を全国の国公立・私立の大学医学部の中で比べると、28位という順位となっています。

 

そのため、大学医学部の中では平均よりもやや合格難易度が高いといえます。    

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 72.7 大阪大学 国公立
2位 72.0 大阪市立大学 国公立
3位 69.5 大阪医科大学 私立
4位 68.8 関西医科大学 私立
5位 68.5 近畿大学 私立

 

大阪府内にある医学部を持つ大学は大阪医科大学の他に、国公立の大阪大学、大阪市立大学、私立の関西医科大学、近畿大学の4校があります。

 

大阪医科大学は、大阪府内の私立大学医学部の中では3番目に偏差値の高い大学で、同じ私立大学の関西医科大学や近畿大学よりもやや偏差値が高くなっています。

 

そのため、国公立大学である大阪大学や大阪市立大学の併願校として、比較的レベルの高い私立大学である大阪医科大学を選択する受験生も多くいます。 

 

このように大阪医科大学には、国公立大学を第一志望としているレベルの高い受験生が多く受験することを考えると、ハイレベルな競争になることが予想されます。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
1位 73.5 慶應義塾大学 東京都
2位 71.0 東京慈恵会医科大学 東京都
3位 70.8 自治医科大学 栃木県
4位 70.3 順天堂大学 東京都
5位 69.7 日本医科大学 東京都
6位 69.5 大阪医科大学 大阪府
7位 69.0 産業医科大学 福岡県
8位 68.8 関西医科大学 大阪府
9位 68.5 昭和大学 東京都
9位 68.5 東邦大学 東京都
9位 68.5 近畿大学 大阪府

 

全国の私立大学の中で、大阪医科大学と偏差値が近い私立大学医学部は上記の通りとなっています。

 

関西エリアの中では、大阪医科大学が最も偏差値の高い私立大学であることがわかります。そのため、関西エリアで大阪大学や京都大学を第一志望としている受験生や、レベルの高い私立大学を第一志望としたいと考えている受験生が、大阪医科大学を受験することになります。

 

さらに大阪は人気エリアであるため、中四国や九州地方の優秀な受験生も集まってくることが考えられます。このように大阪医科大学は西日本の受験生中心に人気が集まる大学であり、偏差値が今後の上昇していくことも予想されます。

 

いずれにしても、しっかりとした対策をしなければ合格が難しいことは変わりありませんので、試験対策を徹底し、偏差値が多少上振れしてしまっても合格できるくらいの学力をつけておきましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

大阪医科大学は関西地方で最も偏差値が高い私立大学であり、効率の良い学習法が求められます。間違った学習法で勉強を続けていても、合格することは難しいでしょう。

 

そこで武田塾医進館では、学習法に不安を抱えている受験生に対し、医学部合格に向けた不安や悩みなどをなんでも相談できる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。