金沢医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

金沢医科大学医学部の偏差値や難易度はどのくらい?

大学受験において、偏差値を知ることは重要です。普通の大学と比べて格段にレベルが高い医学部においては、偏差値を知ることは特に重要です。

 

国公立大学を第一志望、私立大学をいくつか滑り止め受験するにしても、例えば金沢医科大学は受験料だけで6万円しますので、滑り止めの受験校を選ぶ際にも偏差値を知っておくことが重要です。

 

できれば、自分の学力よりも高い私立大学と、自分の学力で確実に合格できそうな私立大学を組み合わせて受験するようにするとよいでしょう。

 

2020年度の偏差値

 

偏差値 67.3

 

金沢医科大学の偏差値を、大手予備校のデータを用いて算出しました。

 

金沢医科大学の偏差値は67.3ですが、これは私立大学医学部の中で見ると18位となり、平均的よりやや低めな水準となっています。ただし、注意しなければいけないのは、そもそも医学部自体の平均難易度自体が高くなっているということです。

 

例えば67.3という偏差値は、これは他の学部で見れば私立最難関校と言われる早慶上智と同程度です。医学部の中で偏差値が低いと言っても、決して低いレベルの競争ではないことを心得ておきましょう。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
偏差値 67.0 66.2 66.5 67.3 67.3

 

金沢医科大学医学部の、過去5年間の偏差値をまとめてみました。2016年には67.0と高い偏差値を記録、その後は66以上をキープしていて、2019年度からは67.3を維持しており、傾向としては右肩上がりであるといえます。
一因としては、2015年に北陸新幹線が長野から延伸され金沢まで開通したことが挙げられます。

 

北陸新幹線の開通により、富山県などの周辺県から通学できるようになった、あるいは一人暮らししてもある程度容易に帰省できるようになったなどの理由で、金沢医科大学を選択肢に入れる受験生が増えたのではないかと思われます。

金沢医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

続いて、金沢医科大学のランキング、また石川県内の医学部のある大学や、偏差値が同程度の私立大学医学部と比較して、金沢医科大学がどの程度の難易度なのか見てみましょう。

 

また、金沢医科大学を受験する受験生の傾向についても考察していきます。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 60位

 

金沢医科大学医学部は、国公立と私立合わせて全国82校の医学部の中で60位となっています。

 

この順位をみる限り、医学部の中で比べるとそこまで難易度が高いというわけではないということができます。もちろん、医学部自体が偏差値が高いので、決して油断は禁物です。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 69.0 金沢大学 国立
2位 67.3 金沢医科大学 私立

 

石川県内には、金沢医科大学の他に国立大学である金沢大学の医学部も存在します。偏差値にそこまで差があるわけではないですが、第一志望の金沢大学を受ける受験生が、滑り止めとして金沢医科大学を受験することも多いです。

 

また隣県の富山県には国立大学である富山大学もあるので、その滑り止めとして金沢医科大学が受験されるようなケースも増えてきています。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
18位 67.3 藤田医科大学 愛知県
18位 67.3 杏林大学 東京都
18位 67.3 東京女子医科大学 東京都
18位 67.3 帝京大学 東京都
18位 67.3 岩手医科大学 岩手県
18位 67.3 金沢医科大学 石川県
18位 67.3 福岡大学 福岡県
18位 67.3 聖マリアンナ医科大学 神奈川県
27位 67.0 東海大学 神奈川県
28位 66.5 北里大学 神奈川県
29位 66.2 埼玉医科大学 埼玉県

 

全国の私立大学医学部の中で、金沢医科大学に偏差値が近い大学を上下5位ずつピックアップしました。

 

この偏差値の中では、他には北陸地方の大学はなく、ほとんどが関東地方です。 強いて言えば、このなかで石川県から近いのは愛知県の藤田医科大学ですが、それでも北陸地方と中部地方なのでそこまで近くはないです。

 

そのため、北陸地方の私立大学で偏差値67前後で医学部を選ぶとなると金沢医科大学しかなく、北陸地方の国公立大学を受ける受験生の滑り止め校として多くの受験生が集中することが予想されます。

 

医学部の中では偏差値が低めだからといって、決して気を抜くことなく、十分に勉強して本番を迎えられるように準備することが最も重要です。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2020年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2020年最新】医学部偏差値・難易度ランキング(国立:公立:私立大学)
【2020年最新】医学部偏差値・難易度ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値や難易度を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値や難易度を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ず...

 

石川県でもっとも偏差値が低い金沢医科大学には、国公立大学である金沢大学の滑り止めとして優秀な受験生が受験してくることも考えられます。そのため、合格にはしっかり学力をつけておくことが求められます。

 

武田塾医進館では、しっかりと学力がつくような学習方法など、医学部合格に向けて必要となることは何かを教えてもらえる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。

 

ほかにも、金沢医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「金沢医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

金沢医科大学医学部の特徴や評判
金沢医科大学医学部の特徴や評判
2020-01-02 22:17
金沢医科大学医学部の特徴 沿革 金沢医科大学医学部は1972年に誕生しました。長い歴史を持つ大学で、誕生の翌年には金沢医科大学付属看護学校が開設、1974年には金沢医科大学病院が開...